あくびを止める方法6つ

日々の生活最終更新日:2015年9月23日

眠くてあくびが出てしまう、眠くないのにあくびが止まらないなど、あくびが出る原因はさまざまです。

仕事中やデート中にあくびをしていると、周りの人に嫌な思いをさせかねません。

そこで今回はあくびを止める方法をご紹介します。

1.事前にしっかり睡眠を取る

睡眠不足な時や疲れている時にあくびは出てしまいます。

あくびが止まらない、という経験したことがある人も多いでしょう。

その場合、あくびを止めるために効果的なのは、睡眠です。

まず大切なのは睡眠時間を確保することです。

最低でも7~8時間は眠るように努力しましょう。

週末だけでなく、平日もできる限り睡眠時間を確保しましょう。

普段、睡眠時間はある程度取れている人も、睡眠の質が悪いと、睡眠不足になり、あくびは出てしまいます。

質の良い睡眠を取るためには、眠る前に携帯やパソコンの画面を見すぎないようにしたり、ハーブティーでリラックスしてから寝たり、身体を少しずつ休めていくと、寝つきが良くなり、途中で目が覚めることも減ります。

睡眠をしっかり取り、日中のあくびを防ぎましょう。

2.リラックスする

極度に緊張していたり、ストレスを感じていたりすると、睡眠が足りていてもあくびは出てしまうことがあるのです。

仕事中やプレゼンの時に、どうしてもあくびが我慢できなくて、してしまった、という人もいるはずです。

大事なときに、あくびが出てしまう時は、一度心も体もリラックスさせる必要があるのです。

リラックスするためには、ストレッチを軽くしたり、ハーブティーを飲んだりしましょう。

仕事中でも、軽く身体を動かし、水分補給をしっかりしてみましょう。

他にもできるのであれば、窓を開け新鮮な空気を吸いながら、深呼吸をするようにします。

深呼吸をすると、酸素がしっかり体に入り、リラックスできます。

あくびを止め、大事な仕事や会議、プレゼンもしっかり乗り切りましょう。

3.ブドウ糖を摂取する

脳が酸欠状態になってしまうと、あくびが出てしまいます。

脳の酸欠状態は、血流が悪くなると起こってしまいます。

脳に酸素を与え、エネルギーを脳に与えるためには、ブドウ糖を摂取しましょう。

ブドウ糖は、血糖値を上げてくれるのです。

ブドウ糖を、水に溶かし飲んだり、ブドウ糖が含まれている飴を舐めたりしましょう。

そうすることで、すぐにブドウ糖があくびを防いでくれる効果が出ます。

他にもハチミツにもブドウ糖が含まれています。

ハチミツを食べ、血糖値を上げましょう。

あくびが出やすい人は、つねにブドウ糖を持ち歩き、どこでもすぐに摂取できるようにしましょう。

そうすれば、あくびが止まらず恥をかくこともありません。

4.カフェインを取る

疲れていて眠い時や、お腹いっぱい食事をした後など、あくびが止まらない人もいるでしょう。

そんな人は、カフェインを取るようにしましょう。

カフェインはコーヒー以外にも、紅茶や緑茶などにもたっぷり含まれています。

カフェインは、頭を覚醒させてくれるので、目が覚めたり、頭がすっきりしたりして、あくびが止まるのです。

食後にエスプレッソを飲んだり、仕事中に紅茶を飲んだり、カフェインを取りましょう。

ただ摂りすぎると、夜になっても眠れなくなってしまうことがあるので、カフェインの摂り過ぎや、時間帯には気をつけましょう。

またコーヒーや紅茶に砂糖を入れすぎると、糖分の摂り過ぎになってしまうので、注意しましょう。

5.温度調節をする

部屋の温度が高かったり、空気がこもっていたりすると、あくびが出てしまいます。

あくびが止まらないと、その後頭痛に悩まされたり、気分が悪くなったりしてしまうこともあるのです。

あくびと言っても侮ってはいけません。

そのため温度調節や、空気の入れ替えはしっかりするようにしましょう。

温度は、冬は部屋を暖め過ぎないようにしましょう。

設定温度は低めにしましょう。

会社や公共の場で、温度調節をするのは難しいかもしれません。

その場合は、一枚ジャケットを脱いだり、薄着をしたりして調節をしましょう。

また外に出て、冷たい空気に触れると、身体の温度が一旦下がり、あくびがとまるはずです。

6.気分転換をする

人は、あまりにも退屈しているとあくびが出てしまいます。

長い話に会議中あくびが出てしまったり、単調な仕事中にあくびをしてしまったり、そんな経験は誰にでもあるはずです。

そんなときは、気分転換をするとあくびが止まります。

会議中であれば、積極的に意見を出すなど、積極的に内容に関わることで、気分が変わります。

仕事中は、別の作業を少しやることで、気分転換になり、また単調な作業に戻っても、あくびが出なくなるはずです。

可能であれば、こまめに休憩を取って、退屈をしないようにしましょう。

飲物を飲んだり、少し歩いたりすると効果的です。

あくびを止めよう

あくびを止める方法は、意外にたくさんあります。

疲れているときは、眠ったりカフェインを取ったりしましょう。

他にも温度を上手く調節したり、気分転換をしたりすることも効果的です。

脳が酸欠になってしまったときは、血糖値を上げる努力が必要です。

あくびを止め、快適に楽しい毎日を過ごしましょう。

 

    「あくびを止める方法6つ」への感想コメント一覧

  1. 1. まき2018/05/09(水) 13:32

    季節の変わり目など、気温や湿度も様々で、
    なかなか良い生活のリズムが作れない時期にとても疲れを覚えます。
    そんな時、私は、あくびがたくさん出るように感じます。
    ブドウ糖を摂取すると効果的とのことなので、さっそく試してみます。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/10(木) 23:51

    あくびを人前ですることは失礼にあたると思い、いつも何とか我慢して過ごしていますが、あくびを止める方法を少し工夫してみようと思います。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/05/15(火) 17:41

    脳の酸欠でもあくびが出るんですね。欠伸出ると、涙目になったりと誤魔化しきれないですよね。しっかり備えないといけないなと思いました。

  4. 4. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 14:52

    確かに緊張したり気が張り詰めている時に限って止まらないという事があります。誤魔化すのに苦労していたので深呼吸やハーブティー取り入れてみます。

  5. 5. junjun2018/06/11(月) 17:40

    止められないあくびってありますよね。口を開けずにやっても、涙目になってバレるようなシーンが。。。脳の酸欠状態であくびが出てしまうというのは初めて知りました。少し試してみたいと思います。

  6. 6. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 17:53

    血流が悪くなり、脳が酸欠状態になり、あくびが出る、という仕組みは、初めて知りました。運動をしているときに、あくびが出ないのは、血流が良くなっているからなのですね。こまめに席を立って、少し歩くといいかもしれませんね。