振られる予感がした時の対処法。振られるダメージを最小限に抑えよう

最終更新日:2016年11月2日

男性に振られるかもと察知してしまった場合、どうにか対処したいと焦りを持つ女性。

もし振られる予兆を感じ取ったら、自分から行動に出る様々な方法があります。

振られるダメージを最小限に抑えるために、今何が出来るでしょうか。


1.振られる前に振る

振られるということは、女性にとって傷つくものであり、後々傷が残りやすいものでもあります。

傷を最小限に抑える為に出来る対策は、振られる前に相手を振るということです。

最近になって男性が冷たい、言葉がきつい、他の女性の話をするようになったなど、自分から興味が薄れていることを察知し、もしかしたら振られるかもしれないという怖さを抱くようになった女性は、振られる傷を負うよりも振る傷の方が癒しやすいと思うことでしょう。

もし自分の中で区切りがつけられそうで、割り切ることが出来るなら、自分から振るという選択肢があります。

相手に嫌われたり避けられる前に、自分から振った方が気持ち的に楽になることも多く、一つの対策になると言えるでしょう。


2.不満や不安に思われている所を改善する

男性との関係を無駄にしたくない、終わりにしたくないという思いがあるなら、自分の中で悪い所や相手にとって不満に思われている所を直すという方法があります。

仮にその男性と付き合っている場合、そこに甘えが生じてしまい「なんとかなる」「きっと許してくれる」という思いを少なからず持ってしまいます。

その甘えによって振られるかもしれない場合は、直ちに改善する必要があるでしょう。

今の自分にとって彼しかいない、今後も彼以上の人に出会うことはないと思っているならば、今自分が甘えを捨てて変わるべき時です。

初心に戻ったつもりで、彼の不満や不安を取り除くことに徹底し、関係を悪化させたり終わることがないように努力すべきでしょう。

完全に変わることが出来なくても、その姿勢を見ることで考えを改めてくれる可能性を信じるのです。


3.他に好きな人を見つける

振られる前に出来ることの一つに、他に好きな人を見つけるという方法もあります。

出会いの場に積極的に足を運んだり、友達から紹介してもらったりと、新たな出会いを求めることで、振られることによるダメージを抑えることが出来るでしょう。

他に好きな人が出来てしまえば、意識や思いは新しい男性にいき、それまでの男性への気持ちは薄れて、振られることによるダメージは少なくなります。

好きになるまでに至らなくても、気になる存在、仲良い存在を見つけておくだけでも、気持ちに余裕が出てきます。

例えば「恋愛していないと生きていけない」「誰か男性が側にいないと寂しさで苦しい」という女性にとっては、この方法が手っ取り早い方法。

次に乗り換えることで、それまでの男性への気持ちを自ら薄くし、振られることを怖がらずに済むようにしておくのです。

また振られた時に「他にもう好きな人がいるし」と見栄を張ることもでき、自分だけ傷を負うことが嫌な人にとっても良い方法です。


4.覚悟を決めて真正面から受け入れる

何かしらの理由があって振られる場合、男性を責める訳にはいきません。

事実それまで自分はその男性のことが好きで、異性として見てきた経緯がある為「好きになれたこと」への感謝を持つべきとも言えます。

振られると予兆した時に、潔く「諦める」「覚悟を決める」というのも、女性が出来ることの一つ。

覚悟を決めた後には、振られた時に「ありがとう」「さよなら」と笑顔で言えるように気持ちを固めておきましょう。

振った側もその笑顔に後悔することがあります。

せめて「いい女だったな」「良い人と付き合えたな」と思ってもらえるように、最後は理想の女を演じることも出来るでしょう。


5.もう一度振り向かせる努力をする

仮に相手に振られたからといって、気持ちがリセットできなければ、もう一度追えばいいだけの話。

長期戦になるかもしれませんが、もう一度相手を振り向かせるために、自分磨きをしたり、スキルアップしたりと、努力できることを一つずつこなしていきましょう。

離れることでお互いに気付けること、相手の良さに気付くことは多くあります。

振った側の男性も、時間の経過と共に女性の魅力や良さに気付き、改めて見てくれることも期待できます。

その可能性がゼロではなく、努力次第ではまた一からやり直しがきくこともあります。

人生一度きりという思いで、自分が後悔しない為にも、最善の努力をし、男性がまた自分の元に戻ってくるように地道に頑張っていくという方法もあるでしょう。

振られるダメージを最小限に抑えよう

女性は先のことを読んだり予測することが男性よりも得意なため、些細な男性の言動によって「振られるかも」と予兆することがあります。

ただ予兆しただけで何も行動しなければ、きっと後悔しか残らないはず。

自分が後悔しない為にも、気持ちを切り替える為にも、予兆を感じとったら出来ることをしておくのも準備の一つ。

自分が今後その男性とどうなりたいか、どうでありたいかを考えて、出来る対策を事前に考えておきましょう。