デート先についてケンカになってしまったらどうすれば良いか

デートは楽しいものでありたい、思い出に残るデートにしたいという思いはお互いに一緒なのに、デート先を決める時についケンカになってしまうことはないでしょうか。

相手のいきたい場所と自分のいきたい場所が一致せず感情がヒートアップしてしまっては、せっかくのデートも楽しむことができません。

デート先についてケンカしてしまった時、どう対処することで上手く乗り越えられるのでしょうか。

お互いに冷静になる時間を設ける

「私はここがいい」「俺はこっちがいい」と言い出し始めケンカになると、多少「別にそっちでも良いか」と思っていても、意地を張って曲げないでしまうことがありますよね。

言い合いになったからには負けたくない、ここまで押し通してきたからには曲げられないと、素直になるタイミングを逃してしまっていることもあります。

もしあなた自身に「どこでもいいから楽しくデートしたい」「相手に合わせても別にいい」という気持ちがあるならば、一度お互いに冷静になる時間を設けてみると、意外と相手の意見をすんなりと受け入れられるということもあります。

それがデート中の出来事だとしたら、一度別行動で一時間程度離れてみます。

デートをする前の出来事であれば、一度電話を切ったり帰るなどして、一度離れてみることをオススメします。

冷静になる時間を設けるだけでも、自分が意地を張っているだけということに気付け、その後のデートを楽しめる可能性があります。

言い合いになってケンカとなり、お互いに頑固な面が出てきてしまうようならば、無理に一緒にいるのではなく、冷静になる時間を設けて後から再度話し合いをするようにしましょう。

前回のデートを思い出す

次のデート先についてケンカになってしまった時は、前回のデート先はどこに行ったのかを思い出しましょう。

そして、そのデート先を決めたのはどっちだったかを思い出すことで、今回のデート先を決めるという対処法が良いです。

例えば前回あなたがデート先を決めていたとしたら「前は私が決めたから、今回は相手に合わせよう」と納得することができますよね。

自分ばかりの主張になっていないかをも確認できるため、一度前回のデートを思い出してみると良いでしょう。

仮に相手が決めたデート先だったとしたら「前はあなたが決めたでしょ?だから今度は私が決めたい」と相手を説得することもできます。

相手もそう言われれば、お互い平等であるべきだと考える人なら「仕方ない」と受け入れてくれるはずです。

趣味の違いや価値観の違いがありながらも付き合っているカップルには、こうした意見の違いが目立ってしまいます。

ただ「今回はあなた。

次回は私ね」といったように、お互いが納得できる方法を取り入れておくと、ケンカがエスカレートせずに解決できるでしょう。

両方のデート先にいく

社会人になるとなかなかデートの時間をすんなりとれるものではありませんよね。

貴重な時間だからこそ、頻繁にはいけないデートだからこそ「ここにいきたい」という主張が強くなってしまうのでしょう。

お互いにその思いが強いのであれば、どちらにも行ってみるという方法もアリです。

時間に余裕があったり、いき先が近いのであれば、両方のデート先に出向いてみることでケンカを乗り越えることができるでしょう。

例えば二日間デートを満喫できるとしたら、一日目は相手のデート先にいく、二日目は自分のデート先にいくといったように、お互いがフェアになる形をとります。

どちらの思いも叶えられれば、良い思い出も二倍となり、デートを満喫することができるでしょう。

全く別のプランを考える

デート先についてケンカしてしまう原因に、それぞれの主張が強く曲げないという背景がありますよね。

「ここに絶対いきたい」「そこにはいきたくない」という思いがあり、デートする前から揉めてしまいます。

もしデート先についてケンカになってしまったのなら、いっそのこと考えや主張をリセットして、新たに考え直してみると良いでしょう。

どちらのデート先も却下して、新たに二人で話し合いをしたり提案をして決め直すのです。

例えば人気のデートスポットを検索したり情報誌でいき先を見つけても良いでしょう。

新たなプラン、新たなデート先を決めることによって、気持ちも切り替えるのです。

いつまでも自分の主張を続けていても、デート自体楽しめないものに。

気持ちを切り替えて「他の場所に行こうか」と方向性を統一していけば、ケンカも収まりデートも楽しめることでしょう。

デート先についてケンカになるのを防ごう

デート先についてケンカになった場合は、そのままエスカレートしてしまうとデート自体なくなってしまう可能性がありますよね。

最終的にデート先のことでケンカではなく「あんな頑固なところ嫌い」とか「意見が全く合わない」といったように、相手を否定してしまいかねないものです。

今後の二人の関係を保つためにも、打開策や解決策は覚えておいた方が良いかもしれません。

お互いが納得する方法、素直になれる方法を取り入れて、楽しくデートできるように心掛けていきましょう。

 

    「デート先についてケンカになってしまったらどうすれば良いか」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く