ほしいものを手に入れると飽きる人の心理とは

最終更新日:2017年1月20日

欲しい物を必死になって手に入れようと頑張るのに、自分の物になった途端に飽きてしまうこともありますよね。

手に入れるまでの必死さがまるでウソのように、手に入れた途端に興味が無くなったかのようになってしまう人もいます。

そこで手に入れると飽きる人の心理についてご紹介します。

1.手に入れるまでの過程が楽しい

欲しい物があると自分の物にしようとするので、必死になって手に入れようと頑張ります。

どうやって手に入れるか、どうすれば手に入れられるかなど、自分で試行錯誤をしながら手に入れようと必死で頑張ります。

目標に向かって試行錯誤する過程が楽しく、辛いことや苦しいいことを乗り越えることで、目標を達成した時の喜びも大きくなるものです。

しかし手に入れることが目的なので、手にしたらそこで終わりになってしまいます。

男性の目的が狙った女性を手に入れることなら、付き合うことが目的がゴールになってしまいます。

本来なら付き合うことから2人の関係がスタートするのに、付き合うことを目標とすることで、付き合えたことに満足してしまいます。

結局は付き合う過程が楽しいと思ってしまうと付き合ったことで目的が達成されるので、付き合いがスタートすると飽きてしまいます。

2.燃え尽き症候群になってしまった

自分が欲しい物を手に入れるまでに、必死で努力を繰り返すほど、手に入れた後の満足感と共に喪失感を味わうようになります。

男性は好きな女性を手に入れるために、必死でアピールをします。

手に入れるためなら自分の全てを犠牲にしてもいいと思っているので、それほど本気になって女性を手に入れようと頑張ります。

頑張りが功を奏して見事女性と付き合ってしまうと、今まで付き合うために努力した時間は、どうすればいいか戸惑ってしまいます。

欲しい物を必死で手に入れようと頑張るほど、手に入れた後は目標を失ってしまいがちです。

女性と付き合うことを目標にしてしまうと、目標を達成したことによって、燃え尽き症候群となってだんだんと飽きてしまいます。

本来は付き合ってからが本当のスタートなのに、手に入れることを目標としていると燃え尽き症候群となってしまいます。

3.他に興味があるものができた

手に入れてしまうと飽きる人の心理としては、手に入れていないからこそ興味があると言えます。

手に入れる前にはどんなものなのか、興味津々なのでどうしても手に入れたいという欲求が大きくなっていきます。

女性に対しても自分の手に入れられないからこそ興味があるので、どうすれば手に入れられるのかを必死で考えますし努力もします。

そして女性と付き合うことができて手に入れられると、今度は同じように手に入れていない物に興味が行ってしまいます。

せっかく興味のある女性と付き合うことができたとしても、他の女性に興味を持ってしまうので、すぐに飽きてしまいます。

自分が手に入れていないからこそ興味があるので、手にしてしまうと興味が薄れてしまうので飽きてしまいます。

4.刺激に慣れてしまった

女性と付き合う前と比べて、付き合った後は刺激的な毎日が待っています。

何をしても今までの生活とは一変するので、前の生活と比べれば全てが刺激的と言えるでしょう。

人は刺激があると興奮状態になりますが、刺激がある状態が続くとだんだんとその刺激に慣れてしまいます。

環境に適応する能力があるので、女性との刺激的な毎日がいつの間にか、当たり前の毎日に変わっていきます。

付き合いが長くなると初めの頃のドキドキ感も無くなり、マンネリした状態へと変わっていきます。

手に入れることによってだんだんとマンネリ化していくことで、徐々に飽きていってしまいます。

5.他と比べてしまって魅力が無くなった

自分が手に入れていない物は、どんな魅力があるのだろうと知りたくなります。

魅力を知らないからこそ興味を持てるので、手に入れてしまっては魅力も徐々に失われてしまいます。

彼女と付き合う前には知らないことが多いので、魅力的な女性だと自分で勝手に想像しています。

付き合った後は徐々に女性のことを知ることができるので、女性に対しての魅力が少しずつ失われてしまいます。

知らないからこそ魅力的に映るものなので、全てを知ってしまえば当初の魅力や興味も無くなっていくのは、自然なことと言えるでしょう。

そのため他の人と比べることで、他の人に魅力を感じるようになります。

他の人と比べた時に魅力的だと感じてしまうと、全てを知った彼女に対しては興味が薄れているので飽きてしまいます。

手に入れると飽きる人の気持ちを知ろう

手に入れてしまうと飽きる人の心理としては、手に入れていないからこそ魅力を感じていることが多いです。

自分が知らないからこそ興味があって魅力的なので、手にしてしまうと徐々に魅力が失われてしまい、だんだんと飽きてしまいます。

手にしてしまえば次の興味があるものに目が向いてしまうので、手にすると徐々に興味が薄れて飽きてしまうのですね。