沢山ある服を減らす方法。上手に洋服を少なくしていこう

最終更新日:2015年8月2日

可愛いからあれもこれも…と買っているうちに、いつの間にかとんでもない量になっている洋服。

減らそうにも「まだ着られる」と考えてしまい、なかなか整理の手が進みませんよね。

そこで今回は沢山ある洋服の減らし方についてお話しますので、大量の服に困っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

1.洋服の量を把握する

洋服の整理を効率よく進めるためには、まず部屋にある服の量を把握することから始めます。

タンスやクローゼットの中の洋服をすべて出して、並べてみましょう。

服の整理が思うように進まない原因のひとつは、タンスやクローゼットの一部分ずつしか洋服を外に出していないから。

目に映る服の量が少ないと、一着に対しての執着が強くなります。

もう捨てるべき服なのに悩んでしまった挙句、元の場所に戻してしまうことが多くなり、結果として洋服の量が全然減らないのです。

しかし、大量の服を目にするとそれほど一着だけにこだわりません。

服の状態を冷静に見極め、捨てる踏ん切りがつきやすくなるため、作業がてきぱきと進みます。

「全部の服を今日中に整理するぞ」と考えれば、一着にかける時間は少なくなるもの。

整理を効率的にしたいのなら、すべての洋服を外に出すところから始めましょう。


2.収納場所に収まる量まで減らす

洋服が増えてくるとタンスやクローゼットに入りきらず、畳まれた服がその上に積み上がっていませんか?収納場所から一度でも溢れると今後もそれが当たり前になり、そのまま服が部屋中に広がって整理整頓とは程遠い光景となってしまいます。

洋服を減らすコツは、収納場所に収まる量にまで減らすと決めること。

どんなに減らしてもタンスやクローゼットに収まりきらないのでは、とても服が減ったとはいえません。

整理を始める前から残す服の量をあらかじめ決めておくことで、残す服と捨てる服を冷静に見極めることができるようになるのです。

加えて、整理を完了した後も収納場所に収まる量を維持できたなら完璧。

買った分だけ古い服を捨てるという癖をつければ、部屋の中は服で汚れることなく、常にすっきりとした状態を保つことができるでしょう。


3.着回しができるかどうか考える

服を分別する際、残すべき洋服は着回しができるかどうか。

少なくとも、3種類の着回しができる洋服しか残さないように徹底しましょう。

どんなに可愛い洋服だとしても着回しがきかないのでは、その分無駄なスペースを取ってしまいます。

1種類の着回ししかできない服が5着あったとしても、5種類の格好しか楽しめませんよね。

一方、一着で3種類の着回しがきく服が5着あれば15種類の服装を楽しむことができます。

このように考えると、より多くの着回しができる服のために収納場所のスペースを確保した方が得だと思いませんか?洋服を減らすうえで、着回しの考え方は重要。

1着だけで可愛いよりも、他の洋服や小物と組み合わせてバリエーション豊かに着こなせる洋服を手元に残せば、自然と必要な量が限られてくるのです。


4.1年以上着ていない服は処分する

よく3年着なかった服は捨てようと言われますが、何もそこまで待つ必要はありません。

1年待ったなら、自分にとって必要な服かどうか見極めるのには十分です。

過去1年のうちに一度も袖を通さなかった服は、手元に残さず処分するようにして下さい。

それらの服の中には買って一度も着ていなかったり、新品同様にキレイなものも含まれるかと思います。

しかし、そこで惑わされては駄目。

1年もの間着なかったのには、それなりの理由があるはずです。

買ったものの自分のイメージと違ったり、他の洋服と組み合わせづらいと考えたりしませんでしたか?一度悪いイメージがついて着なくなった服は、これからもまず着ることはありません。

また、とっておいて欲しい人にあげるという考えは捨てるべき。

自分がマイナスに思った服を、誰が望んで着るでしょうか。

これらの洋服に収納場所のスペースをとっているなら真っ先に処分し、その分必要な服を入れてあげて下さいね。


5.部屋着として残さない

毛玉だらけになったり色あせた服は部屋着にする、というパターンがよくありますが、その部屋着自体が大量になってはいませんか?もったいないのは分かりますが、部屋着は2着あれば十分です。

それ以外の外に着て行けないような服は、処分の対象にしましょう。

洋服がたくさん増えて困る要因は、古くなった服を部屋着として再利用することにあります。

確かに、まだ着ることのできる服を部屋着として再利用するのはよいことです。

しかしその考えが行き過ぎると、タンスやクローゼットの半分が部屋着ということにもなりかねません。

収納場所はぼろぼろの部屋着よりも、自分が素敵だと思う洋服で満たすべき。

洋服が大量にある際は再利用の考えを持たずに、「外に着て行けるから残す」「処分する」の2択で作業を進めましょう。

沢山ある服を上手に減らそう

洋服が増えていく原因は、素敵だというだけですぐに購入してしまうから。

買う前に本当に必要な洋服なのかを考える癖をつければ、服がどんどん増えるということにはならないのです。

あとは服が増えた分だけ、所有している自分の服にどれだけ見切りをつけられるか。

部屋が服で溢れないためにも定期的に捨てる勇気を持ち、整理された収納場所を維持できるように頑張って下さいね。