気配り上手な人になる方法まとめ。低姿勢で物事の先を読もう

最終更新日:2016年5月1日

女性であれば、やはり気配り上手でいたいもの。

気配りが出来る女性は男性女性共に、人気が高く嫌われることが少ない傾向にあります。

そんな気配り上手な女性になる為には、どんなポイントがあるのでしょうか。

ポイントを実践、身につけることで、あなたも気配り上手な人と思われたいと思いませんか?

1.物事に対して先を読む

気配り出来るということは、先の出来事を予測しているからこそ出来るものです。

この先に何が起こるのか、何が必要となるのかを予め察知することで、自分が物事をスムーズに運ぶ役目になります。

何事に対しても、スムーズになるよう先を読んで行動するというのは、気配りが出来る人がいるからこそ。

その時その時の出来事だけに目を向けるだけでは、気配りが出来る人にはなれないのです。

常に先を見据えて行動する、事前に自分が準備を済ませておく等といったように、周りが意識しない所に目を向けることが大切です。

ただし、先のことばかり意識してしまうと、今というものがおろそかになってしまうことも考えれます。

ある程度の経験や体験が必要となりますが、今をこなしながら、先を見越すという力が必要となることでしょう。

物事に対して、先を読む女性はとても気配り上手だと思われます。


2.常に低姿勢を保つことも大切

気配りが出来る人が、あたかも自分がすべてやっていますという表現や発言をしてしまうと、せっかく気配りが出来ている行動でもかえってマイナスになってしまうこともあります。

気配りが上手にできる女性に多く見られる共通点は、低姿勢であったり気を遣うタイプの人です。

周りの事を常に意識しているからこそ、こうした姿勢が見られるのです。

あまりガツガツした印象を受けると、気配りというよりも自己主張をしているだけと誤解されることも。

低姿勢すぎにならなくても良いですが、自分を主張しすぎないよう心がけて、さりげなく行動している姿が、気配り上手な人の共通点でもあります。

さりげなく行動に移す姿を、ふと周りが見た瞬間に、この人は気配りが出来ていると感じ、また主張していないことから上手な人と捉えられるのです。

計算しすぎた行動は逆に見抜かれてしまい、ただ自分の利益を考えて行動している人でしかなく見えてしまうものです。

気配りをすることを自然に出来るようになると、自然と低姿勢でいることが多くなります。

3.周囲の状況に合わせて行動出来る

気配りが出来る人の中に多く見られるのは、その場の空気や状況を読み取り、乱すことが少ないという点です。

気配りが出来るからこそ、こう動いたら場の雰囲気が悪くなる、こうしたら状況が一変してしまうという考えを持っているのです。

自分の意見を言いたい時に言ったり、思ってることを素直に口に出してしまうことは、特に社会生活ではあまり良い点ではありません。

むしろ、その場の空気を読むというのは、とても重要なポイントです。

周囲の状況が今どうなっているのかをきちんと整理出来ていて、今やるべきこと言うべきことを正確に判断することが出来る人も、気配り上手な人と言えるでしょう。

空気が読めない人、その状況を覆してしまう人、こうした人は周りの状況を正しく判断出来ていない人という認識をされてしまうこともあります。

周囲の状況をきちんと把握して行動出来る人が、気配り上手な人の基盤となっているのかもしれません。


4.自分から率先して動ける人

気配り上手な人は、人に物を頼んだり気付かれる前に、自ら行動し問題等を解決しようとします。

人に頼むことに気が引けているわけではなく、気付いた自分がやればいいという感覚を持っているからです。

結果的に、なんでも自分から率先しているように見えて、周りが気付いた時にはすでに片付いているという事も多々あります。

例えば何かしらの係を決める時、誰も手をあげない場面で率先して手をあげる人が見られます。

中には目立ちたい、自分がやりたいという人も見受けられますが、大抵は自分がやることで解決したい、周りの人が困っているならば自分がやるといった意識を持っていることが多いです。

嫌な事を自ら引き受けたり、人がやらない事を率先して行動する姿には、気配り上手な所が伺えます。

本当はその人自身もやりたくないと思っているかもしれない状況で、自分がやることで問題が解決出来るならと多少無理をしていることもあります。

周りの人はそんな気配り上手な人をさらに気配り出来るよう、フォローすることも大事でしょう。

気配り上手になろう

気配り上手な人は、周りからの信頼性も高く、友人などの交流関係も多いです。

それは周りに常に気を遣っていたり、自分から率先して行動してあげることで人を助けていることにも繋がっているからです。

こうした行動は、自身にとってはとても大変で疲労がたまるものでもありますが、結果人がついてくることも多いのです。

人から印象が良く、また嫌われることが少ないこうした気配り上手な人になることは、決してマイナスになることはありません。
参照:気配り上手な人の見習いたい特徴4個