デートの別れ際に好印象を与える行為5つ。男性をメロメロにしてしまおう

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

それぞれのデートにはそれなりのイベントがありますよね。
折角彼が企画してくれたデート、次も期待したい!と思うのはあなただけではありません。

そう、あなたの別れ際のアクションが今後のデートやその先の結婚を意識させる大事な要素になります。

「すっごく楽しかった!」の一言と彼の袖口へのタッチ

お付き合いの長い人にとって「えっ?袖口?」と思うかもしれませんが、意外と新鮮な行為です。

ボディタッチは場所を選ぶものですが、腕から手にかけて軽く触れるという行為は
電車に座っていても、車を運転していても、歩いていても、自然にさりげなく出来ますよね。

実はべたべたと触るよりも、不意打ちのさりげないタッチが相手をドキッとさせますし、
デート初心者にとっては、それが彼との関係を大きく前進させるものになると思います。

「はい、気をつけて帰ってね」と一口タイプのお菓子を渡してみる

お菓子といってもガムやキャンディで良いのです。

彼が車を運転して帰る時、「居眠りしちゃだめだよ」と言って、ミント系のガムをあげるのも良いでしょうし、
電車などで帰る場合でも、「これ、とっても好きなの、後で感想教えて!」と言って、グミでもあげても良いでしょう。

値段などは問題ではなく、「帰りのことまで気を遣ってくれるんだな」と嬉しくなってしまうと思います。

また、「感想教えて」の言葉によって、彼もちゃんと記憶に残してくれるでしょうし、
次のデートの際の会話にもなりますよね。

「今日のベストショットだよ」と行った場所・食べたもの写真をシェアする

一緒に食べたもの、行った場所は記念になりますよね。

彼が企画してくれたプランの中で、特に印象に残ったものを写真に残して、
別れ際に「ねえ、今からメールするよ」と言って、「今日のベストショットだよ!」などのタイトルでメールを送りましょう。

コメントは短く、「美味しかったね、また次も行きたいな」など。
長文は無用です。

彼は彼なりに自分のプランのデートがどうだったか、きっと気になっているはず。
デートの最後にそんなコメントを写真付きで送られたら、嬉しいのではないでしょうか。

香りで印象づける

香りと言っても様々なのですが、所謂香水などではなく、爽やかな印象を与えたいところです。

別れ際に「香り」で印象を残すには、技が必要ですが、簡単なものとしては
アトマイザーにオレンジの製油と精製水、別れ際、トイレに行った際にでも
シュシュッと髪の毛や、手、彼と最後に触れる部位に残してみましょう。

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の香りは、気分を前向きにさせる効果があることが
認められています。別れ際にそんな香りが彼女から漂ってきて、「もう、明日にでも会いたいよ」
などと言われたら、彼も気持ちが向上しますし、すぐに次のデートをプランしてくれるでしょう。

「今度は私のお勧めを紹介したいな」と笑顔で伝える

彼のプランも完璧、でも、今度は自分が大好きな場所を提案したい=次があるということですよね。

そんな時、「今日のところはとっても楽しかったね(とっても美味しかったね)。次は
私の大好きなお店に○○君と一緒に行きたいの。いい?」と元気な笑顔で伝えてみましょう。
最もシンプルで、難易度の低い、けれど確実性のある印象付けですね。

これらの印象付けアクションで、次へのデートへ繋げてみましょう。

 

    「デートの別れ際に好印象を与える行為5つ。男性をメロメロにしてしまおう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く