足がだるい時の解消法6つ。足のだるさをなくそう

最終更新日:2015年9月28日

足にだるさがあると何をするのも苦痛ですよね。

足のだるさを取らないと、次の日もだるさで仕事に影響が出たり、気分が乗らなかったりしてしまいます。

足のだるさを解消し、毎日快適に過ごしましょう。

1.入浴する

足のだるさを取るために最適なのは、入浴です。

普段、疲れていて次の日に入浴をすればいいや、と思っている人や、シャワーで済ませている人は、足のだるさが出たらすぐに入浴するようにしましょう。

入浴すると身体が芯から温まり、血行が良くなります。

血の循環が良くなると、足のだるさも消えていきます。

入浴するときには、39度から41度ぐらいの温度設定にし、お湯を貯め、15~30分ほど入浴しましょう。

それ以上の時間入浴できる時には、半身浴もオススメです。

入浴を習慣にすることで、足のだるさが取れます。

足のコリやむくみが取れるはずです。

1日の疲れは、入浴で取り、翌日も元気に過ごせるようにしましょう。


2.セルフマッサージをする

足のだるさを取るためには、セルフマッサージも効果的です。

セルフマッサージをするときにはできるだけ、足を清潔にし、足を適度に温めてから行うと良いでしょう。

そのため、入浴後にセルフマッサージをしたり、湯たんぽなどで足を温めたりしてからマッサージを始めましょう。

足をマッサージするときは、くるぶしから、ふくらはぎを通って、膝の裏までを摩ったり、指でギュッと押したりしましょう。

膝の裏までがほぐれたら、次は膝から足の付け根までをマッサージしましょう。

マッサージをするときは、さらに効果を上げるためにオイルやクリームをつけるのもオススメです。

足のマッサージをしっかりすれば、足のだるさが解消できるはずです。


3.足を冷やさないようにする

末端冷え性など足が冷えやすい場合、それが原因で足のだるさが取れないことがあります。

足のだるさがある時は、足を冷やさないようにしましょう。

例えば、家の中では素足でなく、必ず靴下を履くようにしましょう。

また足先だけでなく、足全体が温かい状態を保つようにするために重ね着をしましょう。

それでも足が冷えているように感じる場合は、湯たんぽを使ったり、ひざ掛けをしたりして過ごしましょう。

足を冷やさないようにするだけで、足のだるさが取れることもあります。

また足を温めることを習慣にすれば、足がだるくなりにくくなります。


4.ゆっくり散歩する

普段、何時間も座って作業をしていたり、運動不足になっていたりすると足がだるくなります。

足が同じ姿勢を続けたために、こってしまっているのです。

そのため、足を動かすことで、だるさが取れるのです。

足全体を動かすためには、ゆっくり散歩をしましょう。

だいたい30分ほど歩くと良いでしょう。

歩くときは、足にこれ以上負担をかけない履きやすい靴を選びましょう。

歩くときは運動靴がオススメです。

また足以外にもしっかり腕を振って歩くようにしましょう。

ペースはゆっくりでも効果があるでしょう。

だるさを解消するために、散歩を習慣にすると、良いでしょう。

自分のお気に入りのコースを見つけ楽しんで散歩をしましょう。


5.足を高くして眠る

足がだるいけれど、すぐに寝てしまいたいことだってあるでしょう。

またしっかり眠っても、足のだるさだけは消えていない、そんな経験を持つ人だっているはずです。

そんなときには、足を高くして就寝すると足のだるさが解消されます。

バスタオルや毛布を5~10cmほどの高さに畳み、足先からふくらはぎ辺りに敷きましょう。

高さが高すぎると、腰に負担がかかってしまうので、気をつけましょう。

足を高くして就寝することで、血の循環がわるくなってしまうのを防ぎ、翌日起きた時にむくみとだるさのない、すっきりした足になっているはずです。


6.ストレッチをする

足のだるさは、ストレッチをするだけで解消できることがあります。

家でストレッチをするだけでなく、会社など外出先でもストレッチをしてみましょう。

立ってでもできるストレッチは、足のかかと部分をグッと持ち上げ、つま先立ちの状態を繰り返し保つことです。

靴を履いたままでもでき、ふくらはぎを伸ばすことができます。

他にも足首を回したり、アキレス筋を伸ばしたり、少しスペースがあればストレッチはどこでも可能です。

同じ姿勢での仕事中には1時間に1回は足を軽くストレッチさせたり、たくさん歩いた後には、30分間しっかりとストレッチをしたり、足を気遣ってあげましょう。

足のだるさが消え、すっきりした足になるはずです。

足のだるさを解消しよう

足がだるくなってしまった時の解消法はいろいろあります。

基本は、足を温め、適度に動かし、血の循環を良くしましょう。

そうするだけで足のだるさが取れていきます。

足をまったく動かさないのも動かし過ぎもだるさの原因になります。

日常的に起こる足のだるさを上手く対処して、快適に過ごすようにしましょう。

もっと毎日が楽しくなるはずです。