彼氏ができたらしたいベタな行動3つ

恋愛最終更新日:2014年10月26日

長く彼氏がいない暗黒の時間を通り越して、晴れてカップルになれた時、女性なら長年叶えられなかった願望を目の前の彼氏にぶつけてみたくなります。

羨む目で他のカップルを見て嫉妬のあまり見下げていた行動も、自分がその立場になってみるとやってみたくなるものです。

それは『ベタ』であればあるほどに幸せを感じてしまうものなのです。そんな行動の中から選りすぐりのベタな行動を3つ紹介します。

1.些細なことをメールでやり取りする

女の子だけの女子会などの途中で彼氏とメールでやり取りをしている子を見ると「なんか窮屈そう」「面倒くさそう」などと思ってしまいます。

自分に彼氏がいない時はカップルのデメリットにしか目がいかないものです。

でも実際に彼氏ができて恋人同士の関係が手に入るとこの感覚も変わってしまうものなのです。

人は軽度の窮屈さや束縛の中に「安心感」や「信頼」、「繋がっていることの喜び」を感じるものです。とくに付き合い始めの頃にこの感覚は強くあります。

「お帰り」「仕事終わったよ」「お休み」など軽いあいさつ程度のやり取りをすることで、今までの一人の生活との変化を感じたり、恋愛が正常に進行していることの確認ができ、心の中が満たされるのです。

この些細なメッセージのやり取りの度に「彼氏がいるんだ」と恍惚に近い喜びが得られるのです。

2.手作りの物を彼氏に身に着けさせる

これも他人がやっていると「ダサイ」としか思えない行動ですが、自分がその立場になると多きな喜びが得られるベタな行動です。

自分で愛情を込めたキーホルダーや携帯ストラップ、また手作りでは無くても彼と自分を象徴するようなイニシャルや、二人だけが共有している秘密を盛り込んだプレゼントなどを彼氏に身に着けてもらうことは女性にとってはこの上ない喜びの一つです。

男性の中にはこの行動に理解が無い人もたまにいますが、これらの行動は純粋なカップルが「太古の昔」からやってきた「恋愛の定番」なのです。

それが故に自分が満たされていない時に他人がやっていると「嫉妬の対象」になりがちな行動なのかも知れません。

せっかく彼氏ができたのですから、この女性にとって定番の喜びを感じない手はありません。他人の目など気にせずに堂々とやってみましょう。

3.一緒に恋愛ドラマを観る

彼氏がいなくて一人寂しく恋愛ドラマを観ている時と、彼氏ができてから同じ内容のドラマを観る時では印象や感想も大きく変わってきます。もしかしたら以前とは真逆の感想を持ってしまうかも知れません。

人それぞれに価値観は違いますが、パートナーのいない女性は仕事などで成功してもどこか心の奥に「敗者」のイメージを持ち続けることが多いのです。

この時期に恋愛ドラマを観ても素直に受け取れなかったり、主人公に共感を持てなかったりして屈辱、焦り、自信喪失、敗北感、虚無感など良くない心理が働くことが多いのです。

しかし一転して彼氏ができて同じドラマを観ると全く違う内容のものを観るかのように感覚は変貌します。

そこには優越感が漂い、余裕を持った気持ちでドラマを観ている貴女がいるはずです。女性の本能に根差した快感がそこにはあるのです。

女性にとって恋愛の比重は男性よりも重く、その報酬の度合いで一喜一憂してしまいます。その部分が満たされていないと自己のアイデンティにも関わる危機であり、彼氏ができた初期段階には特に喜びを強く感じることができるのです。

それまで他人のカップルを見て蔑んでいた行動は、裏を返せば自分が最もしたい行動なのかも知れません。

せっかく彼氏ができて女性の喜びを満喫できるチャンスですから、最初くらいは他人の目を気にせずになりふり構わずにベタな行動をとって幸せを実感しましょう。

 

    「彼氏ができたらしたいベタな行動3つ」への感想コメント一覧

  1. 1. ころりん2018/04/30(月) 00:39

    これがベタな行動なのですね。これを読んでつくづく自分が、一般的ではないことに気づかされてしまいました。1番はまわりにこういう人達がいるのでなるほどーと思いましたが、2番3番にいたっては、えー?そんなことするんだー!と、少々驚いてしまいました。

この記事への感想を書く