病気や風邪の彼氏が喜ぶメール術。弱っている彼へ彼女として送ってみよう

恋愛最終更新日:2014年10月18日
メールを送る女性

彼氏が風邪や腹痛など軽めの病気になった時、
お見舞いに行くと言っても彼氏からはわざわざ来なくてもいいと言われてしまう事があります。

そんな時は、彼氏に気を使わせない程度にメールで気遣いを見せると喜ばれるのです。
そんなメールのポイントを6つご紹介します。

1.朝一と夜寝る前の気遣いメール

熱があってだるい時や、腹痛や頭痛で辛いときに長文のメールが届くと、
読むのにも疲れてしまいます。

なるべく短めの文章で彼氏の体調や容態を気遣うメールを送りましょう。

タイミングとしては、1日に何回も送っても相手に疲れさせてしまうだけですから、例えば朝自分が通勤するときなどがベストです。

「今日は体調大丈夫?」と簡潔に送るだけで、相手としては自分のことをずっと心配してくれてると感じることができます。また、夜メールを送るのであれば、22時前後の就寝時間よりやや早い時間がベストです。体調を気遣い内容とあわせて「早めに寝てね」などの一言を加えると相手との距離もぐっと縮まるでしょう。

2.病院での診察、薬の服用などを確認する

軽い病気の場合、男性だと特に病院に行ったり、薬を購入して飲むのが面倒な人も多いでしょう。

そんな時は彼女として本当に彼氏に早く良くなってほしいという気持ちを伝えることで、相手からは喜ばれる事があります。

彼氏から、体調が良くないという連絡を受けたらまず、「病院に行ったか」「薬は飲んだか」を聞いてみましょう。もし、何も処置をしていないという返事が返ってきたら、支持をするような口調ではなく、「病院に行ったほうが原因がわかるし、早く良くなるんじゃない?」と、心配をしていて、早く治って欲しいという思いを伝えることができます。

3.ネットで調べた治療法をメールで教えてあげる

風邪や偏頭痛、腹痛等の場合インターネットでその原因や対処法を調べることができます。

例えば彼氏が風邪にかかってしまった場合、風邪に回復に効果のある食材や習慣などを調べてメールで送ってあげると、彼氏としては自分のためにわざわざ調べ物をしてメールで教えてくれたと感じることができ、喜ばれます。

伝え方としては「風邪には生姜がいいらしいから、お湯に溶かして飲んでみて」などその時にわざわざ調べた事がわかるようにしましょう。知識をひけらかすような言い方や、細かいことをたくさん伝えてしまうと相手からは説教をされているようで逆効果になってしまいますので注意しましょう。

4.無理をしないように優しい言葉をかけてあげる

彼氏が病気になっているときは精神的にも弱っている可能性が高いので「無理しないでね」とか「早めに家に帰って安静にしてね」などの優しい言葉をかけてあげましょう。

ただでさえ病気が原因で会社の仕事が捗らず精神的にストレスをためていたり、落ち込んでいる場合が多いので、「頑張って」とか「仕事遅れてない?」など、彼氏にはっぱを掛けるような内容の言葉は控えるようにしましょう。頑張らなければいけないというのは本人が一番良くわかっているのです。

弱気な彼氏には優しいメールを

病気になると人は精神的にも弱気になってしまいます。

そんな時に心の支えになるような言葉や自分を心配してくれていることがわかる優しい言葉をかけてくれる彼女がいたら、彼氏としては非常に喜ばしいことです。ぜひ、メールで実践してみましょう。

 

    「病気や風邪の彼氏が喜ぶメール術。弱っている彼へ彼女として送ってみよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。