H&M・ユニクロ・ZARAの違い。ファストファッションの違いとは

最終更新日:2016年9月3日

ファストファッションが日本国内のどのエリアでも手軽に購入できるようになりましたね。

その中でも特にH&M、ユニクロ、ZARAの三社の製品は誰もが1枚は所有していると言ってよい程、私たちの生活に浸透しています。

今回はこの3社のブランドの成り立ちや製品の性格の違いについてご紹介します。

1.H&M

まず初めに北欧の誇るデザイン王国スウェーデンのH&Mからみていきましょう。

H&Mは元々スウェーデンの田舎町で1947年に創業した婦人服の店が始まりだったのですが、少しづつアウトドア製品やメンズ衣料品の会社と統合しながら今日まで会社規模を拡大し続け、日本では2008年に最初の店がオープンしました。

製品はレディスのみならずベビー服マタニティ服からメンズラインまですべてが揃っており、毎日使える下着やキャミソール等の定番商品ラインから会社への通勤やおよばれにも使える華やかなライン、オフの日のアウトドアにも活用できるH&MDENIMなど実に幅広く展開されています。

「最良のファッションを最良の価格で」というスローガンを掲げ、およそ500円台から2万円台程度の個々の消費者が納得できるお手頃な価格帯設定がなされています。

また世界中多くの国と地域に出店している為、誰でもファッションを楽しめるようにとサイズや色味も他のメーカーに比して豊富です。


2.ユニクロ

次に日本の誇るファストファッションブランドのユニクロについて見てみましょう。

1984年に山口県で創業したユニクロは、当初アメリカンクラシック風の店舗でユニセックスな衣料品を扱う店舗としてスタートしました。

しかし時が流れた1997年ごろにGAPをモデルとしてプライベートブランドの製品を自社生産する方向へ転換し、フリースをはじめとする日本の風土に合った日常衣料品を低価格高品質で世に送り出すようになりました。

ファーストリテイリングに買収されて国際化した現在においてもヒートテックやブラトップなど独自の機能的なアパレル商品を生み出す点において、他のファストファッション企業よりも長けていると言えます。

価格帯は過去10年で値上がり傾向にあり、最近では2,000円前後の商品が増えました。

しかし1店舗に誰もが使える基本のアイテムが揃っており、且つ駅ナカの出店も多いので、社会人の方にとっては無くてはならないブランドであると言えます。

3.ZARA

では、スペイン発のブランドZARAはどうでしょうか。

1975年にスペインで生まれたZARAは、スペインのアパレル業界に革命を起こしたメーカーであると言っても過言ではありません。

それまでは専門店がアパレル小売形態の中心だったスペインにおいて、レディスキッズメンズのすべてのラインの衣料品を1店舗で販売しただけでなく、後に他のファストファッションブランドの手本となるサプライチェーン方式をとることによってデザイン縫製店舗への輸送、販売までをも自社で一括管理するモデルを構築しました。

他のブランドよりもデザイン業務に従事するスタッフ数が多く、製品の素材品質やデザインなどに重点を置いている為、百貨店で扱いのある一流ブランドばりのデザインの洋服を安価で楽しめる点に特徴があります。

商品価格帯は他のブランドよりも若干高価ではありますが、毎日のファッションをより上質でオシャレに仕上げる為のアクセントとして投入する人も多くなります。


4.各社の製品の傾向

最後にこれまでまとめてきた3社の製品の傾向についてより具体的に見ていきましょう。

縫製や商品管理については、やはりユニクロが群を抜いていると言っても差し支えないでしょう。

特に他の2社よりも在庫を清潔かつ丁寧に扱っており、汚れやしわ等の心配はあまりありません。

購入してすぐに着用しなければならないものがある場合であっても安心して袖を通すことが出来ます。

次に返品や試着などのサービスについてみていくと、H&Mのサービスが大変便利だと言えます。

特に返品についてはタグのついた状態の実商品とレシートさえあれば下着以外は全国どこの店舗でも30日間受け付けてくれる為、気になる服を一旦自宅まで持ち帰り、手持ちの洋服と合わせてみてから活用を決めることも出来ます。

また急なおよばれの予定が入ったときに便利なのがZARAでしょう。

靴から鞄に至るまで全てにおいて落ち着いたデザイン高品質な製品が多く、パーティ会場の多い街中に店舗がある為予定の直前でも手早く身支度を整える事が可能です。

H&M・ユニクロ・ZARAの違いを知ろう

代表的なファストファッションブランドについてまとめてみました。

それぞれの会社の歴史や成り立ちを見てみると、それぞれのブランドごとに独自の特徴があるのがわかりますね。

これらの特徴を抑えておけば、あなたの日々のワードローブをよりファッショナブルで楽しいものにするのに一役買ってくれることでしょう。