自分が嫌い!そんな自分を好きになる方法

最終更新日:2015年6月29日

ふと、自分の一面が嫌になったり、嫌いになってしまうこともあるかと思います。

そんな時、どのようにしたら自分を好きになることが出来るのでしょうか。

その方法をご紹介します。

1.自分の長所をあげてみる

自分自身のいいところって、なかなか考えたりしないものですよね。

しかし、自分を嫌いになってしまった時、自分が自信持てる長所をあえて考えてみてください。

嘘をつかない、時間を守れる、口が堅い、肌が綺麗、どんな些細なことでもいいので、リストアップしてみましょう。

そして紙に書きだしてみると良いです。

自分にはこんな長所があったのかと自分を客観的に見ることによって、自分の良さを再確認出来ます。

もしも思い当らないといった人は、その日に自分がした行動で長所につながる出来事を書き出してみても良いでしょう。

お年寄りに席を譲った、ご飯をおいしく作れたなど、優しさや料理上手と行った形に長所として成り立ちます。

自分の長所を見つめなおすことで、嫌いな自分をあえて考えないということも必要です。


2.失敗は成長に必要なステップ

人は失敗した時に少なからず挫折を味わいます。

これによって、どうして自分はダメなんだと悲観的になってしまうことがあります。

学校できちんと答えられなかった、仕事でミスをしてしまったことがきっかけとなり、自分を嫌いになってしまうことは結構あることでしょう。

しかし、失敗することによって人は成長するもの。

これを忘れてはいけません。

失敗してしまった行動だけに注目するのではなく、その先を見据えることがとても大切です。

失敗しないようにと慎重に、もしくは回避するのでは、いつまでも自分に自信が持てず好きになることが出来なくなってしまいます。

その失敗を繰り返さないように、前向きに努力すること、失敗を恐れずにチャレンジするその自分の成長を感じることで、自分を好きになれるようになるのです。

過ぎてしまった過去を評価するのではなく、そこからの自分の成長を見てあげるようにすると、自ずと自分を好きになっていけるはずでしょう。


3.自分へ投資をする

人には誰にも得意、不得意分野が存在しますが、自分が嫌いな時は、自分が好きな分野をさらに高めるために、自分への投資をすると良いでしょう。

自分のことを嫌いになるということは、自分に自信を持てないでいるケースが非常に多いです。

そんな時に、好きなことや興味あることに足を踏み入れて、自分をスキルアップさせることが効果的です。

美容に興味があるならばエステに通ってみたり、運動が好きならばジムに通ってみるなど、好きなことをより一層好きになれて、さらにスキルアップすることで自分に自信が持てるようになっていきます。

まずは小さいことでも自分に自信が持てるようにすること、それを繰り返し一つずつ積み重ねることで、自分を好きになれていきます。


4.弱音や愚痴ばかり吐かない

日頃のストレスや不満から、日常的に弱音や愚痴ばかり吐いてはいないでしょうか。

このネガティブな発言は、聞いてる相手からも、そして言っている自分自身の心にも気付かぬうちに不快にさせてしまっているのです。

こんなことが嫌だと常日頃から口にしていると、そんな愚痴ばかり吐いてる自分へも不満を感じ始めます。

これが自分を嫌いになってしまう原因です。

全く吐かないという事は出来ないかもしれませんが、その中にポジティブな話題を加えたり、プラス思考に転換するなどして、最終的には笑って会話が終わる内容で話すように心掛けましょう。

楽しい話や嬉しい話をすることで、自然と笑顔が増えてくるもの。

この笑顔になることが重要です。

笑顔になることで、その場の雰囲気を明るくしたり、心を落ち着かせてくれるリラックス効果が生まれ、次第に自分の気持ちがリフレッシュされていきます。

そうなると、嫌いだった自分から、笑顔の多い自分が好きになり、楽しい日々を送れるようにもなっていきます。

弱音や愚痴を吐いても、最後には笑顔になることを意識しておきましょう。


5.友人に自分の良い所を聞く

意外とこの方法が一番自分を好きになれる近道でしょう。

自分の事を知っていて友人としてそばにいてくれている人の意見には、素直に聞く耳を持ちやすいこと、また客観的な意見が聞けること、そして何より自分のことをよく理解しているからこその意見であることから、的確に自分を好きになれる要素を確認出来ます。

自分に良い所があるからこそ、友人としてあなたと関わりをもってくれているはずです。

そんな友人に、自分の良い所はどこか聞いてみると良いでしょう。

自分では気づかなかったけど、友人には分かる新しい自分がいたり、些細な事でも客観的に見ることで、結構な数の良い所があがるものです。

そして、正直に自分が自分を嫌いであることを相談してみると良いでしょう。

親しい友人であれば、相談をのってもらいつつ、良い所を見つけ出すのにも時間がかからないものです。

聞き出したら、あとはそれを堂々と自分への自信に変えることで、徐々に自分のことが好きになれるかもしれません。

まずは自分を好きになってみる努力をしよう

自分に自信をもっていて、自分が大好きという人はそれほどいないものです。

しかし、自分を好きになってあげることが、その自信へと繋がるものでもあります。

まずは自分を客観的に見ること、良さを知ることから始めることが必要でしょう。

自分を一番に好きになって自信をつけることで、周りからも好かれる自分にも変わっていくのです。