デート時に緊張で吐き気がする場合の解消方法と対処法とは?デートの緊張を和らげるためにできること

デート最終更新日:2019年6月9日

憧れの異性との念願のデート。

とても嬉しいものですが、緊張しすぎて具合が悪くなってしまうことは十分にあり得る状況ですよね。

思いが強ければ強いほど、それだけ起こり得る可能性は高くなります。

人と接することを得意としていない方も同様に、大きな緊張を感じることもあるでしょう。

そこで今回は「デート時に緊張で吐き気を催す場合の解消方法や対処法をご紹介します。

1.「背伸びをしない」という意識を持つと緊張は和らぐ

デートの時に緊張してしまう原因としてもっとも多いのが「自分を良く見せようとするあまりに起こる緊張」です。

「少しでも自分を良く見せたい」「カッコよく振る舞いたい」「カワイイと思われたい」など、本来の自分よりも高い評価を相手に与えたいと思うばかりに、相手の反応や自分のふるまい方などを必要以上に意識してしまい、緊張してしまいます。

それによって、緊張による吐き気が出てきます。

その緊張を回避する方法として「ありのままの自分で勝負する」と言う意識を持つことが大切です。

「素のままの自分でも十分に魅力がある」「無理していても続かない」ということを自覚し、自分に自信を持つ、または回復させるということが非常に大切です。

そもそも、デートで自分を着飾って相手に好かれたとしても、その自分は本来の自分ではありませんよね。

そのため、結果的に二人の付き合いに悪い影響を及ぼしてしまうという可能性もあります。

背伸びをして自分をよくみせている場合、付き合うことになったあとも継続して背伸びをし続けなくてはならず、気をぬくヒマがありません。

そういった付き合いは、非常に大変です。

つい気が緩んで、本来の自分を出してしまった時には、相手を落胆させてしまうこともあるでしょう。

つまり、過度に自分を演出することは「百害あって一利なし」と言えるのです。

ですから、はじめから「素の自分を相手に評価してもらおう」と考えた方が、無駄な緊張を感じる必要もないためノビノビと接することができ、結果的に良い結果がついてくる場合が多いのです。

2.ガマンせずに緊張で吐き気がする状況を相手に伝える

「緊張のあまり吐き気がする」と素直に相手に伝えてしまうことも解決法としては効果的です。

ガマンして自分だけでいろいろと考えてしまうから、ますます緊張が高まってしまうことも多いですよね。

もしもあなたがそういったタイプであるならば、いっそのこと相手にその状況を洗いざらい伝えてしまう方が良いとも言えます。

相手としても「自分とのデートでこんなに緊張してくれるなんて」と悪い気はしませんし、むしろそんなあなたがかわいく思えてくるものです。

もしかしたら相手からも「実は自分も同じ状況だ」と言われるかもしれませんし、それを理由に一気に仲が縮まることだってあります。

ガマンして具合が悪い状態を継続していては、逆に相手に気を使わせてしまったり「この人は自分とのデートが楽しくないのだろうか?」といったような悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

それならばいっそのこと包み隠さず相手に伝えた方が良いでしょう。

3.開き直って、素の自分でいるようにする

緊張で吐き気がするということは、何かしらの原因があることは明らかです。

単純に人と接することが苦手な人もいるかもしれませんが、少なくとも成功させようと言う思いを抱いていることは間違いありません。

それが原因となって過度の緊張を引き起こしているのであれば、逆に「開き直る」ことで緊張を解消できるかもしれません。

「少しでも自分を良く見せよう」とするのではなく「ありのままの自分で勝負しよう」と諦めることでむしろ上手くいくことも多いです。

仮に付き合うことになった場合、いずれは素の自分を出す日が来ます。

特にギャップがある場合は、出来るだけ早いうちにカミングアウトしておかないと取り返しがつかない状況を招くことも考えられます。

どうせなら最初から「素の自分」で勝負した方が、あとから無駄な不安を抱く必要もないため良いのではないでしょうか。

4.デートの前にシミュレーションをしておくと緊張が和らぐ

デートをする前に入念にシミュレーションをしておくというのも良い方法の一つです。

なにごとも緊張をするのは、それに対して慣れていないからだということが言えます。

一度慣れてしまえば、いずれ緊張はなくなっていくものです。

ですから、デートをする前に入念にシミュレーションをしておくという方法はなかなか有効です。

例えば、まずはデートが決まったら一週間前くらいからどのような服装でいくのかを考えておきましょう。

服だけではいけません。

その服にどのようなバッグを合わせるのか、靴はどうするのか、ヘアスタイルはどのようにするのかなどをしっかりと考えておきます。

それを考えて決めておくことによって、当日や前日に慌てたり焦ったりすることがなくなりますので、緊張の度合いも和らぐでしょう。

服装が決まったら、次はデートコースを下見しておきましょう。

車で待ち合わせ場所へいくのであれば、デート当日と同じように車でいきます。

出発する時間などもデート当日と同じにしておくことがポイントです。

そうすることで、当日のことをリアルにイメージすることができるからです。

デートコースをひととおり回りながら「もしもここで吐き気がしたら、あそこのお手洗いへ行こう」などということも考えておいてください。

このように入念にシミュレーションをすることによって、きっと少しは安心感が得られるはずです。

当日はやはり緊張してしまうかもしれませんが、準備さえしていれば変に焦ったり慌てたりするようなことは少なくなってきますので、普段のデートよりは落ち着いてのぞめるはずです。

5.自分をギャグマンガや映画の主人公だと考えて、実況中継してみる

どのようなことでも「ひとごと」だと考えると、余裕が出てくるというものです。

たとえ悲惨な状況であっても辛い状況であっても、それがギャグマンガだったりすると、そういった状況ほど笑えて来ますよね。

この心理を利用してみましょう。

デート当日は「自分はギャグマンガの主人公である」と思い込みましょう。

そして、自分の緊張や吐き気を実況中継してみるのです。

例えば「さ~あ、いよいよ緊張のデートがはじまりました~。主人公の○○、はやくも緊張してきている~。ドキドキしすぎて足取りもおぼつきません。そしてなんとここで~、吐き気が襲ってきたあ~」というような感じです。

そういった感じで実況中継をしていると、そんな自分のことが少し笑えて来ますし、自分の状況を客観的に見ることもできますので、気持ちにも余裕がうまれてくるはずです。

人は誰であったって、はじめは緊張するものです。

こんな緊張は誰にでもあること、そして少しだけ面白いことでもあるとポジティブに考えて、緊張する自分を笑い飛ばしてみましょう。

最初は難しいかもしれませんが、きっと回を重ねれば大丈夫です。

楽しくなってきますよ。

緊張して吐き気がするデートを逆に楽しもう

緊張によって吐き気がするのを解消したいのであれば、基本的には「素の自分で良いのだ」と言う意識を持つことが大切です。

その他にも、デートの前にシミュレーションをしっかりするなど、入念に準備を行うことで緊張を緩和させることもできます。

大切なのは「自信を持つこと」です。

そうすることで、緊張して吐き気がする状況を逆に楽しむことができますよ。

 

    「デート時に緊張で吐き気がする場合の解消方法と対処法とは?デートの緊張を和らげるためにできること」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く