振られた男性への未練を断ち切る方法。辛い気持ちも乗り越えて再出発しよう

最終更新日:2015年5月17日

大好きだった人に告げられた突然の別れ。
どうして別れなければならなかったのか、自分のどこが悪かったのか。

頭の中は彼一色で、悲しみが溢れる心に、どう折り合いをつけていいかわからないですよね。
ここでは彼への未練を断ち切る方法をご紹介します。

1.思う存分、泣く

失恋の直後は、どこへ行っても、どこを歩いていても彼のことの思い出が蘇ってきてしまういます。

一緒に行こうと約束していた映画やカフェ、彼が好きだったお酒や食べ物。

自分の生活の一つ一つに彼が根付いていて、どんなに忘れようとあがいても、頭の中から彼は出て行ってくれません。

こんな時、まずは無理に自分の心に整理をつけようとせず、とことん泣いてください。

本当にショックを受けたときというのは、意外にも子供のようにワァワァと声をあげては泣けません。

ですが、ここで我慢するのではなく、一つ一つ思い出に寄り添って心の底から泣いてください。

どんなに長期間泣くことになっても、いつか泣くことに疲れる時が来るはずです。

もしも泣くのにきっかけが必要であれば、失恋映画でも失恋ソングでもあらゆるものを利用しましょう。


2.誰かにとことん話しを聞いてもらう

悲しい気持ちは自分の中に閉じ込めず、外へと吐き出しましょう。

特に親しい友人や家族に、聞き役に徹してもらい、自分がどれほど彼を好きだった、自分がどれほど今悲しいのか、どんな風に彼との日々を過ごしていたかなどの思いの丈を打ち明けましょう。
迷惑をかけていいんです。

だって本当に傷ついているのですから。
これは新たな一歩を歩み出すためのとても大切なプロセスの一つです。

自分の中に彼への未練をため込めばため込むほど、消化不良を起こして自分が見えなくなっていくものです。

彼への思い、自分のふがいなさや彼の悪口、どんなことでも第三者に話を聞いて貰ってください。

そして根気強くアナタの話を聞いてくれた友人は、アナタのことを本当に大切に思っています。

そのことに気付けたとき、今まで一人で地獄に落とされた気分が少しだけ軽くなっているのを感じる事ができます。


3.負の気持ちをしまい込まない

大好きな彼に別れを告げられたあと、自分の中に生まれた負の気持ちの表れにフタをしないでください。

特に、もし彼が他の女性へと心変わりして、別れなければならなかった場合などには、相手の女性へ恨みの気持ちが生まれたり、とても理不尽に感じることがあると思います。

憎らしいと思うのであれば、そう思い続けましょう。

自分の気持ちにフタをしてはいけませんし、自分が悪いのだと思い込んでしまうのはもっといけません。

いつかそんなことなど、もうどうでもいいと思える日がきます。

そしてそのときには、アナタの価値に気付けなかった彼のことなど、思い出しもしなくなっています。


4.環境を変えてみる

少しだけ気力が湧いてきたら、思い切って環境を変えてみましょう。

部屋の模様替えや、新しい食器や観葉植物を買う、どこかに少し遠出してみるのもいいでしょう。

日々、生きていくというのは、少しずつ前へと進んでいくことです。

彼に振られた直後は絶望し、死にたいとすら思ってしまうようなどん底でも、毎日を生きていけば、少しずつ彼との思い出から離れて、新しい場所へと前進していきます。

無理に彼を忘れる必要はありませんが、それでも自分は前に進んでいるんだと自覚できる証拠が必要です。

ですから、生活のどこかを一部に変化を加え、新しい風を自分の中に吹かせてみましょう。


5.占いに答えは載っていない

占いにアナタの恋愛の答えは載っていません。
彼の事が大好きであればあるほど、温かな言葉に最後の希望を託したくなるものです。

しかし彼がアナタとの復縁を願っているのであれば、その知らせは占いではやってきません。

時に頼もしく思える占いの言葉は、あくまで占いであって、アナタと彼との復縁を示唆する確固たる証拠にはならないはず。

彼を恋しく思いばかり、色々な占いの言葉に翻弄されたところで、疲れてどこか空しくなってしまうだけです。

占いの言葉にすがっていても前には進めません。


6.出会いに臆病にならない

失恋したときには、アナタの世界の男は彼たった一人になっています。
けれど、世界の半分は男性です。

まだアナタは、アナタを心の底から大切にしてくれる男性とは出会えていません。
次の恋愛に臆病にならないでください。

新しい人々と出会い、彼との思い出が風化していくことを恐れないでください。
少し気持ちに余裕が出てきたら、新しい場所へ出かけ、新しい人々と出会ってください。

そこにきっとアナタがもっと魅力的に輝ける恋愛のきっかけが落ちているはずです。
恋愛しようと意気込むのではなく、あくまで肩の力を抜いて、新しい人の新しい価値観に触れてみましょう。

別れの辛い気持ちも断ち切って再出発を

大好きな人との別れは、とても辛くて悲しいものです。

別れをつげられた瞬間から、体は裂けて、心は砕け、歩くこともできないほど打ちのめされボロボロになってしまいます。

しかし、それほどどん底に落とされても、また再出発をしなくてはいけないのです。

いつか彼の事を思い出しもしなくなる日まで、無理をせず、自分に嘘をつかないことが、振られた男性への未練を断つ方法なのです。