病気や風邪の彼氏が喜ぶLINE/メール術。弱っている彼を労るLINEやメールを送って元気づけよう

恋愛最終更新日:2019年6月14日
メールを送る女性

彼氏が風邪や腹痛など軽めの病気になった時、心配なのでお見舞いに行って様子を伺ったり家事を手伝ったりして看病したいと思いますよね。

ところが彼氏にそのように言っても「わざわざ来なくてもいい」と言われてしまう事があります。

そんな時は、お見舞いはやめるのがベストです。

その代わりに、彼氏に気を遣わせない程度にLINEやLINEを送ると喜ばれます。

そこで今回は、病気や風邪の彼氏が喜ぶLINEやLINEのポイントを4つご紹介します。

1.朝一と夜寝る前の気遣いLINE・メール

熱があってだるい時や、腹痛や頭痛で辛いときなど体調が悪い時に、長い文章のメッセージが届くと読むのにも疲れてうんざりしてしまいます。

また1日に何回もメッセージが送られてくると、重い気分になってしまいます。

心配してLINEやメールを送っているのに、彼氏をこのような気分にさせてしまってはせっかくの気遣いも全くの無意味なものになってしまいます。

そこで病気の彼氏の心配をしている、気を遣っている気持ちを伝えるためには、長い文章や何回も送ることは控えるようにしましょう。

なるべく少ない回数、短めの文章で彼氏の体調や容態を気遣うLINEを送りましょう。

そしてLINEを送るタイミングとしては、朝一と夜寝る前がベストです。

朝一にLINEを送る場合は、自分が通勤するときなどがいいでしょう。

「今日は体調大丈夫?」と簡潔に送るだけで、相手は「昨日からずっと心配してくれていたのかな?」と感じ、安心感を得ることができます。

夜寝る前にLINEを送る場合は、22時前後がいいでしょう。

体調を気遣う内容とあわせて「早めに寝てね」などの一言を加えるとより効果的です。

このようにたったの1回か2回、短い文章のLINE送るだけで、彼氏は自分のことを気にかけてくれていると感じて喜び、二人の距離もぐっと縮まるでしょう。

2.LINE・メールで病院での診察、薬の服用などを確認する

軽い病気の場合、病院に行ったり、薬を購入して飲んだりするのが面倒だと感じてしまうことがあります。

特に男性はそういう傾向がある人も多いでしょう。

そんな時は、彼女として本当に彼氏に早く良くなってほしいという気持ちを、簡潔に安心する言葉で伝えることが大切です。

彼氏から「頭が痛い」「お腹が痛い」「風邪を引いたかもしれない」などの体調が悪いという連絡を受けたときは、まず「病院に行ったか」「薬は飲んだか」を聞いてみましょう。

もし、何も処置をしていないという返事が返ってきたら「早く病院に行きなよ」「薬を飲みなよ」のように支持をするような言い方は控えましょう。

このような言い方をしてしまうと彼氏は「病気になったことが面倒に思われているかもしれない、少し悲しい」と感じてしまうかもしれません。

また病気で気持ちが弱っているときに、このような少しとげとげしい支持をしてしまうと、落ち込んだ気持ちになってしまうこともあります。

「病院に行ったほうが原因がわかるし、早く良くなるんじゃない?」というように、アドバイスする内容のLINEを送りましょう。

このような内容の方が「心配をしていて早く治って欲しい」というまっすぐな思いを伝えることができます。

また柔らかい言い方なので、病気で弱っている彼氏に安心感とやすらぎを与えることができます。

このように、病院での診察や薬の服用などを確認し、的確なアドバイスをすることで、彼氏に「早く良くなってほしい」という気持ちを伝えることができます。

3.ネットで調べた治療法をLINEで教えてあげる

風邪、偏頭痛や腹痛等の場合、インターネットでその原因や対処法を調べることができます。

検索すれば、参考になる情報がたくさん見つかるでしょう。

例えば彼氏が風邪にかかってしまった場合、風邪の回復に効果のある食材や習慣などを調べて、それを自分の言葉で簡潔にまとめ、LINEで送ってあげるといいでしょう。

このようなLINEを受け取った彼氏は「自分のためにわざわざ調べ物をして教えてくれて嬉しい」と感じます。

伝え方としては「風邪には生姜がいいらしいから、お湯に溶かして飲んでみて」という言い方をするといいです。

「~らしい」という言葉を使うことで、知らなかったことをその時にわざわざ調べた事が伝わるので効果的です。

自分の知識をひけらかすような言い方をしたり、細かいことをたくさん伝えてしまったりすると、相手からは説教をされていると感じてしまいます。

病気で気持ちが弱っているときに、このような上から目線の言い方をされてしまうと、重い気分になってしまいます。

また1つめのところで挙げたように文章も長くなってしまうので、読むのに疲れてうんざりした気持ちになってしまいます。

これではせっかくの気遣いも逆効果になってしまいますので注意しましょう。

彼氏が病気になってしまったときは、病気の回復に効果のある食材や習慣などを調べて、わざわざ調べた事がわかるように、そしてそれを簡潔に伝えるようにしましょう。

そうすることで病気の彼氏に対して彼女としての気遣いが伝わり、喜ばれるでしょう。

そしてより強い信頼関係が育まれていくかもしれません。

4.無理をしないように優しい言葉をかけてあげる

彼氏が病気になっているときは、体調が悪いだけではなく、精神的にも弱っている可能性が高いです。

彼氏の体調のことだけではなく、仕事や家での過ごし方など、他にも色々なことが気になってしまうところですが、過度なプレッシャーをかけるような言葉のLINEは控えましょう。

例えば「頑張って」「仕事遅れてない?」というような内容の言葉です。

ただでさえ病気が原因で会社の仕事が捗らずストレスをためていたり、落ち込んでいたりする状態の中で、このようなはっぱを掛ける内容の言葉を言われてしまうと、精神的に参ってしまいます。

そしてさらに悪化してしまうなんてことにもなりかねません。

頑張らなければいけないというのは本人が一番良く分かっているので、これ以上無理をさせるようなことはせず、優しく見守る気持ちを持つことが大切です。

なので「無理しないでね」「早めに家に帰って、安静にしてね」など優しい言葉をかけてあげましょう。

「病は気から」という言葉があるように、病気のときに早く元気になるためには、栄養バランスのとれたものをしっかり食べることや、よく眠ることはもちろん大切ですが、それ以上に、前向きな気持ちでいることが何よりも大切です。

思いやりのある優しい言葉をかけてあげることで、彼氏は「頑張って早く治そう」「無理しないで治すことに専念しよう」という前向きな気持ちになり、早く回復することにつながります。

「優しい言葉をかけてくれる彼女と付き合ってよかった」と思ってくれるかもしれません。

弱気な彼氏には優しいLINE・メールを

病気や風邪の彼氏が喜ぶLINEのポイントを4つご紹介しました。

人間だれしも病気になると、肉体的にはもちろんのこと、精神的にも弱気になってしまいます。

そんな時に心の支えになるような言葉や、自分や心配してくれていることがわかる優しい言葉をかけてくれたら、嬉しいものです。

一番の理解者であってほしい彼女から、このような言葉をかけてもらえたら、彼氏としては非常に喜ばしいことです。

彼氏が病気や風邪などのときは、ぜひこの4つのポイントをLINEで実践してみましょう。

 

    「病気や風邪の彼氏が喜ぶLINE/メール術。弱っている彼を労るLINEやメールを送って元気づけよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。