若者がタバコを吸わなくなってきている理由。若い喫煙者が減少している要因を知ろう

若者の喫煙率が低くなっていると言われています。

その理由は一体何なのでしょうか。

今回はそんな若者がタバコをあまり吸わない理由についてご紹介します。

タバコの健康被害が広く知られるようになった

まず若者がタバコをあまり吸わなくなった最大の理由は、健康に大きな被害があることが広く知られた事です。

昔から喫煙は肺がんなどのリスクは高いと言われていましたが、ここ数年で美容にも悪影響を及ぼす事が認知されるようになっています。

例えばタバコを吸うとビタミンが大幅に消費されてしまいますので肌が荒れやすくなりますし、血管が収縮してしまうので冷え性の悪化や指先のしびれなど様々な健康被害が考えられます。

また受動喫煙と呼ばれる問題も多くの方に知られるようになったので、自分だけではなく周りへの迷惑を考慮してタバコを吸わないようにしている方もいます。

喫煙スペースの減少

最近では喫煙もドンドン減少していますし、喫茶店などでも終日禁煙にしているお店があります。

そもそもタバコを吸える環境が限られていますので、わざわざ堅苦しい思いをしたくないと考える若者が増えています。

したがって二十歳になったからと言って喫煙を始めるケースは非常に少なく、タバコを吸い始める事にメリットを感じないと言う方は非常に多く見られるようになっています。

また、女性の場合は喫煙所などがあっても利用しにくい環境にあります。

比較的狭い空間に男性といる事に嫌悪感を抱く女性がいらっしゃいますし、多くの喫煙者が同時に利用しますので髪や洋服に臭いがつきやすくなってしまう事もあります。

この喫煙スペースの減少と言うのは女性にとっては大きなデメリットとなっています。

さらに、スペース確保のため喫煙所が仕切られた空間ではなく衝立のようなものでやむを得ず簡易的に区切られている場合があります。

この時には煙が周囲に流れていってしまう可能性が出てきますので、タバコを吸わない方への迷惑となってしまいその結果として喫煙スペースが廃止されるなどのケースも見られます。

金銭的な負担

一昔前まではタバコは一箱200円台で購入できましたが、現在では一箱400円程度になっていて、およそ2倍の値段になっています。

これも若者のタバコ離れの理由の一つで、一箱400円という値段は金銭的な負担は大きなものと言えます。

そして近年では不景気の影響で残業代やボーナスカットなども多くの企業が行っていますので、以前と比べてタバコが与える経済的な負担は大きなものとなります。

またタバコを吸うためにはライターなどが必要になりますが、こちらも負担になっています。

一般的に最も多く見られるのは100円ライターですが、喫煙者の中には高級なオイルライターやガスライターなどを使用している方もいらっしゃいます。

これらの着火に必要な器具なども長期的に見ればそれなりの金額になってしまいますので、若者のタバコ離れの原因の一つに数えられています。

身分証の提示など購入のハードルが高くなった

若者がタバコをあまり吸わなくなったのは、タバコそのものが買いにくくなったと言う事も理由になっています。

まず自動販売機の場合はタスポと呼ばれるカードが無ければ購入する事ができないので、その申し込みをする必要があります。

この時には必要事項を記入するなどの手間がかかりますので、その様な手間をかけてまでタバコを吸い始めたいと考える方は少ないと言えます。

そしてコンビニエンスストアなどで購入する場合ですが、この時には店員の判断次第では身分証の提示を求められる事があります。

なのでメイクなどによっては幼く見えてしまう女性だと身分証の提示を求められてしまう可能性は高くなりますし、そもそも個人情報の観点から身分証の提示をしたくないと考える女性は多くなります。

その様な思いをしてまでタバコを買いたいと言う方は少なくなり、それがタバコを吸わない方が増えている理由に繋がっています。

周囲からの喫煙に対する圧力

喫煙者が少なくなっている理由はいくつかあるのですが、周囲からの圧力と言う物もあるとされています。

タバコを吸っていると言う事に対してのプレッシャーであることが多く、特に女性に対しては厳しい状況にあります。

例えば上記のように美容や健康への被害を注意される事もあれば、妊娠や出産などデリケートな部分にまで踏み込まれてしまう可能性もあります。

最初からその可能性を排除するために喫煙しないと言う選択する方が増えているとされています。

タバコを吸わない若者が増加した背景

この様にタバコを吸わない方が多くなった事には色々な理由がありますが、基本的に非喫煙者の方が優位にあることが理由になります。

したがって喫煙者は年々肩身の狭い思いを強いられるようになり、それこそが若者がタバコを吸わない事を選ぶ根拠になっているとされています。

 

    「若者がタバコを吸わなくなってきている理由。若い喫煙者が減少している要因を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. ティジョイ2018/05/16(水) 14:23

    自分は喫煙家なので、ここで紹介されている理由は全部納得ですね。
    喫煙スペースもそうですが、タバコも高い。若者が吸わないのも納得です。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/07(木) 14:36

    タバコを吸わないので知りませんでしたが自販機での購入にまで手続きみたいなものが必要になってたんですね。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/06/07(木) 14:36

    30代前半ですが、たばこはまったく興味ありません。一度も吸ったことがない。体には悪いし臭いし、無駄としか思えません。他にお金や時間を費やしたいことがいっぱいあるので、娯楽や趣味の多様化も、若者のたばこ離れの一因かもしれませんね。

  4. 4. さとちゃん2018/06/08(金) 06:18

    若者がタバコを吸わなくなってきている。とても良い事ではないでしょうか。私も2年前までタバコを吸っていましたが、やめて分かった事はどれだけ他人に迷惑を掛けていたかという事、体に負担をかけていたかという事です。タバコの無い世の中がきても誰も損をしないと思うのですが。

この記事への感想を書く