会話の中で恋バナを切り出す方法

最終更新日:2017年5月10日

友人と久しぶりに会った時「恋バナをしたいな」と思うことがあるでしょう。

嬉しい気持ちを伝えたかったり、恋バナをしてときめいたりしたいと感じている時、どのように切り出せば良いのでしょうか。

友人との会話の中で、上手に恋バナを切り出すための方法をご紹介します。

1.恋の相談として切り出す

一般的に多い恋バナの切り出し方は、相談という形で自身の恋バナをするという人が多いでしょう。

「○○はどう思う?」と、友人の見解やアドバイスをもらいたいという相談風にして、自身の恋バナを切り出す方法。

相談された友人は、聞かれたことには答える、自分の意見は出す、といった形で話の乗ることができるため「恋バナを聞いている」という状態ではないかもしれません。

ただ、恋バナがあまり好きではない友人や、恋をしていない友人に対して話す切り出し方としては、一番良い方法だと言えます。

相談という形を用いて恋バナをすれば、自慢話に聞こえたり、ただの惚気に聞こえることも少ないため、相手の癪にさらわずに話すことができますよね。

あまり「聞いて聞いて」とアピールした恋バナの仕方をしたくないという人は、相談という形で恋バナを切り出してみると無難でしょう。

2.お揃いのものや身につけているものをアピール

彼とお揃いのアクセサリー、スマホカバー、指輪など、身につけているものを話題にして恋バナを始めることも良いでしょう。

「そんなのつけてたっけ?」と言われた時に「これ○○くんからもらって」「お揃いでつけてるの」と言えば、友人の方から「どんな人なの?」と話にのってくれるケースが考えられます。

他にも、待ち受け画面に彼とのツーショットを設定しておけば、スマホが鳴った時に友人の目がいくため、それをきっかけに話し出すことも良いでしょう。

ただ、あまりにも高価なものや目立つものの場合は、かえって反感を買ってしまうケースも少なくありません。

見せびらかしているような感覚にならないよう、アピールする「もの」に注意が必要です。

3.報告として切り出す

友人と久しぶりに会う、あまり恋バナをしないというケースであれば「実は報告があるんだ」と、事後報告として伝えるケースで切り出すと上手に話始めることができます。

「あなたには知っていてもらいたい」「あなたには言いたい」という気持ちがある「報告」に、興味を示してくれる人も多いでしょう。

それが些細なことだとしても、報告という形で話をされている友人は「私だから言ってくれたんだ」「隠さないで話してくれているんだ」という気持ちになれます。

「進展したんだ」「付き合うことになったんだ」と、報告形式で恋バナをすれば、相手に不快な思いもさせずに済むでしょう。

自分は自分、他人は他人と境界線を作ってしまう人が多い中、報告という形で自分のプライベートの話をすれば、相手も喜んでくれることもあります。

「あなただから言った」「あなただから特別」という思いで話してみると、相手も悪い気分にはならないでしょう。

4.「最近変わった?」と相手の様子の変化を攻める

ストレートに恋バナにすることは難しく、また照れも生じてしまうことがあります。

あからさまに恋バナからスタートさせたくないという場合は「最近可愛くなった?」「いつもより笑顔が多いね」「いいことあった?」と、相手の変化に気付いて攻めることからしてみると良いかもしれませんね。

もし相手にも恋バナがあれば「この間こういうことがあって」と話し出してくれるかもしれませんし「そうかな?もしかしてあのせいかな?」と、思い出すきっかけとなるかもしれません。

友人が恋バナをし始めてしまえば、自分の恋バナもしやすくなりますよね。

自分からはあまり恋バナをしづらい、相手の話から聞き出したい、恋バナが話せるムードを作りたいという場合は、相手の様子の変化を見つけて、そこから恋バナへと結びつけると良いでしょう。

5.聞いてほしいと素直に伝える

気の知れた友人、関係が深い友人であれば、素直に「聞いてほしいことがあるんだ」「恋愛系の話していい?」と切り出すことも悪くありません。

むしろストレートに言われた方が嬉しいと感じる人も多く、遠回しに言われることで逆に面倒と感じる人もいるほどです。

自分が恋バナに抵抗があっても、友人にとっては全く抵抗のない話かもしれません。

恋愛の経験が豊富な友人であったり、自分からも積極的に恋バナをしてくるような友人の場合は、自分も素直に「聞いてほしい」と伝えれば良いでしょう。

あまり深く考えず、自分の思いを率直にぶつけてみれば、受け止めてくれることでしょう。

恋バナを上手に切り出そう

大人になると、なかなか恋バナをしづらくなってしまうものですよね。

しかし実際には、昔のように恋バナで盛り上がりたい、相手の恋バナを聞きたい、恋バナでキュンキュンしたいと思う大人の女性は意外と多いものです。

言葉を選んで切り出したり、相手の恋バナを聞き出すために変化を見つけたりと、切り出し方は様々あります。

久しぶりに恋バナをしてみると、テンションがあがったり、相手のいつもと違う一面が見られるかもしれませんね。