机を常にキレイにするコツ。机の整理整頓をしよう

最終更新日:2016年2月23日

机の上が汚い人は、仕事ができる人と言えないと言われています。

それは整理整頓が苦手だからこそ、仕事の優先順位もつけられない、または大事な書類を紛失するなどあってはならないことが起こり得るということを意味しているのでしょう。

ここでは机をいつもキレイにしておくためのコツをご紹介します。

1.必要最低限のものしか机上にはおかない

まずもっとも大切なことは机上にはすぐに必要になるものしか置かないということです。

あまりにも物が多いとほこりがたまりやすく、また同時に大切なものを置いた時に見つかりにくい、どんなにメモしておいてもそのメモが目立たないというデメリットが起こります。

本当にすぐに使いたいものだけを机の上に置く様にしましょう。

また、置物や写真等常に目が触れるところにおいておきたいものも厳選しましょう。

写真を飾るのもいいですが、たくさん飾っては逆に大切な写真が目立ちにくくなります。

写真であれば1枚、置物も1つまたは2つにとどめることが大切です。

通常会社でも家でも机で使うものと言えば文房具です。

ペンやシャープペンシル、消しゴム、ホッチキス、はさみ、蛍光ペン等数え上げればきりがありません。

そのすべてをすぐに使用できる様に机の上に並べたり、ペン立てに立てることはいいですが、本当にそのすべてをすぐに使用する必要はあるのでしょうか?例えば電卓を毎日使用する人もいれば、数えるほどしか使用しない人もいるでしょう。

接客業の様に必要になった時に数十秒も誰かを待たせることなくすぐに使いたいという人であれば机の上に置く必要がありますが、通常の仕事や家であれば数十秒の違いに変化はありません。

あれもこれもと欲張らずに、本当に大切ですぐに使いたいと思うものだけを机の上にまとめ、あとは机の中にしまうことを意識することが大切です。

まずもっとも大切なことは机上にはすぐに必要になるものしか置かないということです。

あまりにも物が多いとほこりがたまりやすく、また同時に大切なものを置いた時に見つかりにくい、どんなにメモしておいてもそのメモが目立たないというデメリットが起こります。

本当にすぐに使いたいものだけを机の上に置く様にしましょう。

また、置物や写真等常に目が触れるところにおいておきたいものも厳選しましょう。

写真を飾るのもいいですが、たくさん飾っては逆に大切な写真が目立ちにくくなります。

写真であれば1枚、置物も1つまたは2つにとどめることが大切です。

通常会社でも家でも机で使うものと言えば文房具です。

ペンやシャープペンシル、消しゴム、ホッチキス、はさみ、蛍光ペン等数え上げればきりがありません。

そのすべてをすぐに使用できる様に机の上に並べたり、ペン立てに立てることはいいですが、本当にそのすべてをすぐに使用する必要はあるのでしょうか?例えば電卓を毎日使用する人もいれば、数えるほどしか使用しない人もいるでしょう。

接客業の様に必要になった時に数十秒も誰かを待たせることなくすぐに使いたいという人であれば机の上に置く必要がありますが、通常の仕事や家であれば数十秒の違いに変化はありません。

あれもこれもと欲張らずに、本当に大切ですぐに使いたいと思うものだけを机の上にまとめ、あとは机の中にしまうことを意識することが大切です。


2.それぞれに置き場所を決める

次に大切なことは、それぞれのものに置き場所を決めることです。

片付けが苦手な人の特徴として、毎回物の置き場所が違うという人がいます。

はさみを探していても、どこかにあるはず、前はここで見たとあれこれ探していると結果として全く予想していなかった場所から出てくることもあります。

これを避ける為に物にはすべて置き場所を決めることが机を常にキレイにしておくために大切なことです。

例えばペンやはさみはまとめて机の上にペン立てを置き、そこに立てておくことができます。

ここで大切なことは使ったら必ずその流れで元の場所に戻すということです。

はさみを使ってそのまましばらく机の上に置いておくと、結果またはさみが見つからないという結果になりえます。

使ったらそのまま決めている場所に戻しましょう。

机の引き出しの中は普段は人から見えない為、つい乱雑になりがちです。

そこで細かく区切られた仕切りを利用したり、または置き場所に物の名前を書いたものを張り、そこに戻すことを意識づけましょう。

引き出しの中に電卓があったけど、1段目だったか、2段目だったかと毎回置き場所が変わるのでは片付いていないのと同じです。

その為、細かく区切られた仕切りを使用してその大きさにぴったりのものを収納し、使ったまま片付いていなければ目に見えて「ここに電卓があるはず」「ここにあるはずのホッチキスがない」と意識できる様になることが机の中まで片づける為に大切なことです。


3.仕事の前に片づけるを習慣にする

最後に大切なことは、机を片づけることを習慣にしてしまうことです。

例えば机の上が乱雑な人も一度キレイに片づけてみると机の上が広く使用でき気持ちいいと感じるはずです。

そうなると今度は、毎日この状態で仕事を始めることを習慣にしてしまいましょう。

乱雑にものが置かれ、ごちゃごちゃした状態から片づけるのには時間がかかりますが、毎日であれば要する時間はかなり減少します。

またすでに物の置き場所が決まっていて必要最低限のものだけが机上に出ているのであれば、なおさらです。

仕事を始める前に机の上を確認し、きちんとそれぞれの置き場所に収まっていることを確認すること、写真たてやおきものを置いている場合ははたきやくクロスでさっと拭くこと、机の上もさっとひと拭きすることを習慣にしてしまいましょう。

あるいは仕事が終わった後でもかまいません。

毎日ひと拭きすることでまとまった時間を要さずに机の上を常にキレイにしておくことができますし、またそれを習慣化することで仕事を始めるという気持ちの入れ替えにもなると考えられます。

または仕事を始める前に机の上にわざと自分の大切なものを置くことも効果的です。

大切な思い出の品などを机の上に置くことで、その品にほこりがかぶらない様に、汚れない様に常に机をキレイにしておく習慣が生まれるでしょう。

机の上を常にキレイにする習慣を作ろう

机の上を常にキレにしておく方法をご紹介しました。

キレイにしておくためには習慣にすることが大切です。