犬嫌いな人の理由とは。なぜ犬が好きではないのか

最終更新日:2016年3月6日

好きな人には理解できないものですが、世の中には犬嫌いな人も多く存在します。

「あんなに可愛いのに」と疑問を感じる人も多いでしょうが、そこにはしっかりとした理由が存在します。

犬嫌いな人は一体どのような理由なのでしょうか。

1.よだれが汚い

犬とよだれは付き物です。

犬は飼い主のことが大好きなため、よく遊んでもらおうとくっついてくるのですが、その際に洋服によだれがついてしまうというのは、飼い主からすればあるあるです。

犬好きの人であれば、それは仕方のないことだと割り切れますが、そうではない人にとっては、けっしてキレイなものではないので不快に感じることが多くなります。


2.うるさいのが嫌

犬のかわいいくて人懐っこそうな顔を見て、好きになったはいいものの、いざ飼ってみたらうるさくてしょうがなくて嫌いになってしまったという人もいます。

犬好きで何度も飼ったことのある人にとっては周知の事実ですが、ほえない犬などそうそういません。

犬を飼う際にはそのようなことは理解しておかなければならないのですが、そのようなことを知らないで飼ってしまった人は、犬嫌いになってしまうようです。

また、近所で飼っている犬がうるさいから犬嫌いになってしまったという人も多いです。

犬は知らない人に対して、親の敵と言わんばかりにほえますので、そのイメージが頭から離れず嫌いになってしまっているのです。

実際に飼ってみれば、飼い主に対してはそのようなことはないのですが、それを実感する機会はないので、生涯、犬嫌いであることも多くなってしまいます。


3.噛みつかれそうで怖い

犬に対する恐怖心から犬嫌いになってしまったという人も多いです。

近所にしつけのなっていない、誰にでもほえるような犬がいて、ある時その犬に噛まれてしまったことがトラウマとなってしまい、犬嫌いになってしまったという人です。

確かにそのようなしつけのされていない犬は、人に噛み付いてしまうことがあります。

一度噛まれてしまったり、その惨状を目の前で見てしまったという人は、犬に恐怖心を持ってしまっても仕方ないことです。

犬好きの人からすれば、全ての犬がそうだというわけではない、と声高に叫びたいところですが、実際にこのような犬がいるのも事実です。

子供がいる人などは、もしも子供に何かあったら、と危険を感じてしまうため、より一層、犬を避けるようになってしまいます。


4.飼い主のマナーが悪い

犬自体がどうこうというよりは、犬を飼っている飼い主のマナーが悪いことで、犬に嫌悪感を覚える人もいます。

特にマナー面でよく問題になるのは、犬のトイレです。

しつけがなっていない犬は、好き放題あらゆる場所でトイレをします。

習性ですので仕方がないといえば仕方がないのですが、そのようにしつけをされていない犬を見ると、犬を飼っていない人は嫌悪感を覚えてしまいます。

さらに、犬が道端でトイレをしたのに、それをそのまま放置してしまう人もいます。

そのようなものを踏んでしまった場合、イライラしてしまうのは当然です。

しっかりとマナーを守っている人もいるのですが、まったくマナーを守らないという人もいるので、犬を好きなはずの飼い主が、犬嫌いを促進させているという現実も存在します。


5.手がかかる

犬を飼うと、しつけをしっかりとやらばければならなくなりますし、定期的に散歩にもいかなければならなくなります。

毎日食事を与え、時には遊んでやり、というように、面倒なことが多いです。

犬好きの人であればこのような手間も楽しく行うことができるでしょう。

しかし、犬がそれほど好きではないという人にとっては、このようなことが面倒に思えてしまい、犬嫌いとなってしまいます。

犬の良いところは人間に従順なところなのですが、だからこそ様々な手間がかかってしまいます。

しつけがしっかりとしていないと飼い主が噛み付かれてしまうこともあります。

そのようなリスクや手間を考えると、どうしても犬を飼う気にはなれず、犬嫌いになってしまいます。


6.親が犬嫌いだから

親が犬嫌いで、子供の時から犬は嫌なもの、というイメージを植えつけられていたため、犬嫌いになってしまったという人もいます。

いわゆる食わず嫌いに似たようなことなのですが、このような人は生理的に犬が嫌いになってしまうため、犬が不意に近付いてくるとパニックになってしまうほど、犬が嫌いです。

特に嫌いな理由がないだけに、一生犬嫌いのままであることが多く、それを自分の子供にも引き継いでしまいます。

食べ物や動物の好き嫌いというものは、親から遺伝すると言われています。

実際には遺伝するわけではなく、子供が親が嫌っている様子を見てマネしてしまうことで、同じ好き嫌いになってしまうのですが、このようなタイプの人は根強い恐怖をその動物に覚えてしまうことになるため、かなり厄介です。

犬嫌いな人の理由を知ろう

様々な理由で犬嫌いになってしまった人がいます。

犬好きの人が犬嫌いの人を作っているという、本末転倒なことがよく起きています。

これ以上、犬嫌いを増やさないためにも、犬好きの人はしっかりとしつけをしてマナーを守るようにしましょう。