彼氏へ徐々に結婚を意識してもらう方法

最終更新日:2016年8月4日

彼氏との交際期間が長くなると、女性はやはり結婚という2文字を強く意識することでしょう。

しかし周囲からはしきりに「いつ結婚するの?」なんて言われたりするのに一切そんな素振りを見せてくれない彼氏に、途方に暮れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな彼氏に結婚を意識してもらうための方法をご紹介します。

1.親や友人に働きかけてもらう

結婚について意外と強い味方となってくれるのが、親や友人です。

共通の友人が居れば「冗談っぽくでもいいから彼にいつ結婚するのってあなたから聞いてみてよ」とお願いするのもありです。

友人から問われれば、彼氏も答えずに誤魔化し通すというのも難しいはず、そこから彼氏の本音を引き出すこともできるかもしれません。

また、彼氏に「うちの両親は会うたびにいつ結婚するのって聞いてくるのだけれど、あなたの両親はどう?」などとそれとなく尋ねてみてください。

彼氏と親との関係にもよりますが、交際期間が長ければ彼氏も一度くらいは自分の親から「彼女さんとはどうするつもりなの?」と言われているはず。

あなたと彼氏とが長い間付き合っていることに関して、自分自身の親はもちろん、意外と彼の親も友人たちも心配してくれているものです。

一人で悩まず、たまには周囲に頼ってみるのもひとつの手ですよ。


2.友人の結婚式の感想を聞く、写真などを見ながら話してみる

ある程度の年齢になると周囲の友人たちが結婚をし、結婚式に招かれる機会も増えてくることでしょう。

そんなときは、彼氏にあなたが友人の結婚式に行って撮った写真を見せながらあれこれと話しをふってみましょう。

また、彼氏が自分の友人の結婚式に行ったときどんな感想を思ったか話を聞いてみたり、どんな写真を撮ったか見せて貰ったりしてみましょう。

友人の結婚式について2人で話すことによって「結婚式って思ったより良いものだね」「俺は結婚式こうしたいと思っている」なんて意外な彼氏の本音を聞けたりするかもしれません。

それができれば一歩前進です。

「私はこんなドレスを着たい、こういうことをしたい」と女性であれば色々自分の結婚式に対して理想や計画はあるでしょう。

ですが自分の思いだけを押し付けるのではなく、彼氏自身の実体験から具体的に結婚式のイメージさせることによって、結婚を意識してもらうきっかけを作ることができるかもしれません。


3.期限をしっかりと区切った同棲の提案をしてみる

どうしても煮え切らない彼氏については、思い切って期限を区切った同棲を提案してみましょう。

同棲することによって「一緒に住むって良いな」と彼氏が結婚に対して前向きになってくれる可能性があります。

ただし同棲するのであれば必ず家事は分担する、金銭的な面はこう分担する、期間は2年と決めてその間に必ず結婚するかしないか決断する、とルールを必ず作ってから決行するようにしましょう。

彼氏可愛さのあまり身の回りのことを何でもかんでもやってあげ過ぎると彼氏を勘違いさせてしまい、いざ結婚かというときに「同棲も結婚も変わらないから、同棲のままで良いじゃない」ということになりかねません。

もちろん大好きな彼氏だからこそ結婚も考えるし、同棲もするのですがある程度線引きはしっかりして、彼氏が甘えて来たとしても「まだ私たちは結婚をしていないんだから、それはやってあげられないよ」という毅然とした態度をとるように心掛けましょう。


4.ストレートに自分の意見を伝える

女性からすると、いつか子どもが欲しいのであれば年齢的なことも結婚したい時期に大きく関わってきますよね。

結婚後も仕事をし、キャリアを積んでいきたいと考えているならまた猶更です。

ですが、この子供の問題や女性のキャリアについて男性側は実際のところいまいち考えが及んでいなかったりします。

男性はそもそも妊娠出産ができないので仕方のないことかもしれませんが「昨今これだけメディアで取り上げられているのだから男性だってこれくらい知っているはず」という勝手な思い込みは要注意です。

今の彼氏に結婚を意識してもらいたいなら「私はあなたと結婚したいと思っている」「私は子供が○人欲しいからいつまでに結婚したいと思っている」「結婚後仕事はこうしていきたいと思っている」などはっきりと自分の意見を言っておくことも重要です。

時には待つことも重要ですが、はっきりと言葉にしないと相手に伝わらないこともたくさんありますよ。

焦らせ過ぎも考えもの。でも彼氏には自分の考えもきちんと伝えておこう

結婚は、自分にとっても彼氏にとっても大きな決断です。

できれば彼氏から切り出して欲しい、と思っている方もあまりに彼氏が煮え切らない態度であるならば、後悔しないためにもはっきりと自分の意見を伝えておくことが大事です。

長く付き合っているといっても、男性と女性ではどうしても意見や考えに相違があるもの。

結婚を考えている彼氏とは、日ごろから大切なことはしっかりと向き合って話し合えるようにしておきましょう。