挑戦とチャレンジの違いとは。ニュアンスの違いを知ろう

日々の生活最終更新日:2017年10月16日

挑戦には重々しいイメージがあり、チャレンジには気楽なイメージがあります。

実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

日常会話で上手く使い分けたい、挑戦とチャレンジのニュアンスの違いをご紹介します。

1.困難に挑む。それが「挑戦」

自分の能力を超えた仕事に挑んだり、今までの自分には不可能なことに挑む。

それが挑戦です。

例えばOLの方が、会社で大きなプロジェクトに参加したり、主婦の方が、合格率の低い資格に挑むことは挑戦といえます。

挑戦には、それなりの覚悟と準備が必要です。

難しいことに挑戦すれば、最悪の場合体を壊すなどその先の人生を左右することもありえます。

しかし、困難に挑戦すれば、例え失敗しても、今までの自分にはなかった、何かが残ります。

それは決して、金銭面での財産などではありませんが、今後自分が生きてゆく中で、人生の大きな糧になります。

よって挑戦することは、人生の一大イベントであり、最大の転機でもあります。

2.軽い気持ちでやってみる。それがチャレンジ

なんでも気楽にやってみる。

それがチャレンジです。

例えば、ネットでレシピを見ながら、初めての料理やお菓子を作ったりすることは、気軽にできるチャレンジといえます。

チャレンジに成功し、美味しい料理やお菓子ができあがれば、あなたの自慢のレシピを増やすことができます。

そうすれば、きっと旦那様や彼氏も喜んでくれます。

また、英会話のラジオを聴きながら、気楽に英語を初めるのもチャレンジです。

英語が聞き取れるようになれば、映画や海外ドラマが、より一層楽しくなります。

チャレンジには「挑戦」のような覚悟は必要ありませんが、上手くいけば、あなたの人生が、今よりもっと楽しくなる可能性が秘められています。

3.決して諦めない。それが「挑戦」

困難に挑むことが挑戦ですが、挑戦に失敗しても、決して諦めてはいけません。

失敗して、諦められるような物事に挑む事は、決して挑戦とはいえません。

挑戦には、たくさんのエネルギーを必要としますが、成功した暁には、今までとは違う人生を歩むことができます。

例えば、フルマラソンに挑戦し、安定して完走できるようになれば、世界中のフルマラソンに参加することができます。

世界中のフルマラソンに参加すれば、様々な人種の人達と触れ合い、世界中の価値観を自分にプラスすることが可能です。

それは、通常の海外旅行では味わえないものです。

また、登山に挑戦し、どんな山でも安定して登れるようになれば、世界中の山々に挑戦できます。

世界中の山々を制覇すれば、世界中の絶景があなたの人生に加味されます。

このように、挑戦して成功すれば、今までとは違った、新たな人生観を得ることができます。

4.失敗したらまた違う事をやってみる。それがチャレンジ

何でも気軽に始められるのがチャレンジですが、チャレンジは失敗しても、また違うことにチャレンジすれば大丈夫です。

例えば、新しいダイエットを始めて、長続きしなくても、また違うダイエットにチャレンジすれば大丈夫です。

さらに、一旦ダイエットに成功し、その後にリバウンドしてしまい、前より太ってしまった場合も、別のダイエットにチャレンジすれば、それで構いません。

また、ウォーキングやジョギングにチャレンジし、すぐに飽きてしまっても、次はルームランナーを購入し、テレビを見ながらペダルを踏めば、それで大丈夫です。

このようにチャレンジは、何度でも気軽にできます。

何度もチャレンジすれば、いつの日か必ず、自分にピッタリなものが見つかり、きっと幸せになれます。

5.「挑戦」には、家族の理解が必要

挑戦には覚悟や準備が必要ですが、家庭を持つ女性が、何かに挑戦する場合は、ご家族の理解が欠かせません。

よって家庭を持つ女性が何かに挑戦するときは、成功すれば、家庭にも恩恵があるものが理想です。

例えば既婚のOLの方が簿記検定やファイナンシャルプランナー、秘書検定などの資格に挑戦して合格すれば、今より就業時間が短くそれでいて給料が良い職業に就ける可能性があります。

就業時間が短い仕事に就けば帰宅が早くなり、旦那様や子どもも喜びます。

また、主婦の方が介護士の資格に挑戦し資格を取得して、空いた時間にヘルパーのパートに出れば、スーパーで働くより高い時給で働くことができます。

そうすれば、家計が潤い、豪華な家族旅行に出掛けることも可能になります。

このように、家庭を持つ女性が何かに挑戦するときは、家族への迷惑を恐れず、それでいて、家庭にも恩恵がある物事がオススメです。

6.自分だけでできる。それがチャレンジ

挑戦には準備や覚悟が必要で、家庭を持つ女性が何かに挑戦するときは、家族への理解が必要です。

チャレンジであれば、自分だけで気軽にできます。

例えば旦那や彼氏に美味しい料理を食べさせてあげたいと考えたとします。

そして新しいレシピにチャレンジして失敗しても、こっそり自分で平らげてしまえば、誰にも迷惑を掛けません。

また、フラワーアレンジメント教室に通ったり、ヨガやピラティスを習いに行っても、空いた時間にいくのであれば、家庭に迷惑を掛けません。

ダイエットやウォーキング、ジョギングなどにチャレンジすることも同じで、誰にも迷惑を掛けずに済みます。

このようにチャレンジは、誰にも迷惑を掛けることがなく、いつでも一人で気軽に始めることができます。

そして、チャレンジが上手くゆけば、今までよりバラエティに富んだ生活を送ることができます。

よって、何事にも気軽にチャレンジすることがオススメです。

挑戦とチャレンジの違いを知ろう

英語で挑戦は、主に「try(トライ)」と表現され「物事に挑戦する」という意味があります。

また「Challenge(チャレンジ)」は「人に異議を唱える」という意図で使われます。

しかし日本語では、挑戦には「困難に挑む」というニュアンスがあり、チャレンジには「気楽にやってみる」というニュアンスがあります。

この違いはとてもユニークですが、挑戦とチャレンジを上手く使い分けていきましょう。

 

    「挑戦とチャレンジの違いとは。ニュアンスの違いを知ろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。