付き合ったカップルがまずすべきこと4つ

最終更新日:2016年3月11日

付き合うまでには良い所しか見えなかったけど、実際に付き合ってみたら価値観が違ったりすれ違いが多いと感じることが多いものです。

こんな問題を避ける為に、付き合ってからまずカップルがすべきことをご紹介します。

1.恋愛観についてお互いに把握する

恋愛においてよく出る問題が、恋愛観の違いによって生まれるトラブルです。

その中でも最も多いのが、浮気について。

どこからが浮気でどこまでなら許せる範囲なのか、お互いに把握していないことで、後にトラブルのもととなってしまいます。

片方は二人きりで会うことが浮気としていながらも、片方は体の関係を持ったらと、基準が分かれることがあります。

こうした基準を把握しておかないと、お互いに価値観が異なることでケンカが増えてしまいます。

まずは恋愛観についてどの程度の価値観の違いがあるのかを話し合ってみることをオススメします。

また、こういった話し合いを設けることで、相手がどういった人間性を持っている人なのかをも知ることが出来ます。

この価値観が違うことによって後に別れてしまうカップルは多いもの。

出来るだけ長く幸せなカップルでいたいのであれば、初めのうちにこういった問題を解決しておくことが良いでしょう。


2.育ってきた環境を知ることも大事

大人になってから出会った場合、お互いにそれまでの過程があるものです。

どんな家族と過ごしてきたか、どんな友人たちに囲まれてきたかによっても、お互いの価値観にずれが生じてしまうものです。

例えば悪いことを平気でするような人、嘘をつくことに罪悪感を持つことが出来ない友人を多く持っている場合、同じような人間になっている可能性が高いです。

類は類を呼ぶと言われるように、周りに集まっている人によって、その人自身の性格や価値観を知ることも出来ます。

幼少期や長い期間一緒に過ごした人の影響力は大きく、考え方も変わってしまうもの。

育ってきか背景、環境、関係を知ることで、その人の内面を深く知ることが出来るのです。

周りの人たちがどういった人たちなのかを紹介してもらうという方法で確認することも出来るでしょう。

あまり紹介したがらない、ろくな人を紹介されないといった場合、その人自身に問題がある可能性も否定できません。


3.過去の恋愛にトラブルがないかの確認

それまでに付き合ってきた人とまだ繋がっていたり、中には友達として連絡を取っているケースもあります。

過去の恋愛が今時点でも関わってくるような関係がある時には、二人に何かしらの影響を与える場合があり、不安や心配が募るようになってしまうものです。

過去の恋愛がすべて終わっているものなのか、また時には別れた原因を聞くことも大切。

その相手の浮気によって別れたケース、暴力を振るったことによって別れたケースの場合には、付き合ってから問題が起きやすくなります。

なるべく過去の恋愛について話にしたくないという人や、聞きたくないといった人も多いですが、過去の恋愛の経験から自身に役立つ情報もあるもの。

一概に避けるだけではなく役立てるために利用するという仕方も、恋愛においてはプラスになるかもしれません。

付き合いたての頃は相手に夢中になっている為、悪い所は全く見えない状態。

ただし、過去の恋愛にトラブルがあった場合、この先自身にも関わる問題であるケースもあるので、初めの段階で把握しておくと良いでしょう。


4.どこまで真剣な付き合いなのかを知ること

人によっては、恋愛することの延長上に結婚があることもあります。

逆に、恋愛はゲーム感覚で楽しんでいて、結婚は今時点では全く考えていないという人もいます。

この違いによって関係の深め方や求め方が変わってしまい、付き合いが長くなるにつれて、相手のいい加減さや浅はかな行動が目につくようになってしまいます。

女性の場合は、ある程度の年齢になると結婚を視野に入れて付き合う人を選ぶ為、真剣交際である場合が多いですが、男性は結婚を真剣に考えてから付き合うというより、その場のノリの感覚で恋愛をスタートさせることが多いです。

そのせいでお互いの恋愛に対する真剣さに差が出てしまい、熱の度合いも異なってきてしまいます。

もし女性が真剣に結婚まで見据えての恋愛であれば、男性がどこまで真剣な付き合いなのかを知っておくことが大切。

特に女性は現実的で無駄なことや回り道を回避したいと考える為、付き合うなら結婚を意識した付き合いを望むでしょう。

あまりに結婚願望がない男性、自分とは違った将来の希望を持っている男性は、初めのうちに理解しておく必要があることでしょう。

付き合ったらまずお互いの価値観をすり合わせよう

付き合ってすぐのカップルは、相手のことを考えるあまり、自分を隠したり、聞きたいことを聞かなかったりと、どこか遠慮しがちになってしまいます。

ただ、付き合って時間が経過した後に聞くのと、先に知って把握しておいた場合とでは、気持ちの持ち方やモチベーションが違います。

付き合い始めだからこそなるべくやっておきたいこと、知っておきたいことを解消しておくことが良いでしょう。

長く安定した付き合いを望むのであれば、先に相手のことを理解しておくと良いでしょう。