良い男が結婚相手に求める条件。相応しい女性になろう

最終更新日:2016年1月22日

できるだけ条件のいい男性と結婚したいと思うのが女性の本音でしょう。

確かに、経済力や性格の良さ、ルックスのよさや彼の家族が親切で干渉しない両親…など女性にとっていい環境を求めればきりがありませんが、できるだけいい男の方が将来は豊かに暮らせますよね。

そこで今回は良い男が結婚相手に求める条件をご紹介します。

1.向上心のある女性

良い男の中でも仕事のできる男性の多くが、自分のように向上心のある女性を好みます。

その向上心というのは仕事に対してだけではなく、美に対しての向上心や勉学に対する向上心でもOKです。

妻になったときに一緒に上を目指して生きていける女性の方が男性がくじけそうになった時に支えてくれたり、企業家などの向上心の高い男性にとっては妻が同じように向上心を持っていたほうが話も合いやすいでしょう。

そして、向上心がある女性というのは常に輝いています。

こうなりたい・ああなりたいと常に上を見続けているといることで、ひたむきに頑張ったり自分を磨いたりしている女性というのは自然と美しく見えるのかもしれません。


2.サポートタイプの女性

スポーツ選手や会社社長などの出来る男や良い男というのは自分を精神面でも身体面でもサポートしてくれる女性を求めることが多くなります。

女性が働いて自立していなくても男性の給料で女性を養うことができる場合は、女性を外へ出すよりも家を守ってほしいと考える男性もまだまだ多くいます。

特に経済面に余裕がある男性は女性にわざわざ働いてもらう必要はないと考えているのかもしれません。

そんな男性は、女性に働くスキルよりも旦那さんをサポートする力や家事のスキルなどを求める傾向にあります。

自己顕示欲が強くバリバリ働きたい女性や自分が表舞台に立ち続けたいという女性よりも、結婚をしたら表舞台を去って旦那さんのサポートに回れるような献身的な性格の女性を求めていることもあります。

3.自立している女性

良い男の中には女性に完全な自立を求める場合もあります。

女性の社会進出が進んだ最近では結婚しても共働きで女性にも完全な自立を求める男性も多くいます。

医者や弁護士が同業者と結婚するとお互いに仕事を続けるのが良い例でしょう。

女性も高収入な仕事をしている場合はやめてしまうよりも仕事をつづけたほうがお互いにとって楽ですし、高収入な仕事をしている女性というのは働くことが楽しいと感じていることも多く、仕事を辞めたくないという気持ちがあるかと思います。

男性も女性が働いていて自立していたほうが資金にも困りませんし、何よりも女性側にフラストレーションがたまらないのがトラブルを回避する一番の方法なのでそれを望んでいるのかもしれません。


4.食生活が健康的な女性

結婚をしたときに一番大事なのが「食生活」でしょう。

良い男というのは基本的に健康な女性を求めます。

確かに、毎日ファストフードを食べる女性よりも、毎日自炊をしてカロリーや栄養をコントロールしている女性の方が、健康面も心配ありませんし、将来の子供作りの健康管理や子供が生まれた後子供の食育まで心配がいりません。

男性が結婚したいと感じる女性はできるだけ健康体で男性の健康を守ってくれるような存在を望むのです。

そのため、最低限でも食材を自分で切って自炊ができる・手料理のレパートリーが二週間分以上ないと良い男の結婚条件には入れないかもしれません。

5.賢い女性

良い男というのは賢くて知性のある女性を選ぶ傾向にあります。

医者や弁護士など頭の良い男性が同業者との結婚が多かったり、スポーツ選手や企業家が女性アナウンサーと結婚することが多いのは良い男はある程度賢い女性を選ぶという証拠かもしれません。

結婚をすると保険や年金など管理をしなければいけなかったり、良い男の場合は関係者へのあいさつ回りや妻としてのあいさつなどでおバカを晒してしまえばそれは旦那様の恥になってしまうからです。

さらには、自分をサポートしてくれる妻が賢ければ男性が気が付けなかった部分に妻が鋭く気が付いたり、子供の教育など男性がなかなか手を出せない部分も妻に安心して任せられるでしょう。

そのため、一流大学出の男性は、ある程度頭のいい女性でないと交際の条件にも入らないということもあります。


6.顔がキレイ

良い男というのはどんな女性からもモテるものです。

モテるとなればできるだけ条件のいい女性を探しますよね。

そうなると、できるだけ顔のキレイな女性に惹かれ、その女性の中身が良ければ付き合う…といったように見栄えのいい女性が選ばれやすいのが現実でしょう。

良い男を掴まえよう

良い男の結婚相手に求める条件は、やはりレベルの高い女性です。

ですが、自分の肩書ではなくずっと好きでいてくれた幼馴染や同窓生などと結婚する場合もあります。

素敵な男性をゲットしましょう。