年上の後輩がタメ口で話してくる時の対処法

最終更新日:2017年4月24日

社会人として働いていると、年上の人が後輩になることもありますよね。

相手は年下上司だと思ってタメ口で話をしてくることもありますが、仕事中は上下関係をはっきりさせておくことは大切です。

そこで年上の後輩がタメ口を使ってきた時の注意の仕方についてご紹介します。

1.周りの人の目もあるのでと注意する

年上の後輩がタメ口を使ってきた時は、自分は気にしないけど周りの人が見ている見ているからと注意しましょう。

自分が年下の場合には相手の強く言いにくいですし、誰でも人に注意するこはしたくはないですよね。

できれば注意をしたくないと思うのは、注意をすると相手から嫌われたり関係が悪くなってしまうと考えるからです。

自分が先輩だからといってタメ口をやめろと注意しても、相手が内心では調子に乗るなと怒ってしまうかもしれませんよね。

そこで自分は気にはしていないが、会社では上下関係があるので、先輩に対しては敬語を使うようにと注意しましょう。

そうすればタメ口を使うことによって、自分の評価が悪くなってしまうと理解することができるでしょう。

自分がタメ口で話をしてはいけないと理解することができれば、自然と敬語を使って話をしてくれるはずです。

あえて周りの人が見ているというような感じで注意すれば、自分との関係も悪くならないですし、本人に気づかせることができます。

2.敬語を使うことを態度で示す

年上の後輩がタメ口を使ってきた時の注意の仕方としては、あえて自分は敬語を使ってどんな時も話をしましょう。

仕事をしていれば年齢は関係ありませんし、年下でも敬語を使うのは当然です。

年下だからといってタメ口で話をする人は学生気分が抜けていない人なので、口で言ってもなかなか理解することはできないでしょう。

そこで先輩として態度で示すことが大切です。

誰に対しても敬語を使って話をすることで、相手に自分から気づかせるように仕向けます。

タメ口で話をしているのが自分でまずいと理解することができれば、自然と敬語を使って話をするはずです。

自分で理解しなければいくら他人から敬語を使えと言ってもムダに終わるので、あえて注意をしないで敬語を使って態度で示すようにします。

3.あえて無視をする

年上の後輩がタメ口を使ってきた時の注意の仕方としては、あえて教育のために無視をしましょう。

初めに敬語の大切さを伝えておくことがは大切ですが、その後タメ口で話をしてきたら無視をしましょう。

社会人としての一般常識として敬語が使えなければ、いろいろなビジネスシーンで苦労することになります。

身近な存在だからタメ口を聞くのは理解できますが、会社は学校ではないので、仕事の目標達成をする場所です。

そのためには年齢も関係ないので、誰もが敬語を使って相手を尊重することが大切です。

お互いの関係が深まればタメ口でもいいかもしれませんが、仕事上の付き合いには年齢は関係ありません。

タメ口を使ってきたらあえて無視をして相手に分からせましょう。

無視をされれば自分がタメ口を使っているからだと理解してもらえるので、敬語を使うように意識するはずです。

4.職場では敬語でプライベートはタメ口でもいいと教える

後輩に対してはどうしてもカッコつけたいと思う人もいるので、ついタメ口を使ってしまう人もいるでしょう。

しかし会社では個人的な考えは通用しないので、タメ口を止めさせるべきです。

そのため年上の後輩がタメ口を使ってきた時は、社内では敬語を使うように指導しましょう。

その代わり2人だけの時や社外ではタメ口でも良いと伝えれば、他の人がいる場所では敬語を使うようになるはずです。

相手は社会人としての自覚が足りないので、敬語を使うことになれさせることが必要です。

そのため年下にも敬語を使うことになれさせるために、社内では敬語を使って、プライベートはタメ口でもいいからと注意すれば相手も納得してくれるでしょう。

プライベートで会うことはほとんどないので、相手が敬語を使うのになれさえれば、その後も敬語を使って話をするようになるでしょう。

5.こちらもタメ口で言い返す

年上の後輩がタメ口を使ってきた時の注意の仕方は、こちらもあえてタメ口を使って相手と話をしましょう。

相手はまさか年下だからタメ口を使われると思っていないので、一瞬驚くかもしれません。

むしろ年下にタメ口を使われてムッとするかもしれませんが、相手を怒らせることが狙いです。

相手がムッとした表情をした時にすぐに会社では年齢は関係なく、先輩として敬う気持ちが必要だということを相手に分かってもらいたいです。

「私も後輩だからタメ口を聞くこともないので、お互いが気持ち良く仕事をするために、敬語を使って話をしませんか」と伝えましょう。

そうすればお互いが敬語を使うことによって、相手に嫌な思いをさせることなく、気持ちよく仕事ができるようになります。

社会人としての常識を教えることが大切

年下の後輩がタメ口を使ってきた時は、年下でも社会人としての常識を教えることが大切です。

お互いが気持ちよく仕事をするには、敬語を使えば気持ち良く仕事ができると伝えましょう。

年齢で仕事しているのではないので、職場ではお互いが一線を引いて仕事仲間としての良い関係を築くことが大切だと伝えましょう。