焦ってしまった時に落ち着く方法5つ

最終更新日:2017年2月27日

物事がうまくいかない時や、大事な場面で人は焦りやすいです。

焦ってしまうと物事が上手くいかず、余計に焦ってしまう事態に陥って繰り返してしまいます。

焦ってしまった時に落ち着く方法をご紹介します。

1.やらなければいけないことを紙に書きだす

一日の終わりにやらなければいけないことをメモに書きだしましょう。

休憩時間にメモを取ることも良いです。

やらなければいけない時間帯を書いたり、優先順位をつけると落ち着きます。

メモに書きだしてみて出来なさそうなことなら、会社や友達に伝えると良いでしょう。

全て抱えようとすると失敗します。

誰かに話を聞いてもらって、焦りを落ち着かせる方法もありでしょう。

その場合は一人暮らしになった時は少し大変です。

人に頼っていると、話を流されたりイライラしてしまいます。

スマートフォンにメモをするよりも、手で文字を書いた方が落ち着きます。

スマートフォンでメモを取っていると、連絡が来たら余計に焦ります。

寝る前だと目も疲れて、良い睡眠がとれません。

メモにやらなければいけないことを書きだすだけでも、その場の焦りは減って眠りやすいです。

寝れないことも失敗に繋がり、物忘れに繋がり焦りに繋がります。

2.一度、仮眠や睡眠をとる

仕事に締め切りがあり焦る人も多いです。

時間に余裕がなくて、焦っている人も多いです。

他人から見たらイライラして見えるので印象も悪く、接客や営業が上手くいきません。

焦ると言葉もきつくなり、家庭内でも嫌な空気を作ります。

焦っている時は一度、寝ることをオススメします。

寝てしまったら仕事をする時間がないのではと、思う人も多いです。

寝た方が体力も回復して、仕事も家事も進みます。

寝た時間以上に仕事を進めることも出来ます。

寝ていないと、入力ミスや打ち込む時間も遅くなります。

寝ずに作業をすると、精神的にも身体的にも疲労がたまります。

寝ることは焦りから少しでも忘れる時間になり、とても大切です。

フリーランスの場合は休日を作って寝ることは、とても大切です。

休みの日はパソコンを触らないことや、美味しいものを食べにいくなど仕事を考えないような環境を作りましょう。

3.事前準備をしっかりして本番は気合をいれない

発表やスピーチは慣れていないと、焦りの原因になります。

他にしなければいけないことがあっても焦ってしまい、眠れなくなったり物事が進みません。

焦る前に事前準備をしっかりしましょう。

会社にいくときも忘れ物が多い人は、前日に準備しておくと焦りません。

焦って出勤するよりも、事前準備をしていた方が出勤前もゆっくりでき良質な睡眠もとれます。

スピーチや発表の時は事前にしっかり、調べて書類にまとめて内容を頭に叩き込みましょう。

苦手な人は要点だけ覚えましょう。

本番は緊張して焦ります。

焦った時は思い出そうとせずに、アドリブで始めたらよいです。

アドリブで始めると、要点が出てきたときに話さなければいけない内容を思い出せます。

思い出したいと思うと、頭の中が思い出したいでいっぱいになります。

事前準備をしていたら頭が空っぽでも、上手いこと話しやすく少しは焦りが減ります。

4.話のネタになるものを持っておく

知らない人と話したり、異性と話すと焦る人が多いです。

焦ってしまい悪いことを言ってしまうと、余計に焦ってしまいます。

焦る人は相手が和ませるために、落ち着いてといっても焦る人が多いです。

話術に頼るから焦ります。

最初から話すことは下手と思っていると少しは焦らないです。

名刺なら変わった名刺を持っておくと、話題が増えて焦りが和らぎます。

裏に趣味なども書いてあると話すことが増えます。

人と会う時は流行りのカバンや靴を履いたり、変わったグッズをスマホにつけると時間稼ぎも出来ます。

相手の好みを知っていると、相手の好きなものを持っていったり身につけておくことも焦りから遠ざかります。

意外と地元のお土産など持っていくと好感度も上がり、地元話が出来て緊張も減ります。

5.頭を無にして観察する

なかなか焦っている時には難しい行動ですが、頭を無にすることは大事です。

緊張している時は相手の服や名刺を見て、相手に質問を投げかけると失敗は少ないです。

良いと思ったものは褒めて、どこに同じ服が売っているのかなど相手の機嫌もあげると焦りも減ります。

相手が機嫌をよくしたら、相手から話をしてくれることが多いです。

お店に入るときも雰囲気のいいカフェに入っても良いでしょう。

心が落ち着きます。

うるさいところに入ると、うるさいことが話題になり焦りも減ります。

周囲の状況を観察して相手と話すと良いでしょう。

天気の話も良いのですが、すぐに終わることも多いのでなるべく相手の話が良いです。

自分の話ばかりすると、後で話すことが減ります。

人前に出るときは、周囲はじゃがいもと思ったり楽しむことが一番と思ったり、焦りから考え方を変えましょう。

皆自分の顔をみているわけじゃない、メインは自分じゃないなど思い込みも落ち着きます。

焦ってしまっても落ち着こう

焦ってしまった時の落ち着く方法をご紹介しました。

急に焦った時と時間はあっても焦った時の、落ち着く方法を書きました。

自分一人で全てを、抱え込むことは止めましょう。

自分の話術や見た目だけが全てではありません。

足りない部分はグッズをもったり、メモにまとめたり一人で抱えないと上手くいきます。