結婚する前に相手に聞いておくべきこととは。結婚前の確認事項を知ろう

恋愛 結婚最終更新日:2018年4月28日

結婚してから後悔したくない人は、必ず以下の情報をパートナーに確認しておくことをオススメします。

結婚は人生を共にするということです。

相手に考えを合わせてもらうことも必要であれば、相手の考えに合わせることも必要となってくるでしょう。

もしそれが出来ない相手であれば、結婚を考え直さなくてはいけなくなるはずです。

1.子どもが欲しいか、欲しくないか

授かりものとは言え、子どもをつくるかつくらないかの意思を確認しておくことは重要です。

特に女性にとっては年齢によるタイムリミットもあるため、結婚してからゆっくり話し合っていく時間が無いという人もいるでしょう。

また、子どもをつくりたくない人は経済的理由や子どもが苦手な理由など多かれ少なかれ理由があるはずです。

理由も踏まえて結婚前に話し合っておくことで、結婚後セックスレスになった時なども悩みの種がひとつ減るでしょう。

2.両親との同居するのかどうか

結婚後に意見が割れやすいことが、両親との同居についてです。

どちらかの実家に入る予定はあるのか、結婚後数年してマイホームを建てるとなった際に二世帯住宅にするのかなども結婚前に話し合っておきましょう。

誰と住むのかで、一番リラックスしたい場所が一番リラックスできない場所になってしまう可能性もあります。

そんなこと聞いていないと後で嘆いても、聞かれなかったからと言われてしまえば終わりです。

3.両親の介護について

双方の両親が健康な状態であっても、早かれ遅かれ介護を必要とする時期はくるのです。

その場合、男性には経済的な面で負担がのしかかってきますし、女性も仕事を離れる選択を余儀無くされる可能性もあるでしょう。

兄弟の誰が親の面倒を見るのかなどは、結婚前にきちんと話し合っておくことで、嫁にいくのか婿に入るのかも決めやすくなるはずです。

また両親が遠方に住んでいる場合、介護の時に引っ越すつもりなのか、それとも通うつもりなのかも聞いておきましょう。

4.借金の有無

結婚してから発覚する隠し事として多いのが「借金の存在」です。

当の本人は借金をしていない場合でも、親が借金を抱えていたり、結婚相手が誰かの連帯保証人になっている場合は2人の将来を大きく左右する可能性があります。

また、借金と一言で言っても「奨学金」なども含むので返済期間や額なども詳しく確認しておきましょう。

結婚する時は、お金のトラブルなどは全て解決した上で入籍するのが一番です。

5.共働きを望むのか、専業主婦、専業主夫を望むのか

「夫婦共働き」が当たり前となってきている現代ですが、今でも「女性は家庭を守ることだけに集中すべき」と考える人もいるのが現状です。

もし相手が共働きを望んだとしても、義母が専業主婦が当たり前だと思っている家庭も多いようなので事前に義両親にも結婚後の働き方については了承を取っておいてもらうことが大切です。

また、夫婦揃ってハードワークな仕事をしている場合子どもが出来た時にどちらが育休を取るのかも事前に話し合っておいた方がいいでしょう。

6.自分に直して欲しいところはあるか

結婚をすると、衣食住を共にすることとなります。

どんなに愛し合っていたとしても、それぞれ違う家庭で生れ育った「他人」であることを忘れてはいけません。

自分の常識と、相手の常識は決して全てが交わることはないのです。

そのため、自分に直して欲しいところ、そして相手に直して欲しいところを予め確認しておきましょう。

もしそれが理解できないような内容なら、一緒に暮らしていくことは難しいはずです。

7.家計の管理はどちらがするのか

どちらが家計の管理をするのかは事前に話し合っておきましょう。

財布の紐をどちらかが握るのか、それとも財布は全くの別にするのかで公共料金の引き落とし口座や家の名義なども変わってくるでしょう。

姓が変わった方は、入籍後は多くの名前変更書類と向き合うことになります。

無駄な口座の手続きを省くためにも早めに決めておきましょう。

8.好きな食べ物、嫌いな食べ物

お付き合いをしている段階で把握しているつもりでも、相手の好き嫌いの全ては把握できていないことも多いです。

また、嫌いな食べ物だけでなく食物アレルギーなども確認しておかなければ万が一の事態にもなりかねません。

生きていく以上離れることができない「食」を共にしていく上で、把握しておいた方がいいでしょう。

大事なことは結婚前に確認をしておこう

結婚後にトラブルになることが多いのは「義両親関係」であると言われています。

結婚前に、相手が断言できないようなことや義両親が関わることは必ず事前に家族間で相談し結論を出しておいてもらいましょう。

特に男性の場合、結婚前を逃すと結婚後は嫁姑問題に口を出すことから逃げる人の方が圧倒的に多いです。

「確認して、きちんとした回答を得ることが出来るまで結婚しない」という姿勢を結婚前に貫くことがとても重要なのかもしれません。

 

    「結婚する前に相手に聞いておくべきこととは。結婚前の確認事項を知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。