愛は与えるものである理由とは?まずは愛をあげよう

恋愛最終更新日:2017年8月27日

愛はもらうものではなく、与えるものだと言われることも多いですが、誰もが愛されたいと思うものです。

自分が愛されることで幸せを感じることができますが、自分だけが愛されたいと願っても難しいでしょう。

そこで愛は与えるものであると言われる理由についてご紹介します。

1.愛さなければ愛されることはないから

自分が愛されたいと思うなら、愛を与えなければ人は応えてくれません。

自分が相手のことを愛することができなければ、相手も同じように自分のことを愛することができないからです。

相手から一方的に愛することもあるかもしれませんが、自分がその愛に応えなければいずれは気持ちも冷めてしまいます。

誰もが愛されたいと願っているので、人から愛されるようになると幸せを感じるでしょう。

自分が愛される喜びを知っているのであれば、愛を与えることで相手を幸せにすることができ、その幸せがいずれは自分に帰ってきます。

幸せを振りまく人の周りには幸せがたくさん転がっているので、自然と幸せな気分になれるものです。

自分が愛を与えることで、結局は自分も相手から愛されるようになって幸せになれるのです。

2.愛されたいと思うなら相手をとことん愛することが大事

人から愛されたいと思うのであれば、自分が相手のことを愛することが大切です。

人は無償の愛を与えられるのは家族やごく親しい人だけなので、血縁関係や特別な繋がりがなければ、打算や利益関係で繋がっていることが多いです。

その中で自分が愛されたいと願う人が現れた時には、何もしなければ愛されることはないでしょう。

自分から相手を愛することによって、相手もその期待に応えてくれるのです。

愛を与えることがなければ相手からも会いを受け取ることができないと思えば、自分から愛を与え続けることで繋がり持ち続けることができます。

いずれは愛の気持ちに応えてくれるかもしれないので、自分が愛されたいと思うのであれば、積極的に愛を与えることが大切です。

3.自分から誠意を見せなければ応えてくれない

人に愛を与えることによって相手には愛情だけでなく、信頼や信用を与えることができます。

自分が相手に対して愛だけでなく、真摯に向き合って信用することで、相手もだんだんと信頼をしてくれるようになります。

愛とは恋愛感情だけでなく、信頼関係も必要不可欠なので、愛があっても信頼できない相手とは一緒にいることはできません。

愛している相手には見返りを求めない行動や愛情表現をすることができるので、相手がその気持ちを受け取ることで信頼を得ることができます。

自分から相手に対して誠意を見せなければ、相手もその期待に応えてくれることはないでしょう。

愛を与えることは損得勘定ではないことが分かるので、相手も信頼しやすくなります。

愛があるからこそ相手を思いやることができるので、相手との関係も良くなっていくのです。

4.愛し続けることで期待に応えてくれる

自分から相手に対して愛情を注ぎこむことで、相手もその期待に応えてくれるようになります恋愛においてはいくら愛を伝えても叶わないこともありますが、男女の関係では仕方がないことです。

しかし愛を与え続けることによって、相手の本気度を知ることができ、信頼することができれば気持ちも揺らぐこともあります。

愛とは見返りを求めない行動ができることなので、相手に対して自分の気持ちを伝えることができます。

自分から相手のことを愛し続けていれば、相手もその愛に応えてくれるようになるので、愛を与え続けることが大切です。

愛の形は人それぞれですし感じ方や表現の仕方も違うので、なかなか相手に伝わらないこともあります。

だからこそ愛を与え続けることが大切です。

5.信頼されるには真摯に向き合う必要があるから

好きな相手に愛を伝えることは勇気がいることですが、相手に愛を与え続けることによって自分の気持ちを伝えることができます。

愛があっても口先だけで行動が伴っていなかったり、相手から信頼されなければ二人で愛を育てることはできないでしょう。

愛する人と一緒になるのは信頼関係が必要不可欠なので、愛の気持ちを伝えるだけではいけません。

「好きです」と伝えれば愛を伝えたことにはなりますが、相手が本気で信頼するかはまた別の問題です。

相手に自分の愛の気持ちを伝えるには、愛を与え続けて真摯に向き合うことによって、相手も信頼してくれるようになります。

無償の愛を与え続けてくれる相手には好感が持てますし、その真摯な態度に自分も応えたくなるものです。

だからこそ愛が欲しければ欲しいと願うだけではなく、自分から与え続けることが大切です。

愛すれば愛されることができる

愛の形はいろいろありますが、自分が愛するからこと愛されるようになれます。

愛することは相手だけでなく、自分自身を愛することも大切なので、常に愛は与え続けることで幸せな気持ちになれます。

自分が愛を欲しいと願うばかりでは愛を受けることは難しいので、愛を与えて周りを幸せにすることで、自分も幸せになることができます。

 

    「愛は与えるものである理由とは?まずは愛をあげよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く