ブランド品ばかり好んで持つ人の心理とは。ブランドで身を固める人の理由

人の特徴最終更新日:2018年4月28日

あなたはブランド品をどのくらい持っているでしょうか?中には、ブランド品しか持っていないというくらい、ブランド品を好んでいる人もいるでしょう。

なぜそんなにブランド品ばかり好むのか、隠された心理を覗いてみると、その人の性格や目的を知ることができるかもしれません。

1.ブランド品で他人と差をつけたい

自分と他人とで差をつけたいと思っている人は、見た目から変化をつけたいと感じるため、ブランド品ばかり好むことがあります。

全くブランド品を身に着けていない人、あるいはアクセント程度で抑えている人に比べ、ブランド品ばかりを身に着けた人はそれだけで目立つ存在に。

豪華な印象を与えたり、人とは違ったファッションをすることで、他人と差をつけたいと思っているのでしょう。

「自分は特別な存在」「自分だけは周りと違う」といった思いを持っていることで、いきついた先がブランド品で固めるという結果だったのでしょう。

自分を過大評価していたり、プライドが高い女性に多く、中には他人を見下しているタイプの人もいます。

このような人に対して、バカにした発言や「ブランド品ってそんなに良い?」といった発言をすると、距離を置かれたり嫌われたりする可能性があるでしょう。

2.ブランド品を持つことで羨ましいと思われたい

人から羨ましい「いいな」と思われたいと感じている人は、ブランド品を好むことがあります。

ブランド品は女性の多くが憧れるものであり、また高級なイメージを持つものです。

気軽に購入できるものではなく、ある程度余裕がある生活でないと手にすることができないため、ブランド品を持っている人に羨ましさを感じる人は少なくありません。

見るからにブランド品だと分かるもの、多く身に着けている人に「私もほしいな」と感じる人は少なくなく、そう思ってもらいたいという思いでブランド品を持っている人もいるでしょう。

憧れの存在になりたい、羨ましいと思われたいと、人から羨望のまなざしで見られたいという人は、ブランド品ばかり好んでしまう傾向にあります。

性格や美貌で人気や憧れを得ることができないという人は、こうした「物」を利用して羨望のまなざしを手にしようとしています。

ブランド品の数=それだけ羨ましく思われることが多くなると認識していることもあるでしょう。

3.一度持つと、ブランド品以外は考えられない

「一度プレゼントでもらってから身に着けてみた」「自分へのご褒美として買ってみた」ということがきっかけとなってブランド品にハマってしまう人もいます。

羨ましがられる、お金持ちだと思われるという思い以外にも、ブランド品の丈夫さや質の良さにハマってしまう人もいます。

確かにブランド品は値段的に高い買い物とはなるものの、長く使え、また使えば使うほど自分にフィットするようになり、味が出てくるというのも事実です。

そのため「この丈夫さはブランド品じゃないとダメ」「自分色に染まるブランド品は高くても価値がある」と感じて、ブランド品ばかり好む人もいるのです。

安価なものを購入して「使い捨て」状態で毎回買い替えるよりも、高価なものではあるものの、その分長持ちして使い勝手も良いブランド品に惹かれるという人も意外と多いものです。

一度持つとブランド品以外考えられなくなり、気付けばブランド品ばかりになっていたという人も多くいることでしょう。

4.ブランド品を持つことでセレブ感を味わえる

ブランド品を多く持っている人に、セレブ感を感じる人は多いでしょう。

高級なものを、まるで当たり前のようにつけている人を見て「この人裕福な生活をしているんだろうな」「すごいお金持ちなんだろうな」と感じる人は少なくないでしょう。

ブランド品は高級品であるため、一つ身につけるだけでも自分のレベルを上げられた気分になります。

それが一つ、また一つと増えていくと、どんどんと自分がセレブになったかのような気分になり、気持ちよくなる人もいるでしょう。

「お金持ちの仲間入りした気分」「これであのセレブと同じになった」と、自己満足の世界でブランド品を好む人も。

生活を変えたり人間関係を変えるよりも、手っ取り早くセレブ感を手に入れることができるため、ブランド品ばかり好むようになったのかもしれません。

そこには、元々セレブな生活に憧れていた人、セレブになりたかった人なども含まれており、ブランド品を多く持つことによって「夢がかなった」と感じる人もいるでしょう。

ブランド品によって、その人は満足感を手に入れ目的を果たすことができていると言えるのかもしれませんね。

ブランド品ばかり好む人の心理を知ろう

ブランド品ばかり好む人を、どこか「苦手」「距離を感じる」と思う人もいるでしょう。

しかしこうしてその人の心理を覗いてみると、中には「可愛い」と思える思いが隠されていることもありますよね。

どのような心理でブランド品ばかりを好んでいるのかを知ると、またその人の見方が変わってくるもの。

必ずしも「目立ちたい」「見下したい」という思いだけではないことを、ここで改めて覚えておくことにしましょう。

 

    「ブランド品ばかり好んで持つ人の心理とは。ブランドで身を固める人の理由」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。