別れたいことを暗号に込める方法

最終更新日:2017年3月3日

もう別れたいそう思った時に、そっと暗号に含ませて、相手に伝えることができます。

相手を思う気持ちがなくなってしまったことを、暗に伝えるメッセージとなります。

その暗号の意味を理解してもらえたら、二人の関係をスッキリさせることができるでしょう。

1.1つ目の暗号「キス」

別れたいことを暗号にする方法、その一つに「キス」という言葉があります。

「好き」という言葉をひっくり返してみると「きす」になります。

もう好きではないということを、暗号として相手に伝えることができるでしょう。

恋人に「好き」と言われた時、笑って「キス」と返すようにしてみましょう。

キスといえば、接吻を意味する言葉でもあります。

一見恋人同士の会話に聞こえますが、いつも「キス」と返していれば、相手もある時その言葉に含まれた意味を知るはずです。

好きの反対=つまり、もう自分のことを好きではないということに気が付いてくれるでしょう。

付き合っていると、もう恋愛感情がなくなったとしても、なかなかはっきり切り出すことが難しかったりします。

そういう時は、相手に笑いながら「キス」という暗号を言い続けましょう。

ある時空いても「ああ、そういう意味なんだ」と、暗号の意味を理解してくれて、きっと別れに応じてくれるでしょう。

2.2つ目の暗号「食後のコーヒー」

別れたいことを暗号にする方法にあるのが「食後のコーヒー」という言葉です。

食後のコーヒーは、食事の最後にいただくものです。

もうすでに二人の関係は終わってしまったそのことを相手に伝えることができるでしょう。

食事のコース料理は、普通は前菜メインデザートと続きます。

そして一番最後に食後のコーヒーや紅茶が出てきます。

そのコーヒーを飲み終わったら、後は席を立つだけです。

二人の関係を「食後のコーヒー」という暗号にすることで、もう二人の間は終わりを迎えかけているということを、相手に気付かせることができるはずです。

ウキウキする前菜も、メインディッシュも、最後のお楽しみであるデザートすら終わってしまったそレが今の二人の状態を示しています。

もし、恋人に「今どんな気持ち?」とか「これからの二人ってどうなると思う?」と聞かれるようなことがあったら「もう私は、食後のコーヒーの気分よ」と答えてみましょう。

その一言で、きっと相手はこちらが別れたいと思っていることを知ることでしょう。

3.3つ目の暗号「DM」

もし別れたいことを暗号にして伝えるのなら、相手に「DM」と伝えてみましょう。

恋人に送りたいメッセージは「DM=ダイレクトメール」ということで、ダイレクトメールのイニシャルから「DM=ダメ」になってしまったということを知らせることができるでしょう。

「私はあなたにDMを送りたい」と彼女に言われたら、普通恋人はきょとんとしてしまうはずです。

急にそう言われたら、DMのことを「ダイレクトメール」と思い込む人もいるでしょう。

男性によっては「自分に広告を送りたいの?」などとトンチンカンな受け止め方をする人もいるかもしれません。

しかし、一人になってその言葉の意味をもう一度思い返した時に、ダイレクトメールのイニシャルが「D」と「M」ということに注目するはずです。

そこから「もうダメ」という暗号を読み取ることでしょう。

別れたいことを暗号にする方法は色々ですが、イニシャルを使う方法は、相手に気が付いてもらいやすい暗号でもあります。

DMをディーエムと発音することで、そこから「ダメ」という言葉を連想しやすくなります。

もうこの人とはやっていけないと思ったら、彼氏に「DMな気持ちなの」と話してみるのです。

そこからスムーズに別れ話をすることができるようになるでしょう。

4.4つ目の暗号「ロミオとジュリエット」

別れたいことを暗号にして伝える方法に、物語の主人公の名前を使う方法があります。

誰でも知っている「ロミオとジュリエット」なら、もう二人に未来はないのだということを分かってもらえることでしょう。

嫌いになったわけではなくても、それでも別れたいという時もあります。

このまま付き合っていても二人にとっては何のメリットもないような時、悲しいけれど別れを選ぶこともあります。

「あなたのことは好きだけれど、それでも別れたい」というような場合、二人の関係を「ロミオとジュリエット」に例えてみましょう。

その言葉を聞いた時、きっと恋人は「彼女は別れたがっているんだな」と、分かってくれて、その気持ちを受け止めてくれるはずです。

まだ好きだけれど、恋人との別れを決意した時には、二人の関係を「ロミオとジュリエット」だという暗号にして伝えてみるのです。

誰もが知っている悲恋の主人公だからこそ、その例えが暗号であり、こちらが別れを考えていることを知ってもらえることでしょう。

別れたいことを暗号に込めよう

別れたいことを暗号にすることで、相手にあからさまに「別れたい」ということがなくなります。

どういう状況でも、恋人から別れを切り出されることは、とてもショックです。

その驚きを少しでも軽く擦ることで、相手に別れたいということを納得してもらいやすくなります。

別れたいことを暗号にすることは、相手に対する思いやりを形にしたものでもあると言えるでしょう。