彼氏を振った罪悪感を消す方法。振った時の嫌な気持ちを吹っ切ろう

最終更新日:2015年8月8日

彼氏をふってしまった時、特に彼氏には非がないのに、あなたの心変わりで優しかった彼を振ってしまったときや、尽くされすぎてウザったくなってしまってサヨナラを告げたときには特に罪悪感を持ってしまいがちです。

そんなとき、あなたが罪悪感をふっきって前に進むにはどうしたらいいでしょうか。

1.「自分といたら彼は幸せじゃなかった」と考える

他の人を想っているあなたといても彼は幸せではないはず。

いつもどこかにぽっかり穴があいたような寂しさを抱えてしまうはずです。

相思相愛が一番幸せ。

彼にはもっともっと幸せな恋愛が待っているはず。

その相手が単にあなたではなかったということです。

彼の優しさがもったいない、もっと喜んでくれる相手のために使って欲しいと言うように考えましょう。

あなたにとっては「ウザったかった」彼も、他の誰かには尽くしてくれる最高の彼氏なのかもしれないのです。


2.あなたが幸せで笑顔でいることが彼の幸せ」だと考える

ナルシストで自己中心的な考え方ではありますが、「私の幸せこそ彼の幸せ」だと多少ぶっとんだ考え方をしてみましょう。

振られてしまって悲しいのは当然、寂しいのも当然ですが、大好きな彼女だったあなたが、その別れの先に幸せになるのであれば、優しい彼だった相手なら「君が幸せなら、それでいいよ」と思ってくれるかもしれません。

その代わり、あなたも彼と過ごしていた時よりももっともっと幸せになるように頑張ってくださいね。

それが振ってしまった彼への恩返しとなります。


3.彼の嫌だったところや、許せなかったところを書き出してみる

別れようと思ったからには、きっとあなたのなかに彼を受け入れがたいと思う何かがあったのです。

食べ方が汚かった、服のセンスが最悪だった、連絡がまめじゃなかった、いつも私にばかりまとわりついて友達がいない男だった、浮気していたかもしれない、誰にでも優しかった、将来の夢も何もない人だった、貧乏だった・・・・などなど。

途中で、「でもやっぱりいいところもあったし」なんて立ち止まってはいけません。

欠点がノートいっぱい埋め尽くされた頃には、あなたはきっと「こんな彼氏、振ってよかったんだ。

罪悪感なんて持たなくて良かったんだ」と思えるようになると思います。


4.次の幸せを早めに見つける

罪悪感を忘れてしまうくらい、素敵な新しい彼氏を見つけて、脳内いっぱいに幸せのお花が咲いているような状態に早くなってしまいましょう。

女性は新しい恋をしたり、妊娠したり、結婚したりすると、一時的に異常なハイになって幸せ幸せというお花畑脳になってしまうことがよくあります。

これは周りの女友達には不評だったりするので、注意が必要ですが、振ってしまった彼への罪悪感を断ち切るにはいい方法のひとつです。

罪悪感どころか存在さえ忘れてしまえるくらいインパクトのある方法です。


5.親友に話して、その決断は間違っていなかったと言ってもらう

あなたの友達の中に、いつも「あなたは間違ってないよ」「あなたの気持ち分かる~」と言ってくれる友達はいませんか?本当の友達(親友)は率直な意見を交わせる関係性がある人だと思いますが、いつもあなたにとって心地いいあいづちを打ってくれる友達を選んでお茶にでも誘ってみましょう。

そこであなたが彼氏を振るに至った経緯や、振ってしまって罪悪感を感じていることを話してみましょう。

きっと「え~それは別れて当然だよ」「そんなの当たり前だよ、あなたは悪くないよ」と耳に心地のいい台詞を並べてくれるでしょう。

親友や身内だとそうもいかない場合があります。

「それはあんたが悪いね」「あの彼氏、いい人だったのに」などと本音を並べ立てられて、逆に落ち込むなんていう可能性も。

この時ばかりは、否定しない、受け入れてくれる系の友達を選びましょう。


6.彼の友達に相談する

振った彼と共通のお友達はいませんか?もしいたとしたら、利用させてもらいましょう。

彼の友達を呼び出して「色々あってお別れをしたけれど、私は彼の幸せのためにこの道を選んだつもり。

でも形としては私が振ったことになってしまうから、彼にはいやな思いや、傷を負わせてしまったのではと、あの日からずっと悔やんで、申し訳なかったと思っている。

彼には絶対幸せになってほしい」とさりげなく言っておくのはどうでしょう。

きっと彼の親友は、「A子ちゃんがこう言っていたぞ」と彼に報告してくれて、何となくあなたの株も下がらないで済むしあなた自身も申し訳なさを共通の友達を通じてお詫びした形となり、罪悪感がうすらぐことになるのではないでしょうか。

彼氏を振った罪悪感は時間と共に

恋愛には、お別れがつきものです。

別れてすぐは辛いし、振った方は罪悪感、振られた方は自分を責めたり、相手も恨んだりと心はざわざわとする時期となるでしょう。

でも大丈夫。

恋愛についてはきっと時間がお薬になってくれます。

振った方が意外と長期間覚えていて気にしていて、振られた方がさっさと次に行くなんてケースもよく聞く話です。

振った人も、振られた人も「ご縁がなかった」と割り切って、新しい幸せ探しに邁進していきましょう。