付き合っているか分からない。関係をはっきりさせる方法

最終更新日:2015年7月21日

「付き合おう」という言葉がないと、ハグやキスをしてもいまいち素直に喜べませんよね。

人によっては、付き合っているつもりだったのに彼には本命の彼女がいた…なんて泣くことも。

では、どうしたら付き合っているのか分からない2人の関係をはっきりさせることができるのでしょうか?

1.自分たちは付き合っているのか尋ねる

お互いの関係がよく分からない時、一番手っ取り早いのは、「自分たちは付き合っているのか」と直接聞いてみることです。

女性は言葉を大切にしますが、男性はそうでもありません。

わざわざ言わなくても分かるだろうという予想から、自分の中だけで付き合っているつもりだったり友達だったりするわけです。

しかし、当然言葉にされなければ分かるはずはありませんよね。

付き合っているかをはっきりさせるためには、とにかく男性の本音を言葉として表してもらう必要があります。

人によっては、付き合っているかという問いに対して「大切に思っている」といったような曖昧な返事をしてくる可能性があります。

しかしごまかされてもそこで折れず、「自分はあなたの彼女と名乗っていいのか」としっかり尋ねましょう。

曖昧な答えで、納得してはいけません。

付き合っているのか、それとも付き合っていないのかを彼の口から言葉として聞くことが大切です。


2.共通の友達に恋人ができたか聞いてもらう

面と向かって自分達の関係性を聞いたところで、中にはまともに答えてくれない男性もいます。

そんな時は、お互い共通の友達に協力してもらいましょう。

自分達のことを知っている友人に、「彼女でもできた?」と聞いてもらうのです。

お互いの前では本音を言えなくても、2人の関係を知らない友人にならぽろっと正直な気持ちを話してくれるはず。

そこで恋人ができたと彼が打ち明ければ、自分達は付き合っていることが判明します。

逆に恋人なんていないと話した場合、彼にとって自分は100%彼女ではありません。

確実に遊ばれていますので、早いうちに縁を切ってしまいましょう。

面と向かって言えないことも、他の人になら簡単に口を割るもの。

時には友達の協力を仰ぐことも、お互いの関係性をはっきりさせるための策略だと言えます。


3.他の男性に告白されたと言ってみる

付き合っている相手を慕う存在が現れたら、誰だって焦るもの。

好きな人を取られる可能性があるわけですから、心配になるのは当然のことです。

この焦りの感情を元に、彼に軽い嘘をついてお互いが付き合っているのか確認しましょう。

「他の男性に告白されて迷っている」と伝えた時に、彼の反応を見て下さい。

そこで焦ったり、「自分は彼氏じゃないのか」と聞いてきた場合は、間違いなく彼にとってこちらが彼女だったことが判明します。

まったく焦らず「じゃあこれからは会えないね」と言ってきたなら、彼は付き合っている自覚が無かった証拠。

これを言われたなら、怒りを感じてもこちらに非はありません。

思いきり怒って、さっさとお別れしましょう。

このように、他の男性が現れた時の彼の態度を見れば、2人の関係をはっきりさせることができます。


4.両親への挨拶をお願いする

長く付き合っていれば、そのうち「結婚」というキーワードがお互いの中に浮かんでくる機会が多くなってきます。

しかしその2文字が成立するまでには、様々な過程をクリアしていかなければなりません。

その中でも回避することができないのは、お互いの両親への挨拶です。

籍を入れ、家族としての関係を持つ前に必ず行う、自分たちを育ててくれた人に対する挨拶。

付き合っているのか分からない時は、この両親への挨拶で彼の本心を暴きましょう。

一度彼に対して「そろそろ両親に挨拶しに来てくれない?」と言ってみて下さい。

もしきちんと恋人という関係を認めているのなら、躊躇することはありません。

しかし、付き合っているつもりがなければ必ずはぐらかすか、行きたくないと駄々をこねるはず。

女性を恋人として大切にしていれば、結婚までの過程には真摯に向き合うものです。

付き合っているかどうかはっきりさせるには、両親への挨拶をお願いした時の反応を見るようにするとよいでしょう。


5.目上の人に関係をどう紹介するか観察する

もし恋人と一緒にいる時に、会社の上司などの目上の人間に会ったならどのような対応をするのがベストなのでしょうか。

おそらく女性としては、きちんと恋人として紹介して欲しいはず。

しかし男性側が真剣に付き合っているつもりがなければ、目上の人間に遭遇したとしても女性の存在はスルーするか、「友達です」と簡潔な紹介をして終わり。

一緒にいる女性を恋人として紹介することは、絶対にありません。

なぜなら、目上の人間に嘘はつけないから。

本当に愛していない女性を恋人として紹介すれば、当然彼女がいる人間として認識されます。

今後結婚などの話題が出てくるなどすれば、いちいち嘘をつき直すのはとても苦痛。

嘘をつくことで後々面倒なことになると男性は分かっているため、嘘はつかず、しかし恋人としても紹介しない道を選ぶのです。

彼にとって目上の人に会った時、こちらをどのように紹介するか。

その紹介の仕方を観察することによって、自分達の関係がはっきりします。

よくわからない関係から抜けだそう

付き合おうと言われていなくても、気になる人から恋人のような扱いを受ければ舞い上がってしまうこともあると思います。

しかし、長くうやむやな関係を続けてから本当は恋人として見られていなかったとなれば、かなりのタイムロス。

自分達の関係に疑問を抱いた時点で後回しにせず、すぐに動くことが後で後悔しないために大切なポイントです。