ヒールを履くと膝が曲がってしまう時の対処法。ガニ股を回避しよう

最終更新日:2016年2月21日

ヒールのある靴を履いていると、いつの間にか膝が曲がっていることはありませんか?低いヒールならまだしも、ハイヒールだとそういう体勢になっている人を街でもよく見かけます。

今回は、膝が曲がらないための対処法をご紹介します。

1.姿勢を良くする

これは基本かもしれません。

背中が曲がっていると、おしりが突き出ていたり、あごを前に突き出すような姿勢になってしまいます。

姿勢が悪いときちんと膝に体重がかからないため、膝が曲がってしまいます。

胸を張り、おしりを引っ込めるだけでもずいぶん姿勢は変わります。

ヒールのある靴を履くのであればぜひとも姿勢を良くして颯爽と歩きましょう。


2.かかとから下ろすようにして歩く

歩き方の問題になりますが、つま先から下ろすのではなく、かかとから下ろして歩くようにしましょう。

つま先から下ろすと、ヒールが高いぶん膝を曲げて歩くようになってしまいます。

かかとから下ろして歩くことで体重のかかりかたも安定するので、ハイヒールを履いていて足をくじいてしまう、ということも防ぐことができます。

背筋を伸ばしてかかとから歩くことで、見た目も凛として美しくなります。

3.最初から高いヒールを選ばない

今までローヒール、もしくはぺたんこの靴を履いていた人が、いきなり高めのヒールの靴を履くようになると、高確率で膝が曲がります。

これは単に慣れていないだけですので、ヒールの高さを徐々に調節しながら慣らしていきましょう。

なぜ高いヒールを履くことに慣れなければいけないかというと、歩き方が身体に馴染んでいないからです。

ヒールのある靴はつま先とかかとのヒール部分で体重を支えるため、慣れていないとどうしても体重のかけかたがわからず、歩き方も不自然になってしまいます。

こうならないためにも、急に高いヒールを履かないようにしましょう。


4.ヒール部分が細くないものを選ぶ

上にも書きましたが、ヒールのある靴はつま先とかかとのヒール部分で全体重を支えます。

つまり、つま先はともかく、ヒール部分が細いとそれだけ安定しなくなります。

慣れてしまえば、例えば12センチのピンヒールでも普通に歩くことはできますが、慣れるまではかなり苦労するでしょう。

ヒール部分が細ければ、そしてそのヒール部分が高ければ、余計に体重のかけかたがわからず不自然に、不安定になってしまいます。

そして、結果として膝が曲がってしまいます。

お仕事でもないのであれば、最初はヒール部分が太めのものから慣らしていくのが良いでしょう。

5.ストラップがついているものを選ぶ

膝が曲がる原因として、体重をうまく支えることができていないからだと書きました。

そこで、足をより安定させるためには、足の甲の部分にストラップのついてある靴をオススメします。

足を前に踏み出す時に、靴が脱げる心配がなくなるので、それだけでも安定しますし、安定することで姿勢も良くなります。

姿勢が良くなれば膝も曲がることはなくなるので、最終手段としてストラップつきの靴を選ぶのも良いのではないでしょうか。


6.つま先部分の底が厚いものを選ぶ

ピンヒールのサンダルに多いのですが、つま先部分の底が薄く、ヒール部分が細くて高いというものがあります。

基本的に、靴の底が薄いと安定はあまりしません。

運動靴を見ていただければわかるように、あちらも底はかなり厚めになっています。

膝が曲がらないように足を、身体全体を安定させることが目的なのであれば、身体を支えるつま先部分は底の厚いものにしましょう。

例えば17センチのピンヒールを履く場合、つま先部分の底の厚さが5センチなら、実質的なつま先とかかとの高さの差は約12センチになります。

単純に約17センチの差があるピンヒールと比べると、つま先にかかる圧力も変わってきます。

また、底が厚くて安定しているため、通常の薄い底と比べると抜群の安定感があると言えるでしょう。

7.つま先にクッション材を敷く

サンダルなどの場合、つま先が前にずれてくることによって身体の安定が悪くなり、結果的に膝が曲がってしまうことがあります。

その時は、つま先にクッション材を貼りましょう。

透明でスライムのような素材を使った形状記憶型のものが売ってありますので、それを導入するのも手です。

こちらはパンプスなどでも同じようなものが売ってありますので、さらに足元を安定させたいのであれば一枚持っておいても損はないでしょう。

ヒールを履いてキレイに歩こう

ヒールのある靴を履いて颯爽と歩く姿は、女性の特権です。

それなのに、ガニ股になっていたり膝が曲がっていたりすると、決して美しいとは言えません。

ヒールのある靴を履くのであれば、凛と背筋を伸ばしてカッコよく歩きましょう。

そのためにも、日々の姿勢を見直してみたり、ヒールのある靴を履いたことがない人であれば少しずつ慣らしていくといった工夫をしながら、女性として素敵だと思ってもらえるような履き方をしてみてください。