傷んだ髪をサラサラにケアする方法

日々の生活 自分磨き最終更新日:2018年4月7日

髪は女性の命です。
髪が傷んでいたりすると、いくら美人であっても、魅力が半減してしまいます。
そのくらい、髪が外見の印象に与える影響は大きいのです。

では、1度傷んでしまった髪を、どのようにして修復したら良いか、具体的な方法をご紹介します。

1.美容院に行く

傷んだ髪をサラサラにするための最もオーソドックスな方法としては、「美容院に行く」という方法があります。
美容院に行き、プロの美容師さんに現在の髪の状態をチェックしてもらって、適切な方法で髪をサラサラにしましょう。

髪が傷んでいる場合、髪の毛そのものが原因になっている傷みと、頭皮の状態が原因になっている傷みがあります。
そのため、原因をプロの人からきちんと分析してもらわないと、髪は一向に元に戻ってくれません。
そうならないためにも、プロの美容師さんの意見を大切にしましょう。

そして、自分の今の状態に合ったトリートメントやヘッドスパなどの施術を受けることによって、髪はすぐにサラサラの状態に戻ってくれます。

2.市販のトリートメントを定期的に使い続けてみる

最近は、ドラッグストアなどで販売されている市販のトリートメントも侮れません。
お手頃な価格で買えるのに、高い効果を発揮してくれるトリートメントもたくさん出ているので、それらを有効活用してみましょう。

どのくらいの頻度で使うかは、髪の状態によります。
例えば、頭皮の乾燥がひどい・髪が傷んでギシギシし過ぎるという場合は、2~3週間くらい、集中して毎日トリートメントをしましょう。

これによって、サラサラの髪が確実に戻ってきてくれます。

そこまで髪や頭皮の状態が悪くない、という場合は、1週間に1~2回くらいの頻度で大丈夫です。

市販のトリートメントを使う上で大切なポイントは、「自分の髪や頭皮に合ったものを使う」ということです。
自分に合わないトリートメントを使うと、かえって逆効果になってしまうので、気をつけたいものです。

トリートメントを使ってみて、髪のギシギシ感が一向に直らなかったり、頭皮に痒みが生じてきたりした場合は、思い切って違うトリートメントに変えてみた方が良いでしょう。

3.ヘッドスパの専門サロンに行く

髪の状態を良くするための施設として、美容院だけでなく、ヘッドスパだけに特化したサロンも最近は人気です。
ヘッドスパの専門サロンは、「健康な髪を、土台から作っていく」というコンセプトで開業されているため、髪の内部や頭皮に関してのプロ中のプロが施術を行っているのが魅力です。

まず、頭皮や紙の状態を、専用の機械で細かく把握・分析し、1人1人に合ったオーダーメイドの施術方法を作り上げていきます。

そのため、最初はカウンセリングをしっかり行います。
なので、不安な点があったら、納得するまで質問することができます。

1度の施術で劇的な効果が得られるものから、何度か通うことで効果が発揮されるものまで色々な方法があります。
これらの方法に関しては、髪の状態を細かく分析し、お客様と密なカウンセリングを行った上で決めていきます。

髪の傷みの大元の原因から直していくので、傷んだ髪をサラサラにするためには、ヘッドスパサロンが最も効果が高いと言えます。

4.美容オイルを使う

ココナッツオイルやホホバオイル・椿オイルなど、美容オイルが女性に大人気です。
「美容オイルはスキンケアのためのもの」というイメージが強くありますが、髪をサラサラにするためにも使えるアイテムです。

まず、髪を洗ったら、水分を軽くタオルで拭いておきます。
その「少し湿った状態の髪」に、少量の美容オイルを手で馴染ませます。
その後、いつもと同じようにドライヤーで乾かせば終わりです。

髪質がオイリーな人は、「髪にオイルを付ける」ということに抵抗を感じるかもしれません。
しかし、寝ている間に、オイルは徐々に蒸発していくため、心配する必要はありません。
朝、ブローをする時間には、適度なツヤがキープされたまま、サラサラになります。

オイルの中に、お気に入りのアロマ精油を一滴たらして、香り付きで楽しむのもオススメです。

5.髪に良いと言われる食材を積極的に食べる

いくら髪や頭皮のケアをしても、暴飲暴食をしたり、栄養バランスを欠いた食生活をしていては、全く意味がなくなります。
毎日のバランスの良い食事、特に、髪に良いと言われる食材を積極的に食べることで、傷んだ髪をサラサラに戻すことができます。

髪の健康促進のために必要なのは、タンパク質・ビタミン・ミネラルです。
卵やサーモン・大豆製品などがそれに当たります。
特に大豆製品には髪に良い成分がたっぷり含まれており、更に、「食べ過ぎても、体に悪い影響が少ない」という嬉しい特徴があります。

髪が傷んでいる時には食生活と髪のケアを

髪が傷んだ時はまず、食生活や毎日のヘアケアなどを変えていきましょう。
それだけでも効果は期待できます。

そして、どうしても自分1人のケアでは無理になった時は、プロの手を借りてケアすることで、傷んだ髪が確実にサラサラに戻ります。

いつまでもつややかな髪でいられるように、髪の健康には常に気を配っていたいものです。

 

    「傷んだ髪をサラサラにケアする方法」への感想コメント一覧

  1. 1. mi rutan2018/05/17(木) 00:40

    女性は特に髪が綺麗な方が魅力的ですよね!
    痛みによる毛先の広がりはとてもかっこわるいのでこの記事を参考にヘアケアしていきたいと思います。

  2. 2. aaa2018/06/08(金) 11:51

    なるほど、ごもっともと言ったアドバイスですね、その通りに気を使えば、髪の毛の状態は確実によくなるでしょうね。これから紫外線もきつくなりますし、髪の毛や頭皮へのダメージは強くなるので、参考にして気をつけたいと思います

  3. 3. いちごやま2018/06/08(金) 12:14

    ヘッドスパ専門というのに興味が惹かれました。一度行ってみたいです。やっぱり髪が美しいと年齢も若く感じられるし、気を付けていきたいです。

この記事への感想を書く