髪を早く伸ばす方法。切りすぎた髪を元通りに

最終更新日:2015年6月8日

美容院で髪を短く切りすぎちゃった。

誰でも一度は経験あり、ではないでしょうか。

「どう言えば良かったのかしら?」も問題ですが、それより「髪を元に戻したい」が先決。

一日も早く髪をのばすには、どうすれば良いのでしょうか?

1.まずは「早寝、早起き」

髪を早く伸ばしたければ、まずは「早寝、早起き」だそうです。

なんだか地味な手段ですが、髪を伸ばすためには成長ホルモンの働きが欠かせません。

成長ホルモンといえば「身長を伸ばすホルモン」のイメージですが、他にもさまざまな働きがあり、その一つが髪を伸ばすことです。

身体の中で働いているホルモンには多くの種類があり、健康を維持するための力を発揮しています。

それぞれのホルモンが分泌される時間帯は決まっていて、成長ホルモンが分泌されるのは夜10時から深夜2時までの時間帯。

この時間帯にしっかり睡眠していないと、成長ホルモンの働きが活かされず、髪が伸びなくなるのです。


2.頭皮をやわらかくしておく

頭に両手をおいて、頭皮をつかんで動かすようにしたとき、実際に頭皮が動きますか?

頭皮は意外と柔らかく、両手を当ててみると、少し動かすことができます。

「頭皮って動くの?動く感じが全然しない」と感じるようなら、かなり頭皮が硬くなっています。

そういう状態のときは、髪も成長しにくくなります。

頭皮が硬いときは、毎日の頭皮マッサージを習慣づけると改善できますが、マッサージを欠かさないのに頭皮が硬いままの場合、髪に使っているグッズが影響していることがあります。

ヘアワックスなど、スタイリング剤を使うのをやめたり、別の商品に変えただけで、頭皮が柔らかくなることがあるのです。

3.髪に良い食べ物を食べるには

髪の毛はもちろん、全身を作っているのが食べ物です。

髪に良い食品は髪の材料となりますし、健康に良い食品はキレイな髪を作り出すパワーのもとになります。

髪の主成分として知られているのが、たんぱく質の一種「ケラチン」。

このケラチンを合成するには、亜鉛が欠かせません。

亜鉛を多く含む食品は、牡蠣やアサリ、高野豆腐などの大豆食品、牛肉、豚レバー、チーズなどです。

さらに、亜鉛の吸収を高める食品として、ビタミンCやクエン酸を摂ると効果的です。

ビタミンCは野菜や果物、クエン酸は柑橘系のフルーツや梅干に含まれています。

生牡蠣にレモンを絞って食べるのは、美味しいだけでなく、髪にとっても良い食べ物というわけです。


4.髪を伸ばすサプリメントとは

髪を伸ばすための栄養を効率よく摂るには、食品はもちろん、サプリメントも効果的です。

ビタミンAやB2は皮膚に良い働きがあり、頭皮の健康を維持してくれます。

食品で摂る場合、AやB2を豊富に含むのは乳製品やレバーです。

ビタミンB6は髪の主成分ケラチンの合成に欠かせません。

これもレバーに多いビタミンですが、赤身の魚にも多く含まれるそうです。

食品でビタミンを摂る場合、過剰摂取の心配は少ないのですが、サプリメントで摂るときは注意しましょう。

髪に良い成分でも、大量に摂りすぎて身体に害を及ぼしたら、良い髪を作り出すことはできません。

5.ドライヤーを使わないほうがいいのか

髪を伸ばすには、ドライヤーを使わないほうが良いといわれています。

温風をかけたほうが早く髪が乾きますが、髪や頭皮の負担が大きく、ダメージの原因となることが多いのです。

ですから、髪を早く伸ばしたいときにはもちろん、ふだんからドライヤーの温風は避けたいものです。

だからといって、濡れたままの髪を長時間ほうっておくのもよくありません。

髪を伸ばしたいとき、髪に負担をかけたくないときは、ドライヤーの冷風を使って乾かすのが良いと言われています。

髪を温めて乾かすより時間がかかってしまいますが、髪の成長をさまたげないためには、乾いた風をたくさん髪に送り込んで乾かすほうが良いのです。


6.髪を早く伸ばすシャンプーは売っている

髪を早く伸ばすためのシャンプーをシリーズで販売しているメーカーがあります。

いつものシャンプーやトリートメントをそちらに変えるだけでもいいのですが、シャンプーからドライヤーまで、丁寧に行うと効果的です。

髪を十分にお湯で流してから、よく泡立てたシャンプーを使う。

髪の水分を切ってからトリートメントをつける。

より早く髪を伸ばしたいときは、ドライヤーの前に頭皮用エッセンス、ドライヤー後にオイルをつける。

もちろんドライヤーは冷風だけを使います。

専用のシャンプーシリーズを使うだけでなく、一つずつの工程を丁寧に行うことで、髪を美しく早く伸ばすことができるのです。

生活習慣に気をつけて髪を早く伸ばそう

睡眠時間をたっぷり取る、食事やサプリメントの摂り方に気をつけるのはもちろん、いつも以上にシャンプーを丁寧に行うだけでも、髪が伸びるスピードが違ってきます。

髪はそれくらいデリケートですのですが、手をかけただけキレイになるということ。

髪を早く伸ばしたいときだけでなく、ふだんのお手入れから、髪を丁寧に扱いたいものです。