男性が見せる愛情の裏返しの表現3つ

最終更新日:2015年10月10日

友人としての交友期間が長かったり、または交際期間が長くなってくると、男女の間で温度差が多少なりとも出てくるものです。

特に男性の場合には、素直になれないあまりに、愛情の裏返しな行動が目立つようになってきます。

しかし決して女性を嫌っている訳でないこの愛情表現。

どういった愛情の裏返しな行動が多く見られるのでしょうか。

1.他人には愛想が良いのに、自分にはそっけない態度

出会って間もなかった時は、自分に対しても愛情を注いでくれているように感じていたはずでしょう。

また、最初の内はお互いのことを知らないために、男性も自分に気を遣って優しく接してくれたり、愛想が良いという印象をもっていたはずです。

しかし、お互いのことを徐々に知っていくと、男性の中で「ここまでなら許してくれる」という許容範囲のようなものが出来てきます。

他人であったら許されない行動でも、この人なら大丈夫という自信が出来たという証拠でもあります。

そのため、女性側から見ると、他人には愛想が良いのに、自分にだけ冷たく感じることもあります。

こうした行動は、女性のことを嫌っているのではなく、むしろ心の底から気を許している状態であって、その中には愛情がこもっているケースが多いのです。

親しい仲になったからこそ見せる姿で、その人の中で女性に対する壁がなくなったという状態。

不器用な男性だけに、素直に甘えたり感情をむき出しにするということが少なくなり、そっけない態度になってしまうこともあります。

女性に対して嫌な感情を持っている男性は、その女性と接することすらしなくなります。

自分自身に気を許していると前向きに捉え、またその中には愛情があることを、女性が察知してあげることで関係性が良好に保てるでしょう。


2.メールやLINEをしても返信が遅くなった時

単に女性のことを嫌った場合や、好きではなくなった時にもみられる行動ですが、違ったケースも存在します。

女性の多くは、恋愛に発展する上で「駆け引き」をする人が多く見られますが、同じく男性も駆け引きをすることがあります。

また、返信を遅くすることによって、より気をひこうと考えている男性も実際にいるのです。

やはり女性目線では、返信が遅くなってしまうと、その男性から嫌われてしまったのではないかとためらってしまうことがあるでしょう。

しかし、返信がくる間、少なからずその男性の事を頭で考えたり、携帯を気にしたりと、意識は男性のことだけに向くようになります。

恋愛上手な男性は、こうしたことを利用して、さらに女性の中で自分の存在を大きくしようとする人も見られるのです。

男性にとっては愛情を裏返したような行動ですが、それも男性の中での計算の内。

返信がくる喜びや楽しさを倍増させようとしていることが考えられるのです。

すべてのケースがこれに当てはまるとは言い切れませんが、遅くても返信が必ずくる、時に男性側からも連絡がくるといったケースの場合には、こうした愛情の裏返しが見られることがあります。

嫌われたとネガティブに考える必要はなく、それがその男性にとっての恋愛発展へのやり方だと認識することが大切です。


3.束縛も干渉もしてこない

好きな人や気になる人に対して、束縛したい、干渉したいと感じる人は結構多く見られるものですが、男性の中にはこうしたことを一切しない人もいます。

女性側からすると、束縛などを一切してこない人に対して「自分に興味がないのでは」「自分のことを好きではないのでは」と逆に心配になってしまう人も多いです。

しかし、男性の中で束縛したいなどと思っていても、実際には堪えたり、あえてしないといった人もいるのです。

愛情の裏返しというよりも、その女性に嫌われたくないという思いと、かっこつけたいという思いが入り混じっていることが多いです。

男性はやはり余裕ある人の方が、男気があると思われる傾向があり、男性の中でもこうしたイメージを持っている人が存在しています。

束縛や干渉をしてほしいと感じる女性の場合には、少し物足りなさを感じることもありますが、男性の中でも我慢している場合があるので、理解してあげることが必要です。

決して興味がないのではなく、興味があるからこそ出来ないといった裏返しの状態です。

恋愛に発展しても、こうした一面を隠そうとする男性もいるため、女性は少しでも安心させてあげられるような状態にすることが一番でしょう。

女性が自分に好意を抱いていると確信出来た瞬間から、こうした束縛・干渉をする男性も見られるのです。

愛情の裏返し表現を見抜こう

愛情とは、何もストレートに表現するだけではなく、隠れた愛情表現の仕方も存在します。

女性の中で、愛情表現が足りないと思っていても、男性の中では目一杯表現していることもあります。

愛情の表現方法は、人によって分かりずらいものもありますが、その中には照れや恥ずかしさといったものが隠れていることが多いのです。

まずは、その男性がどういったタイプの人なのかを観察し、それに見合った愛情表現がされている場合には、そのまま受け入れてあげることが大切です。