自分の顔に合うメイクの見つけ方5選

恋愛最終更新日:2014年12月8日

「キレイになりたい」「かわいくなりたい」と色々なメイク方法を試してみても、いまいち自分に似合わず、残念な思いをしてしまうことがあります。

流行のメイクであっても、自分に似合わなければ、素敵に見せることができません。

そこで、自分の顔に似合うメイクを見つけるための方法をご紹介します。

1.自分の肌を分析する

ベースメイクはメイクの命です。

自分の顔に似合うメイクを見つけるにはまず、ベースメイクの方法から考えていくことが大切です。

そのために必要なことはまず、自分の肌の状態を分析することです。

どこにしみやニキビ跡があるか・どこがくすんでいるかなど、「できればあまり見たくない、自分の肌の欠点」に関しても、冷静に見てみてください。

自分の肌の具体的な欠点がわかると、どのような下地を使ったら良いかなど、具体的な対策が立てやすくなるのです。

また自分の肌の色をきちんと把握しておくことも大切です。

自分の肌の色よりも暗過ぎるファンデーションを選んでしまうと、肌がくすんで見えます。

逆に、自分の肌の色よりも明る過ぎるファンデーションを選んでしまうと、白っぽく膨張して見えてしまい、顔が大きく見えてしまいます。

自分の肌の良い点・悪い点が具体化されることによって、どのようなベースメイクアイテムを選んだらよいかがわかります。

自分の顔に似合うメイクを見つけるためには、自分の肌の分析をすることは必須事項です。

2.コスメカウンターでプロの意見を聞きながら、メイクアイテムを選ぶ

自分の顔にどんなメイクが似合うかが、いまちよくわからないと悩んでしまう人も多いかもしれません。

そんな時は、プロの意見を参考にしてみるのも良い方法です。

デパートのコスメカウンターに行き、スタッフの方にアドバイスしてもらいながら、どんなメイクアイテムを買うかをじっくり決めましょう。

コスメカウンターでは、実際にプロのスタッフから無料でメイクしてもらうこともできますので、メイクに自信がない人は、1度お願いしてみると良いでしょう。

メイクをしてもらう際、「どのようにメイクしたらキレイになれるか」を色々教えてもらうことも大切です。

又、「自分に合った色」の選び方も、ぜひプロに聞いてみましょう。

客観的な意見を聞くことができます。

3.眉の描き方を研究する

「眉メイクを制する者はメイクを制する」と言っても良いくらい、眉の描き方1つで、顔全体のイメージは全く違うものになります。

なので、自分の顔に似合ったメイクを見つけたいと思ったら、「自分の顔に似合った眉の描き方」をぜひマスターしてください。

元々の自分の眉の形を活かし、アイブロウパウダーをぼかしながら、自然に仕上げることがポイントです。

細過ぎたり太過ぎたりしないように注意し、ナチュラルな太さに描き上げます。

又、アイブロウパウダーは、自分の髪の色と同系色を選ぶことで、より自然な仕上がりになります。

「浮いて見えることのない、自然な眉」は、元々あった自分の顔の魅力を最大限に活かしてくれます。

自分の顔に似合ったメイクをマスターするためには、欠かせないポイントの1つと言えるでしょう。

4.メイクは、鏡をじっくり見ながら行う習慣を付ける

焦って適当に行ったメイクでは、自分の顔に似合ったメイクを見つけることはできません。

なるべく時間をたっぷり取り、鏡をじっくり見ながらメイクをする習慣を付けましょう。

メイクしながら自分の顔を分析し、何か発見があればその都度メイク方法を改善していくという方法です。

意識して鏡を見ることで、自分の顔の特徴がきちんと把握できます。

これによって、「自分にはどんな色が似合うか・どんなメイク方法が良いのか」という勘のようなものが養われてきます。

毎日のメイクでこれを実践することにより、自分の顔に似合うメイクの腕がどんどん上がっていくのです。

5.友達の意見を聞いてみる

自分では「このメイクは自分に似合う」と思い込んでいても、他人から見たら「違和感を感じる」という反応になってしまっている場合があります。

これではせっかくのメイクも、自己満足で終わってしまいます。

そこで、メイクや化粧品の色を変えた際に、気心の知れた友達に、「今日のメイク、どう思う?」と意見を求めてみましょう。

仲の良い友達であれば、的確な意見をくれるのではないでしょうか。

その客観的な意見を参考にし、良いものはそのまま残して、悪かったところは変えていきましょう。

それを繰り返すことによって、自分の顔に馴染むメイクが、少しずつ形作られてきます。

元々ある自分の顔の良い部分を活かそう

自分の顔に似合うメイクを見つけるためには、客観的な視点がどうしても必要です。

自分の顔を客観的に研究し、時には他人からの意見も参考にすることで、自分の良さを少しずつ引き出していきましょう。

「自分の顔に似合うメイク」とは、「メイクでがらっと別人になる」ということではありません。

最も大切にしたいポイントは、「元々ある自分の顔の、良い部分を活かすメイク」です。

 

    「自分の顔に合うメイクの見つけ方5選」への感想コメント一覧

  1. 1. アラフォー女子2018/04/28(土) 18:53

    年齢ととも、昔と同じメイクでは似合わなくなっていると悩んでいるところです。友達にきいても遠慮をして本当のことは言ってくれなさそうなので、やはりプロの方に指導してもらうのがよさそうですね。せっかく女に生まれたのだから、年齢であきらめないでいつも輝いていたいですね。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 03:13

    雑誌などにもタイプ別にメイクの方法を紹介していたりしますが、なかなかその通りにはならないことも多いですよね。やはりその人自身の肌によって合う色なども違ってくるので、一度はコスメカウンターなどでプロの人に実際の肌を見てもらって、アドバイスをもらうのがいいでしょうね。

この記事への感想を書く