エッセンスタイプとジェルタイプの日焼け止めの違いと使い方

日々の生活最終更新日:2017年8月10日

みなさんは日焼け止めはどんな種類を使っていますか?今や日焼け止めと一口に言っても様々な種類がありますよね。

そんな多種多様な日焼け止めの中でも最近特に人気の「ジェルタイプの日焼け止め」と「エッセンスタイプの日焼け止め」について、その違いをご紹介します。

1.敏感肌の人にはエッセンスタイプの日焼け止め

まず日焼け止めにはSPF/PA値という日焼け防止の成分が配合されています。

その数値が高ければ高いほど、UVカット効果は高まりますが、お肌への負担をかけてしまいます。

なので、日焼け止めを塗るとお肌が乾燥する感覚を味わってしまうことも多いでしょう。

ですが、エッセンスタイプには美容液や保湿成分が配合されているため、乾燥を防いでくれるのです。

また乾燥を防ぐだけではなくスキンケア効果もあり、UVカットと合わせて一石二鳥の役割を果たしてくれます。

そのため、普段から乾燥肌の人やニキビなどの肌トラブルが多い方にはエッセンスタイプがオススメになります。

2.ベタつき肌の人にはジェルタイプのの日焼け止め

ジェルタイプを使用するのにオススメの人は、普段から肌の皮脂量が多いくベタつき肌の人です。

夏はベタつきが更にひどくなり、化粧水だけ塗ってそれで充分という方、もしくは日焼け止めの脂分でニキビや吹き出物が出来てしまうという方は是非ジェルタイプを使ってみてください。

ジェルタイプはサラッとした肌触りを実現するためにアルコールが含まれていて、日焼け止め特有のあのベタつきが少ない傾向にあります。

今は日焼け止めと化粧下地が一緒になったジェルタイプもあり、日焼け止めを塗ってすぐにファンデーションを塗ることも可能です。

また伸びがよく広範囲で使用することが出来るため、体全体に塗ることも可能です。

また石鹸や水などで落ちやすため、日焼け止めを落としにくいということはありません。

3.インドアにはエッセンスタイプの日焼け止め

みなさんは普段部屋の中にいることが多いですか?それとも外での過ごし方が多いでしょうか?それによって日焼け止めの種類を使い分けることができます。

まずインドアの方は日焼け対策は関係ないと思っているかもしれませんが、紫外線は日が当たる場所や、少しの外出でもお肌へ攻撃します。

なのでインドアでも日焼け止めを普段から塗っておくといいです。

そんなインドアの方には是非エッセンスタイプを使って欲しいです。

何故かというと、エッセンスタイプには先ほど述べた通り保湿成分が多く含まれています。

また日焼け防止値が低いため、冷房や暖房でお肌が乾燥しやすい場所に適しています。

季節問わず一年間使い通すことができます。

4.アウトドアにはジェルタイプの日焼け止め

逆にアウトドアの方にオススメなのがジェルタイプです。

ジェルタイプの日焼け止めはサラサラ感があるので、汗でダラダラになてしまう運動会やレジャー事には最適になります。

日焼け止めは汗などですぐに溶けてしまいますが、そんな時は何度も塗り直すことでその効果を更に発揮させることができます。

そんな手間が掛かる作業ですが、ジェルタイプはサラッと短時間で塗り直すことができます。

また、全身にも塗ることが出来るので、外の強い紫外線から全身を守ることができます。

そして日焼け止め特有の白浮きが気にならないため、その上からお化粧もきっちりと塗ることができます。

お化粧がしっかりと載ることで、強い紫外線からもお肌を守りぬくことができます。

5.エッセンスタイプの日焼け止めの注意点

お肌に優しいエッセンスタイプですが、その分日焼け止め防止値が低い製品が多く、日焼け止め防止にはやや効果が低い傾向にあります。

家の窓からの日差しや、少しのお出かけの時などに塗るように心がけましょう。

また今では一年中紫外線対策をすることに越したことはない、とされていますよね。

秋や冬などの紫外線が少ない季節での外出時には適しているでしょう。

強い紫外線に2時間以上さらされる時にはSPFが30~50のものが良いとされているので、外出でもエッセンスタイプを使用したいという場合はそのSPFを基準に選んでみてください。

ちなみに、1時間程度の外出のSPFの値は10~30になっているので参考にしてみてください。

エッセンスタイプを使用して外出する際はSPFをしっかりと確認することをオススメします。

6.ジェルタイプの日焼け止めの注意点

肌が敏感な方がジェルタイプを使用する際はアルコールが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

ジェルタイプはサラっとした肌触りを実現するために、アルコールが含まれていることが多くあります。

アルコールは肌への刺激が強く敏感な肌の方には肌トラブルの原因になることがあります。

商品を選ぶ際には気をつけましょう。

エッセンスタイプとジェルタイプの日焼け止めを正しく使い分けましょう

ジェルタイプとエッセンスタイプ、どちらも人気の日焼け止めとあって、どちらも利点が沢山ありました。

そんな二つの日焼け止めの違いを理解することで使い分けを行うことができます。

自分のお肌に合ったもの、またシーズンや用途にあってお使いすることが紫外線からお肌を守る近道になりますので、是非参考にして紫外線を気にせず毎日を明るく過ごしましょう。

 

    「エッセンスタイプとジェルタイプの日焼け止めの違いと使い方」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/05(火) 14:55

    今まで日焼け止めはSPFの値だけで選んでいました。記事を読んでエッセンスタイプとジェルタイプの2種類があり、それぞれの使い分けが大切だとわかりました。今後の日焼け止め選びの参考にしよう思います。

  2. 2. いちご2018/06/12(火) 22:29

    日焼け止めは使い心地とSPF/PA値を重視して購入していましたが、肌質や使うシーンによって向き不向きがあったんですね。次に購入する際は、ぜひ参考にしたいと思います。

  3. 3. junjun2018/06/13(水) 13:58

    正直いろんな日焼け止めがありすぎて何を選んだらいいかわかりませんでした。ジェルタイプは使ったことがないですが、記事を読むとジェルタイプの方が自分の肌には合っている気がします。特にランニングをするのでその際はジェルタイプを使いマメに塗り直すようにしたいですね。