職場での飲み会が好きな人の理由とは。職場の飲み会が大好きという心理を知ろう

人の特徴 仕事/ビジネス最終更新日:2018年4月28日

職場でのコミュニケーションをとるための機会として、よく飲み会などが開催されたりします。

しかし、そういう集まりを「面倒くさい」と思う人増えつつある中、大好きで楽しみにしているという人もいます。

職場の飲み会が好きな人の心理や理由を分かることができれば、同僚との関係がもっとスムーズになるかもしれませんね。

1.職場で働く人達の「考え」や「状況」を知りたい

職場の飲み会が好きな人の心理や理由には、色々なものがあります。

同じ職場で働く人達の「考え」や「状況」を知っておきたいと考えていることもあります。

いつも同じ職場で働いていても、昼間は仕事が忙しくて、あまり会話をすることがない場合があります。

そういう風な状態だと、何だか人間関係が希薄なような気がして、不安になることもあります。

普段は忙しそうに仕事をして話すこともない職場の人と、仕事を離れた状態でゆっくりと会話することができれば、今まで知らなかったその人の一面を知ることができるかもしれないそう期待しています。

また、いつも忙しそうな人がいるような時は、その人が抱えている仕事の内容が気になることもあります。

職場の飲み会で集まった時に、どうしてそこまで忙しいのか、何かヘルプできることがあるか、そういうことを尋ねる良いチャンスとなるでしょう。

昼間は「大丈夫、何とかなります」と答えていた人も、飲み会の席の気安さで「いや~、実はあの案件は大変で」と話してくれるかもしれないでしょう。

直接役に立つことができなくても、同じ職場で働く人の考えや状況を知っていれば、何かとサポートすることもできます。

そういうことを知りたくて、職場での飲み会を楽しみにしてしまいます。

2.「仲間意識」が強くてもっと同僚と仲良くしたい

職場の飲み会が好きな人の心理や理由に「仲間意識が強い」というものがあります。

同じ職場で働く同僚は仲間であると考えているので、その絆を強くするために「飲み会」を開催したくなるのでしょう。

同じ会社の人間でも、仕事をしている時にはそれほどプライベートなことを話すことはありません。

それはそれで「節度がある付き合い方」となるので、決して悪いことではないのです。

ただ、働いている人の中には「同じ会社の人間は家族である」という風に考えている人もいます。

昔は就職したら定年まで同じ企業に勤め続けることも多く、職場の同僚とも長い付き合いとなりました。

それこそ本当の家族よりも、長い時間を一緒に過ごしていたのです。

そういう同僚と、連帯感を強めていきたいと思っている人は、積極的に飲み会を開いて仲間として交流したいと考えているのです。

だから職場の飲み会と聞くと、喜んで参加してしまうのでしょう。

3.寂しがり屋で誰かと一緒にいたい

職場の飲み会が好きな人の心理や理由に「寂しがり屋」だったりすることがあります。

仕事が終わってそのまま家に帰るのは寂しいだから、職場の飲み会があると楽しみが増えてにこにこしてしまいます。

昔からの知り合いや学生時代の友人がいないわけではありません。

ただ、お互い働いていると、なかなか会う時間が取れなかったりして、疎遠になってしまいがちです。

人と一緒にいるのが好きな人は、友達に会いたいと連絡することもあるでしょう。

ただ「仕事のスケジュールが立て込んでいて、ごめんね」なんて断られてしまって、とても寂しい思いをしていることもあります。

「誰かと一緒に飲みに行ったりしたいのに」と、内心しょんぼりしています。

ただ、だからと言って職場の人間を自分から率先して誘うのも、ちょっと勇気が必要となります。

その点「職場の飲み会」は、ちゃんと幹事がいて、参加かどうかを教えてくれます。

自分から誘わなくても大丈夫なので、便利です。

そして「一種の仕事である」と受け止めている人も多いので、参加する人も比較的多く、飲み会では色々な人と会話を楽しむことができるでしょう。

寂しがり屋で誰かと一緒にいるのが好きな人は、職場の飲み会も「大歓迎」です。

そういう場に参加すれば、寂しい気持ちにならずに、楽しく過ごすことができるでしょう。

4.「酒の席でなら腹を割って話せる」と考えていたりする

職場の飲み会が好きな人の心理や理由に、少し古いかもしれませんが「酒の席でなら腹を割って話せる」という考えがあります。

だから、職場の飲み会を重んじているのでしょう。

お酒を飲みながらだと、つい口も軽くなって色々なことを話したくなります。

そういう状態の時こそ、人間というのは本音が出てくると考えているのです。

世の中には、お酒が嫌いだったり飲めない人もいますが、それでも「酒の席」にこだわってしまい、そういう機会を設けようとします。

お酒を飲もうと飲むまいと、本音を語ることができる状況を作るのが、一番大切なことと言えるでしょう。

しかし、飲み会でお酒を飲んでいる時に「本音が出る」と考えている人は、職場での飲み会にぜひ参加して、もっと心の内を見抜けるようになりたいと考えているのです。

5.「安い金額で飲むことができるかもしれない」と期待している

職場の飲み会が好きな人の心理や理由、それは「金銭的なメリット」があります。

安い金額て飲むことができるかもしれないと、期待しています。

会社の飲み会の場合は、ある程度会社からの援助があります。

そうすると、一人当たりの出費は額が少なくなるはずです。

もしかしたら上司が多めに支払ってくれるかもしれませんし、その場にいらっしゃらない役員の方から軍資金が出ているのかもしれません。

そういうメリットがあるので、職場の飲み会が待ち遠しいのです。

飲み会はしたい、でもそれほどお金をかけたくない、そういう気持ちがあるので、職場での飲み会を期待しています。

そういう人は、ちゃっかりと職場での飲み会で色々と飲もうと楽しみに待っているのでしょう。

職場での飲み会が好きな人の理由を知ろう

職場での飲み会というと、仕事の延長のような気がするかもしれません。

しかし、そこから学べるものは色々あるそう思っている人は、職場の飲み会に積極的に参加しようとします。

たまには職場を離れて、居酒屋などで皆でお酒を楽しむのも、良いコミュニケーションとなって、人間関係を良くしてくれることでしょう。

 

    「職場での飲み会が好きな人の理由とは。職場の飲み会が大好きという心理を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。