一目惚れ体質を改善する方法。すぐに好きになってしまう癖をなおそう

最終更新日:2015年5月12日

あの人素敵だなと一目で好きになってしまって、辛い思いをしたことがあるという方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな一目惚れ体質を改善するにはどうすれば良いのでしょう。

一目惚れ体質を改善する方法をご紹介します。

1.一目惚れをしたら一度冷静に相手を見てみる

どんな人でも一度冷静になって相手の性格や人格を見てみなければ、本当のその人のことはわからないものです。

いくら外見に惹かれて心を奪われたとしても、性格や人格に悪いところがあれば、後々辛い思いをしてしまうのは自分なのです。

交際に発展した当初は様々なことに目を瞑れると思います。

ですが、一目惚れで交際してしまった場合、相手をよく分からないままなので、1ヶ月、そして1年と時が経てば当初許せていた事も、だんだんと許せなくなってしまうこともあります。

そして、一目惚れしたことを後悔してしまう出来事に見舞われる場合もあるのです。

一目惚れをしたら、一度相手のことを冷静に見てみましょう。
そうする事で一目惚れ体質を改善するための第一歩を踏み出せます。

それを続けていけば、一目惚れ体質を完全に改善することができるのではないでしょうか。
一目惚れ体質を改善すれば自分にとっても良き出会いを引き寄せることができるはずです。


2.決して焦らないようにする

一目惚れをしてしまうと、あの人を誰かにとられてしまったらどうしよう、早く気持ちを伝えて付き合いたい、と焦ってしまいますよね。

異性に一目惚れして、好きにな気持ちが大きくなればなるほど、いち早くお付き合いしたいという思いが湧くのは人間の本能かと思います。

ですが、そこであまりにも焦ってしまうと焦りは相手にも少なからず伝わってしまうこともあります。

そんな人ばかりではありませんが、焦りが伝わった状態から交際に発展してしまうと相手にとって都合の良い相手とみなされる場合も少なからずあるのではないでしょうか。

初めは難しく思う事もたくさんあるかと思いますが、一目惚れをした場合は決して焦らず、ゆっくりと相手に近づいていきましょう。

そうする事で相手は良い人なのか悪い人なのかなど、判断することができます。

その判断をする事で一目で相手に惚れ込んでしまって、後から辛い思いをすることもすくなくなるはずです。

慣れれば余裕を見せながら相手に近づいて行くこともできるようになり、一目惚れ体質を改善することができるのではないでしょうか。


3.高い理想ばかりを追い求めない

一目惚れは、自分の理想から近い相手にしてしまうことが多くなります。

顔立ちが理想的だとか、スタイルが理想的だとか、一目で理想的だと判断して恋心を抱いてしまうことは結構あるはずです。

ですが、恋愛するには多少の理想は必要かと思いますが、高い理想は捨ててしまった方が後に幸せを掴めることがあるのではないでしょうか。

何より高い理想を捨てることで人の中身をきちんと見られるようになるものです。

人の中身をきちんと見られるようになれば、この人の優しいところが好きだとか、中身での判断ができるようになります。
自然の流れで親しくなった相手であってももっとこの人のことを知りたいと思えるようになるのではないでしょうか。

高い理想を追い求めすぎれば、本当の幸せは掴みにくくなるでしょう。

ですが、高い理想を捨てれば本当の幸せが掴めるのです。
そうすることで、人の中身を見るクセもつき、一目惚れもしにくくなるはずです。


4.自分のタイプとは正反対の恋人を作ってみる

一目惚れ体質の人は、人目でタイプだとわかる人と付き合う事が多いのではないでしょうか。
その為、新たな恋愛をする時もまた、一目惚れから始まってしまうという事があるかと思います。

一目惚れを改善するためには一度自分のタイプとは正反対の恋人を作ってみましょう。
自分のタイプとは正反対の恋人を作ることで、自然に人の中身を好きになるということがあるのではないでしょうか。

そこで、相手の中身を好きになることに幸せを感じたなら、もし、また新たな恋をする時に一目惚れからすぐに恋愛に発展するということは少なくなるはずです。
そして、一目惚れ体質の人は好きなタイプに偏りがある傾向にあります。

ですが、タイプではない異性と交際することで、視野が広くなります。

これにより恋愛にこだわりをなくすことができます。
視野が広くなり恋愛へのこだわりが無くなれば、自然に一目惚れ体質は改善できるのではないでしょうか。

人はみかけじゃないと思うことで一目惚れ体質は改善できる

以上、一目惚れ体質を改善する方法のお話でした。

一目惚れ体質を改善する為に一番大切なことは、好きになった相手の中身をよく知ろうとする心を持つことです。

決して焦らず、ゆっくりと相手の中身を見て思いを伝えるか伝えまいか判断しましょう。

そして、人は見かけではわからないという言葉を頭の片隅に置いておきましょう。

そうすれば、一目惚れ体質は改善できるはずです。