頭の中をクリアにする方法5つ

最終更新日:2016年5月8日

頭が重かったり、モヤモヤして仕事や家事がはかどらない時、頭の中を一度リセットしてクリアにしたくなるものです。

頭の中をクリアにするには、どのような方法があるでしょうか。

1.酸素を取り込む

長時間のデスクワークで前かがみになっていると、姿勢が悪くなって呼吸が浅くなりがちです。

また、眼精疲労や肩こりで、頭も重くなりがち。

これも呼吸が浅くなったことにより、血流が悪くなっているためです。

一度席を立って、深呼吸をするなどして、酸素を思いきり体の中に取り込んでみましょう。

深呼吸を繰り返すことで血中の酸素濃度が濃くなり、頭がクリアになってきます。

また、缶入りのスポーツ用の酸素を吸ってみるのも効果があります。

酸素バーが近隣にあるようでしたら、そういうところで酸素を取り込むのも一つの方法です。

酸素を取り込むと、眼精疲労にも効果があり、目のかすみなども改善されます。

今では、企業によっては、作業効率を良くするために、休憩室に酸素バーのような設備を持っているところもあるそうです。


2.適度な睡眠をしっかりとる

寝不足や寝すぎは、頭が休まらなかったり、自律神経バランスが崩れ、ぼーっとしたりしてしまいます。

適度な睡眠の長さは人によっても違うと言われていますが、大体平均して6時間~7時間が適当な人が多くなります。

睡眠をしっかりとることは、頭だけでなく全身の疲労や、精神的ストレスを癒し、体の機能をしっかり修復することにもつながります。

自分に見合った適度な睡眠をとることで、頭もスッキリとクリアになり、目覚めも良くなります。

不眠気味の人は、ホットミルクやハーブティーを飲んだり、今はアミノ酸など体に害のない睡眠サプリメントなども販売されていますので、そういったものの力を借りて寝てみるのも良いでしょう。

なお、午後の仕事に入る前に、可能であれば15分ほど昼寝をするのも、頭がクリアになって作業効率がアップします。


3.掃除をする

本来くつろげるはずの自分の家(自室)や、仕事をする上で長時間拘束される会社のデスク周りが散らかっていると、散乱している沢山の物が目に入り、その情報量だけで脳が疲れてしまうと言われています。

片づけをして身の回りをキレイにするとそれだけで目に入ってくる情報量が減り、脳の疲労が軽減されるので、頭がクリアになりやすくなります。

部屋やデスクの散乱具合は、自分の心の整理がうまくできていないことが反映されるという心理学者の見解もあります。

一度身の回りを片づける時間を取り、思い切って断捨離したり、できるところから片づけを始めるだけで、環境が改善されて頭もクリアになります。


4.頭をマッサージしてみる

頭には、たくさんのツボがあります。

頭皮を軽くマッサージするように頭のツボを刺激すると、頭の疲れがほぐれて、頭がクリアになります。

なお、同じ頭に近い部分で、耳をもんだり、軽く引っ張ったりすると、耳にもツボが集中しているので、頭だけではなく肩こりなどもスッキリします。

整体師さんなどが、うつ病や自律神経失調症の人にも勧めているリラックス法なので、頭をスッキリクリアにさせるのに大変効果的です。

なお、仕事中や家事の合間以外にも、お風呂に入った時に、地肌をマッサージするようにしてシャンプーをすると、地肌の汚れも取れる上に、頭もクリアになるという利点があります。

お風呂はそれでなくても血行が良くなるので、一石二鳥と言えます。


5.軽い運動やストレッチをする

長時間同じ姿勢でいたり、単調な作業を繰り返していると、体のあちこちが痛くなる上に血流が悪くなり、頭もぼんやりして時間がたつほど作業効率が悪くなります。

一時間に一度は席を立つようにして、軽くて足を伸ばしたり、腕を回すなどの体操をするとよいでしょう。

ちょっとまとまった休憩時間が取れるようであれば、軽く散歩をするのも良い方法です。

このように体を伸ばしたり軽く運動をすることで、体の緊張が取れ、酸素も取り込めるようになるので、頭がクリアになります。

結果、作業効率が良くなるので、休憩をとらずに仕事をするよりも仕事がはかどるようになります。

運動は、激しいものである必要はありません。

体がほぐれ、頭の切り替えができる程度の軽い運動で十分です。

特に、肩の周辺や肩甲骨、首のストレッチや運動は、自律神経を整える効果がありますので、意識するとよいでしょう。

頭の中をクリアしてすっきりしよう

頭の中をクリアにするには、休憩をしっかりとり、程よい運動、酸素の取り込み、脳を疲れさせない環境を整えることなどが重要になります。

頭をクリアにすることは、自律神経を整えることにもつながるので、心身の健康のためにも大変良いことです。

病気を予防するためにも、頭の中をクリアにすることを日々意識して、行動するとよいでしょう。

健康面だけではなく、作業の能率も良くなり、周囲の評価も上がります。