疲れた顔を元気にする方法。疲れ顔を解消しよう

最終更新日:2015年7月27日

寝苦しくて眠れなかったり、仕事が重なったりして多忙が続けてストレスが溜まってしまうと、ふと鏡で見た顔が疲れた酷い顔になっていたことはありませんか?

疲れた顔だと化粧も上手くいかないし、心までげっそりしてしまいますよね。

そこで今回は疲れた顔を元気な顔にする方法をご紹介します。

1.ストレスの原因を解消する

疲れた顔になってしまう原因で一番多いのが「ストレス」です。

仕事場での人間関係や仕事の進行状況のこと、プライベートの恋愛関係や親戚とのごたごたなど…。

ストレスになることは生きている中でたくさんありますよね。

目に見えなくても栄養バランスが崩れていたり生活リズムが崩れているとストレスが溜まってしまいます。

そうする心身ともに疲れてしまいそれが顔にも表れてしまうのです。

一番の解決方法はストレスの根源を取り去ることです。

仕事が忙しくて疲れる場合は休暇を取ったり、人間関係で悩んでいる場合は心機一転転職を考えてもいいかもしれません。

でも、なかなかストレスの根源を取り去るのは難しいですよね。

ですからまずは自分に息抜き・ご褒美をあげましょう。

いつもよりちょっと高めのお酒やスイーツを買うなど自分に「お疲れ様」を言ってあげましょう。

そして自分でも改善できるストレスの原因を自分のペースで改善してましょう。

例えば生活習慣を改善したり生活リズムを整えるだけでもストレスが改善されてリフレッシュできるので疲れた顔が改善されるかもしれませんよ。


2.肌のケアをしっかりする

疲れた顔の特徴として「シミ・シワ・たるみ・くま」などの肌トラブルによって疲れているように見えている、という可能性があります。

肌のトラブルは女性に取っては落ち込んでしまいますし、ストレスの原因になってしまうでしょう。

そこで解決方法をしては正しいクレンジング・洗顔方法で肌に負担を掛けないように肌の汚れを落とし、化粧水・保湿液などでしっかりと肌の保湿を行うことです。

肌の保湿をしっかりとすれば、肌が乾燥するのを防ぎ、しっかりと肌のバリア機能が働くため肌荒れやニキビ、シミ・シワ・たるみなどを防ぎ、改善してくれます。

あまり忙しくないのに疲れた顔になっているなぁと感じたらまずは肌のケアを見直してみてはいかがでしょうか。

肌のケアをしっかりとおこなえばシミ・シワ・たるみの改善された元気な顔に近づけるかもしれません。


3.病院に行く

疲れた顔になってしまう原因として、病気による消化器官や循環器官の機能不全が考えられます。

顔がむくんでしまったり、肌が以上にカサカサしたり皮脂が過剰に出たりするのはもしかしたら病気が原因かもしれません。

特に、クマやむくみによる影は大きな病気の初期症状だったりと意外とほおっておくと取り返しのつかないことになってしまう可能性もあるのです。

解決方法はひとつ。

異常を感じたら病院にいって診断してもらうことです。

もしも顔が疲れている原因が病気があるとすればその病気を治せば顔も元気な顔に戻るでしょう。

なた、内臓の病気でなくても肌トラブルは皮膚科に受診すれば迅速に確実に直し、適切なアドバイスや食事療法なども指導してもらうことができるため行ってみたほうがいいかもしれません。


4.睡眠をしっかりとる

体の疲れを取るのにもっとも効果的なのが「睡眠をとって体を休めること」です。

体にあった寝具で適切な気温で睡眠をとれば翌朝には疲れがすっきりととれて元気な顔になっているでしょう。

6~8時間くらい眠るといいと言われていますね。

そして、睡眠をとることで効果が現れるのは「肌」です。

夜22時~深夜2時までの間はゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが多く分泌されて肌の再生・ターンオーバーが活発に行われます。

そうすると疲れてシワ・シミ・たるみなどの疲れ顔の理由となる肌トラブルが改善されていきます。

睡眠をとるということは体の疲れを取るだけでなく、肌もキレイに整うので疲れ顔が元気な顔になっていくでしょう。


5.栄養剤を飲む

忙しくてあまり疲れ顔の対応ができない場合に、簡単で有効な方法の一つとしてあげられるのは「栄養剤」を飲むことです。

ドラッグストアやスーパーなどで安価で購入することができますし、最近ではさまざまな種類がありますよね。

ビタミン摂取やカフェインオフなどの女性に嬉しい効能のある栄養剤や、コラーゲンなどが多く配合された肌のための栄養剤などもあり、帰りにコンビニによって一本飲んでから眠るだけで、普段の食事ではなかなかとりずらいビタミンやコラーゲンなどを簡単に摂取することができるので忙しい女性におススメです。

顔が疲れたなと思ったら帰りに一本買ってみてはいかがでしょうか。

疲れ顔を元気にしよう

以上5つの元気な顔になる方法をご紹介しました。

疲れ顔になったら自分の心と体が疲れている証拠です。

自分にご褒美をあげて、ゆっくりと休めてあげましょう。