女性は「愛すより愛される方が幸せになれる」と言われる理由

最終更新日:2016年12月30日

女性は自分が愛す男性よりも、男性から愛される方が幸せになると言われています。

付き合ったり結婚をする上で、自分が好きになった人を優先したい気持ちを持っている人は、なぜ愛すよりも愛される方が幸せになれるのか、その理由を知っておくべきです。

愛される方が女性は幸せになれると言われているのはどうしてなのでしょうか。

1.愛されることで大切にされるから

自分が愛す男性に対しては、大抵の女性が気を遣ったり好きアピールをしたりと、追いかける恋愛になることが多いでしょう。

思いが強い方が追いかける形になり、相手を大切にしたい、相手に好かれたいと思う気持ちが大きくなります。

女性が愛す場合、常に女性は男性を追いかける形になり、時に自分が無理をしてしまうこともあるものです。

相手に好かれようと思って我慢することがあったり、相手と離れることがないようにと相手の理想を演じたり。

こうした無理した恋愛は自分にとって苦しくなる日が訪れ、恋愛に疲れが生じてしまう原因になります。

だからこそ、男性から愛される方が大切にされ、無理をしなくて済むということに繋がり、結果「幸せ」を感じることができます。

2.恋愛に心配や不安が少ないから

愛す恋愛を選ぶと「誰かに取られてしまうのではないか」「いつか気持ちが冷めて離れていってしまうのではないか」という心配や不安に駆られることが多いです。

自分の気持ちは大きいものの、相手の気持ちは自分以下の気持ち。

こうなってしまうとそこに温度差を感じ、心配や不安がつきない恋愛になってしまいます。

逆に愛される恋愛であれば、これが自分に向けられるものになります。

中には「ちょっと鬱陶しい」と感じる女性もいるかもしれませんが、そんな思いを持たれている状態で、自分が男性に対して不安な気持ちになるということはなくなるでしょう。

ありもしないことをクヨクヨ悩んだり、いつも不安な気持ちを抱えたままの恋愛は、好きな気持ち以上に不安が大きくなってしまいます。

こうなってしまうと、恋愛を楽しいと思えたり幸せを感じる余裕がなくなってしまい、自分にとってメリットがなくなってしまいます。

愛されることで自分の心にも余裕が出て、恋愛を楽しむことができる。

これによって「幸せ」と感じる女性は多いのです。

3.安らぎや安心を得られるから

付き合いが継続していくと、次第に一緒にいて「安心できる」「癒される」という関係に育っていきます。

これに至るには「自分が愛されている」と確信を持ててからです。

愛されていると感じることができなければ、必死で追いかけたり、相手に合わせたりと、相手のペースに付き合っている状態。

この状態ではいつになっても自分を出すことができず、また落ち着いた関係になることができません。

一緒にいて安心するという関係は、自分が満たされており、不安や不満がない関係になっていると言えます。

ここに辿りつくことで「居心地が良い」と感じたり「一生一緒にいたいな」という気持ちが芽生えてくるもの。

愛す恋愛は追いかけることによって刺激を得たりドキドキを感じたりと、恋愛らしいと言えば恋愛らしいのかもしれません。

ただ、一緒にいない時は不安でしかなかったり、寂しさを感じてばかりと、追い込まれてしまうことも多いのです。

これから先永遠に近い関係を築きたいのなら、リラックスできる関係、つまり刺激よりも安心感を持てる恋愛の方が、一緒にいない時まで幸せになれるのです。

4.わがままを言えるから

女性はわがままな生き物。

誕生日にサプライズしてほしいと思ったり、何よりも自分を優先してほしいと思ったりと、男性に求めることが意外と多いことでしょう。

これを叶えてくれる恋愛は、愛すよりも愛される恋愛。

愛される恋愛で男性が追いかけてくれる関係なら、男性だって「幸せにしたい」「叶えてあげたい」「喜んでもらいたい」という気持ちを持っています。

逆に愛す恋愛は、この思いを女性が持ってしまう為、尽くす恋愛に変わってしまいます。

尽くすことで自己満足の世界で幸せを感じられるかもしれませんが、自分が尽くされるということは経験できません。

愛されることで尽くしてもらいやすい環境になり、多少のわがままも受け入れてもらえるようになる。

自分の思い通りになりやすく、願ったことを叶えてもらえる機会が多くなる。

これによって満足できることが多くなり「幸せ」を実感することも多いと言えるのです。

愛されるより愛された方が幸せな理由を知ろう

女性の中には「愛されるよりも自分が愛したい」という恋愛観を持つ人もいるでしょう。

ただこうした人は、都合のいい女になってしまうことや、相手の気持ち次第で捨てられてしまう可能性も高くなるもの。

都合のいい女、捨てられることで喜ぶ女性はまずいないでしょう。

こうしたリスクを減らし、幸せを感じる瞬間が多く訪れるのが、愛される恋愛です。

愛される恋愛の方が、充実感を味わえて安心感も得られる。

こうした理由から、愛すよりも愛される方が女性は幸せだと言われているのでしょう。