デートに持っていくバッグのポイント。彼に好印象を与えるカバンにしよう

最終更新日:2016年4月25日

気になる人や大好きな彼とのデートでは、女性であれば絶対に可愛く見られたいですよね。

オシャレは服だけでなく、バッグも重要なポイントです。

女性らしいバッグを持てば、きっと彼もカワイイと思ってくれるはずです。

今回は、そんなデートに持っていくバッグのポイントをご紹介します。

1.最低限のものをミニバッグに入れる

デートといえば、やっぱり可愛らしい小さめバッグですよね。

普段大きめのバッグを持っている方もデートではミニバッグを持ちたいと思う方が多いのではないでしょうか。

大きめバッグを広げて彼の前で、荷物をがちゃがちゃ探す…なんてことできればしたくないですよね。

デートだからこそ、最小限の荷物で出かけることがオススメです。

ミニバッグに、小さめのお財布、携帯、リップ、ハンカチがあれば十分です。

化粧ポーチも携帯の充電器も、デートの時には家に保管しておきましょう。

それでも荷物がないと不安になる、と言う方はデートの前に一度ミニバッグでおでかけしてみると良いでしょう。

普段持ち歩いている化粧ポーチも、実は必要ないことに気づくはずです。

彼の前で可愛くいるためにも、少なめの荷物でミニバッグがオススメです。


2.ブランドロゴは控えめなものを選ぶ

ハイ&ローファッションが流行する中で、バッグはブランドのものを持つ、というこだわりがある女性も多いのではないでしょうか。

女性同士のおでかけであればブランドバッグはオシャレなポイントになりますが、デートの場合は要注意です。

ブランドバッグを持つ女性に対して、男性は「金遣いが荒らそう」「付き合ったらお金がかかりそう」「ブランドで男性も判断しそう」など、マイナスのイメージを持つことが多いのです。

せっかく彼のためにオシャレをしているのに、マイナスイメージがついてしまっては残念ですよね。

デートでブランドバッグを持つ時は、さりげなくロゴが入ったものや主張しすぎないものを選ぶことがオススメです。

また、超高級ブランドのものではなく、手の届くブランドを選ぶこともオススメです。

3.TPOに意識してバッグを選ぶ

デートといえども、行く場所は様々です。

例えば友人とバーベキューをする時に、高級ブランドのバッグを持って行ってしまっては、お気に入りのバッグが汚れてしまう恐れがあり、彼も自分も気を使ってしまいます。

また、夜景の素敵なレストランでディナーデートなのに、カジュアルなトートバッグでは、せっかくの雰囲気も台無しになってしまいますよね。

デートのバッグ選びは、いつ、どの場所に、どのような目的で、使用するのかを考えて選ぶことも非常に重要なポイントになります。

頑張ってオシャレをしたのに、それが逆効果に…ということにならないためにも、また、せっかく彼がアレンジしてくれたデートを台無しにしないためにも、彼とデートに内容について事前にしっかりと相談しておくことも大切なポイントになります。


4.彼のバッグも意識しよう

最近では、トートバッグやクラッチバッグなどのバッグをもつ男性も増えてきましたが、まだまだバッグを持たずに、財布と携帯をポケットに、という男性も多いですよね。

長年付き合っているカップルであれば、彼の財布を持ってあげる、ということもあるのではないでしょうか。

彼の荷物をさりげなく鞄に入れてあげるのも、彼女ならではの行動です。

そのような可能性がある場合には、ミニバッグは控えて少し小さめのボストンバッグがオススメです。

女性らしさもあり、荷物もきちんと入るため、もし荷物が増えてしまっても問題ありません。

彼との付き合いが長い方は特に、彼のファッションも意識しながら、バッグを選んでみてください。

5.バッグの素材で女性らしさをアピールしよう

バッグの形やサイズももちろんですが、素材も可愛らしさをアピールできるポイントです。

様々な素材のバッグがありますが、デートでオススメするのが「キルティング素材」「レザー素材」のものです。

「キルティング素材」はチェーンバッグが代表されますが、カジュアルにも上品にもなる素材です。

男性があまり持つことがない素材なだけに、デートでもしっかりと女性らしさをアピールすることができます。

また「レザー素材」のバッグは、大人デートにオススメです。

かっちりとしたレザーのバッグをもつことで、大人っぽい洗練された女性をアピールすることができます。

レザー素材は、バッグによってはハードに見えてしまうこともあるため、注意しながら選ぶことをオススメします。

デート時のバッグはポイントを押さえて持っていこう

デートの際に選ぶバッグのポイントは様々ですが、やはり「女性らしさ」を意識して選ぶことがなによりもポイントです。

彼に少しでも「かわいい」と思ってもらえるよう、バッグ選びも慎重に行ってくださいね。