イケメンにトラウマがある女性がトラウマを解消する方法

最終更新日:2015年3月7日

イケメンというと「女性にとってあこがれの的」というイメージがあるでしょう。
しかし、中には、「過去の恋愛経験でイケメンにひどい目に会い、今でもそれがトラウマになっている。
そのため、恋活をしていても、どうしてもイケメンを敬遠してしまう」という女性もいるのです。

ここでは、そのようなイケメンにトラウマを持っている女性のために、トラウマを解消する方法をご紹介します。

1.トラウマの原因となっているイケメンについて改めて分析してみましょう

最初におすすめしたい方法は、トラウマの原因となっている「あのイケメン」の分析をすることです。
トラウマになっているということは、元彼など、具体的なイケメン男性からひどい仕打ちをされたというような経験があるはず。
ですから、その「悪いイケメン」について、もう一度振り返ってみるのです。

たとえば、「元彼はお金にだらしない人で、貢いだ挙句、結局捨てられてしまった」という場合は、こう自問してみましょう。

「彼氏がイケメンだったことが間違いの一番の原因か?あの元彼がもしイケメンでなかったら、貢ぐようなことは絶対なかったのか?」
おそらく、ほとんど人は「NO」と答えるはず。
ほかのケースでも同様です。

つまり「一番の原因は彼がイケメンだったことではない。
彼の人間性に問題があって、自分にそれを見抜く目がなかったことが、失敗の最大の原因」なのです。

それがわかれば、「イケメンはこわい」という意識を捨てることができるでしょう。

2.イケメン有名人との幸せな恋愛を想像してみましょう

イケメンにトラウマを持っている女性でも、おそらく「この世のすべてのイケメンがNG」ということはないはず。
俳優やアスリートなどの有名人の中に、「男性として好き」と思えるイケメンがいるケースが多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、その好きなイケメンとの幸せな恋愛を想像してみるという方法です。
「もし彼とつきあうことになったら」という前提で、自分の思うがままにすてきな想像を膨らませてみましょう。

さらに、「もしゴールインしたら」という想像もするのです。
華やかな結婚式、幸せな結婚生活。
それらを具体的にイメージすることによって、心の傷となっている「悪いイケメン体験」が薄れていくに違いありません。

3.周囲のイケメンの人間性を観察してみましょう

中には「そんな想像、リアリティがまったくないから、ばかばかしくてできない」という人もいるに違いありません。

そういう現実派の女性には、想像ではなく現実の観察をおすすめします。
あなたの周りにいる、少しでもイケメンと思われる男性を徹底的に観察してみるのです。

友人、知人、クラスメート、会社の同僚などの中からイケメンをリストアップして、その行動や人間性を見極めてみましょう。
そうすれば、「イケメン=悪い男」ではないことが、必ずわかります。

「顔もイケメンだけど、心はもっと美しい」という男性もいるかもしれません。
そうでなくても、顔の美しさと心の美しさはまったく無関係であり、「ようするに、イケメンにも良い人と悪い人がいる」という認識がはっきり生まれることはまずまちがいないでしょう。

その認識が、イケメンに対するトラウマを解消してくれるのです。

4.イケメンとつきあっている友人や知人からヒアリングしてみましょう

さらにリアルな方法として、実際にイケメンとつきあっている友人などからヒヤリングするというやり方はどうでしょうか。

あくまでも「現在恋愛中」、もしくは「結婚して、夫婦円満」という友人を対象とするのがポイント。
そうでないと、同じようにイケメンに対して悪い印象を持っている人からのヒヤリングになってしまう恐れがあるからです。

イケメンとつきあったり結婚したりしている幸せな人にヒヤリングすると、おそらく「外見とは関係ない彼氏の人間性の魅力」の話が出てくるにちがいありません。
「最初は顔を好きになったのだけれど、つきあっているうちに顔なんてどうでもよくなった。
今は100%近く、人間性に惚れている」というような話を聞ければ、あなたの中のイケメンに対する悪いイメージは薄れるにちがいありません。

5.友人などに相談して「おすすめのイケメン」を紹介してもらいましょう

ここまで紹介した4つの方法は、いずれも意識の持ち方や人間観を変えることによって、トラウマを解消するやり方でした。

最後に1つ、もっとも具体的で効果的な方法をお話ししておきます。
それは「実際に、イケメンとつきあってみる」という方法です。

ただし、同じ失敗を繰り返すことは、ぜったいに避けなければなりません。
今度こそ、イケメンとの幸せな交際を実現させましょう。
そのためには、自分一人で相手を探そうとしないことがポイント。
友人や知人、家族など、信頼のおける人に相談して、イケメンを紹介してもらうのです。
「彼なら、人間的におすすめできる」という男性を紹介してもらい、もしその人と交際することができれば、たちまちトラウマは消えてなくなるはずです。

「分析」「想像」「観察」から始めよう

最後の方法はもっとも効果的ではありますが、実際にはなかなか適当なイケメンが見つからないものです。

ですから、友人に「紹介して」と依頼しながら、同時に上の4つの方法を実践してみるといいでしょう。
一人で今すぐできる「分析」「想像」「観察」から始めることをおすすめします。