つまらないオーラを出す人の特徴

最終更新日:2017年1月29日

学校や職場、保護者会など人が集まって談笑する機会は日常生活の中で数多くあります。

人が集まれば自然と数人のグループになり会話が始まりますが、時々そんな輪の中につまらなそうな気配を出してる人がいると、気になっていしまいますよね。

では、つまらなそうなオーラとは、具体的にはどんな様子なのでしょう。

気付かない内に自分が「つまらなそうなオーラ」を発してしまい、周囲に気を使わせてしまう立場にならない様に、チェックしてみませんか。

1.口数が少ない

数人のグループになって話しをしていると、その中で中心的に話題を展開する人、聞き役に回る人、ちょうどいい頃合いを見て周りに話を振る人、など不思議と役割が出来てくることがあります。

しかし気が付くと余り会話に参加して来ない人っていますよね。

自分が話をするよりも聞く方が好きなタイプの人も居ますが、周りの人が「あれ、つまらないかな」と感じてしまう人は、話し手に対する相槌やリアクションとなる言葉も少なくなります。

そのため会話の内容に興味がないように感じてしまいます。

本人にそんな気はなくても、相槌や返事をしたり、話の合間に話し手の話題についての質問をしたりと言ったアクションが無いに等しい状態になっています。

これにより周囲の人からは興味が無くてつまらないのでは、と気にさせてしまいます。

2.表情の変化が少ない

自分がだれかに話をしていて、とても興味深く話を聞いてくれていると思うのはどんな時でしょうか。

話しの内容にも寄りますが、明るい話題や面白い話題の場合、笑ったり驚いたり、相手の表情に変化があります。

分かり易い例でいうと、目が見ひらかれたり、眉が上がったり下がったり、話し手の発する内容によって解り易く表情に変化が現れます。

それを見ている話し手は、自分の話に合わせた表情にリアクションを感じて「楽しんでくれているな」と認識できます。

その逆で、話の内容に対してあまり表情に変化がなく、喜怒哀楽が感じられないと、話し手や周りの人は「つまらないのかな?」と感じてしまいます。

無表情だからではなく、例え柔らかな笑みを浮かべて聞いていたとしても表情に変化が現れないと、聞いているよと言うリアクションとして受け取られませんよね。

日本人は他国に比べ表情のリアクションも薄いと言われています。

つまらなそうなオーラを感じさせる人は、表情に変化を感じられない事で、相手に対して興味が無いというイメージを与えてしまいます。

3.顔や身体を動かす等のアクションが少ない小さい

普段複数人で会話をしている時には、自然と話している人の顔を見ていたり体を向けていたりしますよね。

これは自然と話し手に意識を向けている動作なのですが、ふと気が付くと違う方向を眺めていたり、下を向いていたり、体ごと違う方向を向いていると「つまらないかな、興味なかったかな?」と気になってしまうこともありますね。

話し手側からすると、聞き手の顔や体が違う方向を向いている頻度が多いほど「つまらないオーラ」を感じてしまい、話に興味がなく退屈しているのではと気になるものです。

話をしている環境にも寄りますが、周囲から見ると話しに注目していない、更には他のことを考えている様にも見えてしまいます。

そのため「心ここに在らず」や「つまらない」と言った印象を与えてしまうので、結果的に周囲の人々に気を遣わせてしまいます。

4.そっけない返事や上の空な態度

これまでの「つまらなそうなオーラ」を出す特徴では、どちらかと言うと控えめな態度の人物のような印象もありましたね。

しかし、こんな態度も相手には「つまらなそう」と感じさせてしまう原因になります。

相手が一生懸命に説明をしていたり、共感して欲しくて話をしている場合は、そっけない態度や上の空な態度も「つまらなそうなオーラ」として受け取られてしまいます。

例えば彼女が、最近あった事を事細かに彼氏に向かって話しているとします。

女の人は結論を最後に言う為に、それまでの話の流れを説明しがちです。

しかしその途中で彼氏が身の入ってなさそうな「そっけない返事や態度」で返答してしまい空気が悪くなる事があります。

これは彼氏と彼女の関係だけに起こることでは無く、上司と部下教師と生徒親と子もちろん友人同士でも起こりがちです。

相手が話している内容に心が向いていないと思われる、そっけない返事や上の空な態度も「つまらなそうなオーラ」を発してしまいます。

つまらなそうなオーラの特徴を知り対策しよう

「つまらなそうなオーラ」に思い当たる節がある人は、話し手の顔を見る体の正面を少し話し手に向けるだけでも話し手側に聞いていますよ、と示すアクションになります。

話し手の発した単語を着後に復唱するのも、話に興味を持っていますと感じさせられるので効果的です。

思い起こしてみると意外に、どんな人でも一度や二度は「つまらなそうなオーラ」を出しているのではないでしょうか。

少しだけ気にしたり気を配ったりして、良い空間を分かち合えると良いですね。