現実主義な女性が嫌われてしまう理由とは。経済力や社会的地位を気にしすぎる

日々の生活最終更新日:2016年5月1日

男性から好かれない、友達がなかなかできない、など悩みを抱えた女性は、もしかしたら現実主義すぎるのかもしれません。
現実主義の女性が嫌われやすい理由をチェックしてみましょう。
今からでも直せる部分が見つかるはずです。

1.お金の管理が厳しすぎる

現実主義な女性が嫌われる理由の一つは、お金の管理がしっかりできる、ということが長所としてとどまらず、金銭管理がきびしすぎるために嫌われてしまうのです。

無駄遣いはしないので、レストランで食事をしたり、買い物をしたりしたときの、周りの人から「ケチな人、楽しくない人」と思われてしまいます。
クーポンが使えるお店しか利用しない、セール品しか買わない、などお金の管理にきびしすぎると、そのように思われやすいので、気をつけましょう。

また男性は、金銭管理がきびしい現実主義の女性と結婚すると、「お小遣いが少ない、無駄使いができない」といった生活をイメージしてしまいます。
飲み会に行かせてもらえなかったり、趣味にお金を使えなかったりと、お金が制限されることが想像できるからです。

お金の管理に厳しく、無駄遣いを自分にも他人にも許せない女性は、現実主義な女性の可能性が高いので、気をつけましょう。

時には、思いのまま食事にお金を使ったり、衝動買いをしたりするのも良いかもしれません。

2.経済力を重視しすぎて恋愛や友情関係にヒビが入る

現実主義な女性は、経済力をつねに重視していることが多いです。

友達や同僚に住んでいるマンションの家賃を聞いたり、お給料を聞いたり、気になることは聞いてしまい、周りの人の経済力をチェックします。
また男性の好みもしっかり経済力がある人を選びがちです。

特に彼氏が仕事で失敗したり、弱音を吐いたりすると、経済力をキープできないと判断し、不安になり、彼氏を責めてしまったり、ダメ出ししてしまったりしがちです。
そのせいで、恋愛が上手くいかないことや、関係が長続きしないこともあるのです。

また自分の経済力も気にします。
お給料を上げるために、資格のために勉強するなど努力も惜しみません。
そんな部分は好感が持たれますが、お給料のために残業をしたり、自分を犠牲にしたりして働いてしまうので、「幸せでなさそう、仕事中毒」と周りの人から思われてしまうのです。

経済力を重視し過ぎると、周りの人からマイナスの印象を持たれがちで、嫌われる一方です。

3.失敗をせず社会的地位をキープしているための嫉妬

現実主義な女性は、完璧に何でもこなし、ほとんど失敗しないので、社会的地位をキープしている特徴があります。
けれどそんな部分が嫌われてしまう理由にもなっているのです。

特に男性は、自分よりも仕事ができる女性と付き合うと、劣等感を感じたり、プライドを傷つけられたりしてしまう傾向があります。
そのため、そんな女性は避けて生きていきたい、と思ってしまうのです。

男性から飲み会に誘われなかったり、仕事以外での異性との付き合いが極端に少なかったりするなど、社会的地位が高い女性はもしかしたら、嫌われているのかもしれません。

社会的な地位をキープすることに集中しすぎず、旅行のために長いバカンスを取ってみたり、留学や勉強のために仕事から距離を置いたりすることも大切です。

また失敗してもいいから、どうしてもやってみたいことを見つけ、挑戦してみるのも、現実主義な自分から変わるチャンスとなります。
きっと以前よりも魅力的な女性になれるはずです。

4.結婚観念がはっきりしすぎている

現実主義な女性の多くは、はっきりした結婚観念を持っていることが多いです。
例えば、結婚は30歳までにする、結婚したら共働き、将来子供は2人欲しい、など相手があることなのに、すでに決めています。
そしてその条件を飲んでくれる男性としか付き合うことができないのです。

結婚観念を持つことはかまいませんが、あくまでも自分の「理想」で妥協ができることが大切です。

あなたのことが好きでも、結婚観念がはっきりしているために、「自分には荷が重すぎる」と感じる男性も多いはずです。
結婚をしてから、二人でいろいろなことを決めていきたい、という男性も多いはずです。
またあなたのはっきりした結婚観念を聞いた周りの友達は、あなたに紹介したい人がいても、その条件のせいで紹介できない、なんて考える人も出てきます。

結婚のプランを持った現実主義な女性は、男性からも女性からも嫌われてしまいますので、結婚したい女性はそうならないように注意しましょう。

現実主義を他の人にも押し通さない柔軟性も大切

現実主義な女性が嫌われる理由は、普段の生活スタイルや考え方などさまざまです。
特に経済力や社会的地位を気にしすぎると、周りの人に引かれてしまいます。

自分の考えを押し付けすぎず、いろいろなタイプの人と関われるようになると、魅力的な女性と思われたり、結婚したい、と思われたり、好印象を持たれる女性になれるのです。
自分にある程度厳しくても、相手には厳しくなり過ぎないようまずは注意してみましょう。
参照:現実主義者の特徴6つ

 

    「現実主義な女性が嫌われてしまう理由とは。経済力や社会的地位を気にしすぎる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く