世渡り上手な人の特徴。素直でおだて上手で演技力あり

最終更新日:2016年2月21日

生きていく上で得することが多い世渡り上手な人。

世渡り上手と言われる人は、大抵計算して行動に移すことが多いため、世渡り上手であることを自覚している人も多いです。

どんな人が世渡り上手だと言われるのか、よく見られる特徴をご紹介します。

1.人をおだてるのが上手である

人をおだてること、褒めること、あげることが上手な人は、世渡り上手の特徴です。

おだてられて嫌な気持ちになる人は少なく、それが計算ではないかと詮索する人も少ないことでしょう。

社会において、おだてることによって得られるメリットは多く、関係を良好に保つことが出来たり、良い人と思われる確率が非常に高くなります。

ただしプライベートにおいて、わざとらしく何度もしつこくおだててしまうと、なんだか違和感を覚える人も。

世渡り上手の人は、自然となる頻度や状況を上手く感じ取ることが出来るため、誰も計算で発言しているとは思わないのがすごい所でしょう。


2.分からない所は素直に助けを求める

仕事において分からない事があると、自分でなんとかしようとか、一度自分でやってみようと必死になってしまうことはあるでしょう。

努力という点では、こういったタイプの人が上ですが、世渡り上手となるには、頑張っていることをアピールすることも必要です。

そのためには、分からない所、疑問に思った所を上司に聞く、指導を仰ぐといった行動は、プラスに繋がります。

実際に質問することで、上司からは「仕事に熱心」といった印象を与えると同時に、可愛らしいタイプの人という印象も与えます。

自分にペットのように懐いている姿を見ると、人はその人が例え失敗をしても、憎めない存在になります。

憎めない存在になるためには、日頃から分からない所があったら素直に周りに聞く姿勢を持ったり、素直に助けを求めるといった行動が必要となります。

相手から可愛い、放っておけないと思わせることでも、世渡り上手になることが出来るのです。

努力して自分だけで解決しようとしても、それは周囲にはなかなか伝わらず、また努力が報われないことも多いのです。

3.人によって態度を変えたり言葉を選ぶ

上下関係のある場合、上の人や自分にとってメリットとなる人には愛嬌よくしたり、甘えたような言葉を用いたりと、人によって使い分けることが多くなります。

世渡り上手になることで出世が早かったり、上の人から気に入られることが多いのは、こうした小技を使っているからと言えるでしょう。

反対に、自分にとってあまり関係ない人、自分のメリットにならない人に対しては、最低限の会話で済ませたり、わざわざ作ってまで笑顔を見せることがなくなります。

そのため、実際には後輩にあたる人、年下となる人の方が、その人の本性を知っていることが多く、あまり慕われない傾向にあります。

露骨に態度に出る人もいれば、その人と二人だけになった時になど、状況で使い分けるタイプもいます。

こうしたタイプで女性の場合、稀に上司と不倫関係になってしまったり、社内恋愛をいくつも掛け持ちしている状態であったりと、危険な恋愛をしていることも多いです。


4.空気を読むのが得意で、いざという時逃げ足が速い

世渡り上手の人は大抵その場の空気を読むのが得意で、かなり周囲に敏感に反応します。

この状況はまずい、この流れではあの話になるといった立場が悪くなるような状況や、トラブルに繋がるといった状況の一歩前の段階で、その場からいなくなるという術を持っています。

自分が怒られる立場にあると感じた時は、事前に察知して相手の怒りが静まるまでその場から離れることで、少しでも状況をよくしようと計算しています。

周りの変化、空気の重さといったことに常にアンテナを立てている状態なので、逃げ足が速いという特徴に繋がります。

ただこのように常に神経を使っている状態にあるため、疲れやすいのも特徴の一つ。

家に帰るとどっと疲れが出てしまって寝るだけになってしまったり、休日には一歩も外に出ないといった一面も持っているのです。

5.演技力があり、自分を作ることが出来る

世渡り上手の人は、その場その場に合わせて自分を作ることが上手い傾向にあります。

人によって態度を変えることもそのうちの一つですが、自然とその人に合わせて自分を作り、演じてられることが多いです。

また泣いた方が良い場面、黙って落ち込んでいる様子を出した方が良い場面など、瞬時に切り替えて、それもまたプラスとなるタイプに変身します。

これが長く続いてしまうことで、本当の自分がどれなのか自分でも分からなくなってしまうということも起きてしまいます。

こうなってしまった場合は、計算とかではなく、自然に体に染みついた習慣が、表に出てしまっている状態。

本当の自分を見失ってしまっても尚、世渡り上手でいることに徹するのでしょう。

世渡り上手の特徴を知ろう

世渡り上手となれば自分にとってメリットだらけとなることから、自分もそんな人になってみたいと思う人も多いでしょう。

ただ、世渡り上手の人の中には、無理しながら維持している人もいることもあります。

メリットばかりではなく、自分にかかる負担も存在することを頭に入れて行動しなければ、自分を見失ってしまう結果になってしまうこともあります。

計算での行動はほどほどにするのが良いでしょう。