コミュ障とは。人とのコミュニケーションが苦手な人たち

最終更新日:2016年8月31日

最近、インターネットやテレビ等で「コミュ障」という文字を見たり、聞いたりする機会が増えたという方は多いです。

ここでは、そんなコミュ障の特徴について紹介します。

対処法も紹介しますので、自分が「コミュ障かも?」と思う方は是非参考にして下さいね。

1.他人と目を合わすのが苦手

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略です。

初対面の人等他人と上手くコミュニケーションを取る事ができない人の事をいいます。

そして、今このコミュ障で悩んでいるという方はとても多いです。

コミュ障の一番の特徴は、他人と目を合わすのがとても苦手という事です。

人と目を合わせると圧迫感を感じたり、他人の視線を感じるのが苦手なので目を合わせられないのです。

このタイプの人は、会話の中で特に伝えたい場所で相手と目を合わせるようにしましょう。

こうする事で相手に自然と「ここが肝心なところなんだ」と思ってもらう事ができます。

コミュ障の人は、肝心な事も伝えるのも苦手という方が多いです。

ですが、肝心な事を伝える事ができないと仕事で迷惑をかける可能性が高くなってしまいます。

ですので「肝心な事を伝える時だけ目を見る」と思うようにしましょう。

ずっと目を見ると思うと気が重くなり、コミュニケーションをする事が苦しくなってしまいますが、こう思う事で相手に目を合わせるタイミングが分かりやすくなるので、コミュニケーションを取るのが少し楽になります。


2.雑談をするのが苦手

コミュ障の特徴で、雑談をするのが苦手という事があります。

緊張して、何を喋っていいのかよく分からなくなってしまったり「こんな事言って変に思われないのかな?」「こんな事言って嫌われたりしないかな?」と思ってしまい、上手く喋れなくなってしまいます。

雑談をする事は、人と仲良くなるためにとても大事な事です。

何気ない会話から気が合い、仲良くなるという事はよくあります。

それは雑談から始める事が多いです。

また、仕事でも雑談は大事です。

休憩中に何気ない雑談を同僚や部下、上司とする事で仲良くなり、より仕事が円滑に進む事ができるようになるからです。

また、他の会社の人と話す時も雑談をする事で和やかに仕事が進む事もあります。

ですので、少しでも雑談をする力を身につけるようにしましょう。

雑談をするために大事な事は、色々な事に興味を持つ事です。

雑談ができない人は、コミュニケーション力が少ない事以上に自分の興味のある事しか知ろうとしないので、それ以外の話題になると話が止まってしまう事が多いです。

毎日ニュースや天気をチェックして、色々な話題を覚える事を日課にするようにしましょう。

そしてたくさんの話題を頭の中に入れておく事でたくさんの人の会話についていけるようになるので、コミュニケーションを取るのが楽しくなります。


3.人と関わる事そのものが苦手

コミュ障は、家族や親しい友人となら上手にコミュニケーションを取る事ができるという方や、初対面だけコミュニケーションを取るのが苦手で慣れたら大丈夫等様々なタイプがありますが、このとにかく人と関わるのが苦手というタイプは「自分は人と関わる事が苦手」と決めつけ、自分から人と距離を取ってしまいがちです。

「どうせ自分は誰とも話す事ができない」「どうせ自分は嫌われているから一人でいた方がいい」と決め付け、自分の殻に閉じこもっているのです。

この世界には、たくさんの人がいます。

そしてその中には必ず気が合い、仲良くなる事ができる人がいます。

今はインターネットがあり、同じくコミュ障で悩んでいる人と気軽に繋がる事ができます。

自分がこのタイプだと自覚をしている人は、まずインターネットで人と接する事から始めましょう。

同じコミュ障で悩んでいる人とお互い相談しあったり、励まし合う事で人の温かさを感じる事ができるので、人と関わる勇気が出てきます。

インターネットでも、直接会うのでも人の温かさは変わりません。

勇気を出して直接人と関わるようにしましょう。


4.よく喋るタイプのコミュ障の人もいる

コミュ障は、話す事が苦手な人の特徴と思っている人は多いですが、実はよく話す明るい性格の人でもコミュ障の特徴に当てはまる事があります。

それは、自分ばかり話して相手に話すスキを与えない人や主張が激しすぎる人、人の事を考える事ができない人です。

このタイプは、よく喋るタイプのコミュ障になります。

また、明るいタイプのコミュ障の人はとにかくよく話すので自分がコミュ障だと自覚しにくいのも特徴です。

自分がひょっとしてこのタイプかもと思う方は、人の話を聞く事を意識するようにしましょう。

会話は、一人でする事はできません。

誰かがいてくれるから会話ができます。

それを自覚し、相手の事を思いやり話を聞く事で、相手はあなたと話す事をもっと楽しんでくれるようになります。

コミュ障について知ろう

コミュ障の特徴についてご紹介しました。

今、このコミュ障で悩んでいる方がとても増えています。

「どうやって他人と関わっていいのか分からない」と悩んだり「何をどう話していいのか考えると頭が爆発しそうになるから、一人でいた方がいい」と自分から人と関わるのを避けてしまう方も多いです。

自分と気が合う人と話す事はとても楽しい事です。

「自分はコミュ障だから」と話すのを自分から避けてしまうのはとても勿体無いです。

ですので、上記を参考に少しでも他の人と関わり、話すようにしましょう。

他の人と話す事で世界が広がります。