自撮りでかわいく見えるポーズ8選。キュートに自撮りしよう

最終更新日:2016年8月10日

自撮りの際には普通に撮影したのではつまらないですよね。

誰かに見せたり、SNSに投稿するのなら、なおさら可愛く見える旬なポーズをとってみましょう。

小顔に見えたり、芸能人がしていたり、可愛く見えたりする、オススメな自撮りのポーズをご紹介します。

1.虫歯ポーズ

可愛く見えて小顔に見せたいなら虫歯ポーズがオススメです。

ただ手を顎から頬にあてるだけなので簡単にできます。

輪郭と頬を隠すことができるので自然と小顔に見せることができてしまいます。

首を少し傾けたり、少し斜めをみたり、と自分なりにアレンジを加えてみてもいいでしょう。


2.顎のところで横ピースポーズ

普通にピースサインをするのはもう古いですよね。

顎のところで横にピースサインをしてみましょう。

顎のラインも隠れて小顔効果があります。

ピースサインは頬にあててやるひとが多いでしょうが、顎にあてると印象が違って新鮮で目立つことができます。


3.ニアチューポーズ

ストローつきのドリンクを飲んでいる時にしたいポーズがニアチューポーズです。

ただストローの先を唇にくっつけるだけなので意外に簡単にとれるポーズです。

キスをする時の唇の形に近くみえるのでこの名前がついたようです。

確かにストローのおかげで視線が唇に集まって、ちょっとセクシーキュートな印象のポーズがとれます。

ストローをくわえてしまうのではなく、唇にあてる感じにするのがうまくポーズをとるコツです。


4.ガオーポーズ

「ガオー」と猛獣が爪をたてているように、てのひらをカメラにむけて爪をたててみせるポーズもオススメです。

可愛さを狙ったポーズより、ちょっと面白くてキュートな印象になります。

爪がキレイに撮れるので、ネイルに気合をいれたのなら、それをアピールするためにガオーポーズをしてみるのもいいでしょう。

他のひととちょっと変わったポーズをとりたい方にオススメです。


5.寝そべりポーズ

机に体を伏せて寝そべっているようなポーズも少し変わっていて新鮮です。

横顔を見せたり、視線をはずしたり、目を閉じてみたり、とアレンジをくわえて見てもいいでしょう。

アンニュイな雰囲気をだしたい方にオススメです。

なるべく自然光で淡い雰囲気でとると可愛くとれるでしょう。

いかにもポーズをとってます、というふうに自撮りしたくない方にいいですね。

大人の女性にもいいポーズでしょう。


6.隠しポーズ

顔の一部分だけを隠してみると、変わった感じに見えますし、顔が隠れるので小顔効果もあります。

隠す部分は口、鼻、口と鼻両方、片目など、隠す部分もいろいろです。

気になる部分を隠せるというメリットもあるので、コンプレックスな部分があるならその部分を隠してもいいですね。

また、アイメイクに自信があるなど、強調して見せたい部分があるなら、他の部分を隠すことで、自分のいい部分をアピールできるでしょう。

口や鼻を隠すポーズは意外と自然に見えるでしょうが、片目だけを隠すポーズは意外性があるので、ちょっと変わったポーズに見えます。

誰でも簡単にできるポーズでオススメです。


7.物を使って顔を隠す

物を上手に使って顔を隠すと個性的な自撮りポーズになります。

隠すものはオシャレな雑誌やパンフレットなどでもいいですね。

顔の左右の半分、下半分などを隠します。

アートっぽい印象のポーズになるのでオシャレなポーズにしたい方にオススメです。

また、ペットがいるなら、ペットに顔をくっつけて、顔の下半分を隠すというポーズもあります。

可愛いペットと一緒に撮れるので自然といい表情になるでしょう。

物を使うことで小顔効果ができますし、手で隠すよりも新鮮な印象になります。

ただ、どんな物で顔を隠すかがセンスのみせどころなので、話題のものを使ったり、オシャレアイテムを使うなど工夫しましょう。


8.エライザポーズ

池田エライザさんがしているポーズなのでエライザポーズと呼ばれています。

両方の頬を片手でつまんで、唇をアヒル口のようにとがらせるキュートなポーズです。

真顔で撮影しても、唇がキュートに強調されるので女の子らしい可愛い写真が撮れます。

ちょっとしたアイデアなのに意外なポーズなので挑戦してみたいポーズのひとつです。

自撮りでかわいく見えるポーズをしよう

このほかにも色々なポーズが数多く存在します。

ポーズはトレンドもあるので、どんどん人気のあるポーズはうつりかわっていくでしょう。

どんなポーズが流行っているのかはSNSに投稿されている自撮り写真でわかるでしょうから、可愛いなと思ったらどんどんマネしてやってみるといいですね。

また、自分がより可愛く見えるポーズかどうかもちゃんと考えたほうがいいでしょう。

年齢や顔立ちによって似合うポーズは変わってきます。

どういう自撮りポーズがいいかわからない時は、自撮りポーズが上手なモデルさんや女優さんなどのSNSをこまめにチェックして、どんなふうに自撮りをしているかを調べてみるといいでしょう。

また、自撮りポーズには決まりなどはないですから、自分が可愛く見えるなと思ったら、アレンジを加えたりしてみてもいいですね。