彼氏の女友達に嫉妬する時の解消法7つ。彼の女友達が嫌な時にできること

恋愛最終更新日:2019年7月11日

大好きな彼氏が女友達と仲良くしているなんて、考えるだけでも嫌な気持ちになってしまいますし、誰だって不安になってしまいます。

次第に嫉妬心へと変わっていってしまうということも不思議ではありません。

そんな嫉妬した気持ちをどうしたらいいのか分からない時の対処法をご紹介します。

1.女友達を紹介してもらって自分も仲良くなる

自分が知らない彼氏の女友達となると、どんな人なのか、どんな性格なのかなど本当に分からないことばかりですし不安で一杯になりますよね。

そんな時にはいっそのこと、彼氏にその女友達を紹介してもらいましょう。

何もやましいことがないのならばすぐにでも紹介してくれるはずです。

そうすることであなたの不安な気持ちが解消されていきますし、彼氏も自分の彼女と女友達が仲良くするのは嬉しいことのはずです。

今以上に彼氏と彼女の関係も良くなっていくでしょう。

また、その女友達にしか分からない、彼氏の良いところやダメなところも知ることができたり、ケンカした際などの良き相談相手と発展することもあるため、この機会に仲良くなってみましょう。

もし彼に紹介を断られたとしても、浮気を疑うにはまだ早いです。

彼はプライベートと彼女は分けたいという性格なのかもしれません。

そこは彼の性格によるので、紹介してくれないのは浮気をしているからだと決めつける必要はありません。

2.素直に不安な気持ちや、嫉妬していることを伝える

彼氏は何とも思っていない女友達でも、あなたにとっては物凄く不安で嫉妬の気持ちも増え、ライバル的存在ですよね。

彼女が知らない彼氏のことを女友達が知っていたりしたら本当にショックなことで、また嫉妬心も大きくなっていきます。

そんな気持ちや不安なこと嫉妬していることなどの、自分の想い気持ちを素直に伝えましょう。

もしあなたが彼に対してモヤモヤしている事を伝えていないならば、彼はあなたの気持ちに気付けていないでしょう。

また、それが原因であなたが不機嫌になったり彼に八つ当たりしているなら、尚更伝えてスッキリするべきです。

今の状態ではお互い何に不満を持っていて、相手にどうしてもらいたいかが分からない状態ですよね。

素直に気持ちを伝え、彼が理解してくれたら、あなたのその不満や嫉妬を解消してくれるはずでしょう。

3.自分が一番なんだと、自分自身に言い聞かせる

彼氏はどうしてあなたと付き合ったのか考えてみると、あなたのことが好きだから付き合っているはずです。

女友達と仲が良いのに対してあなたは嫉妬している状況ですが、その人はただの女友達であって、私は彼の彼女だと自信を持ちましょう。

彼女でいられるということは、私のことを一番に思ってくれといるんだと理解して自分自身に言い聞かせましょう。

異性として意識していて、さらにパートナーとして彼が選んだのは、その女友達ではなくあなたです。

そこに自信をしっかりと持って、彼女という立場なのだと堂々とした態度でいるようにしましょう。

4.あまりにも嫌で嫉妬をしてしまうならば、仲良くするのをやめてもらう

女友達を紹介してもらっても、どうしても嫌で仕方ないのならば、彼氏に女友達と仲良くするのをやめてほしいと伝えましょう。

彼氏は彼女のその気持ちを理解するのは、最初はとても難しいかもしれません。

もしかしたら、あなたより出会う前から友達関係であったり、幼馴染といった彼にとっては大事な一人かもしれないからです。

異性としての気持ちは何もなくただの仲が良い女友達なのに、何故仲良くするのをやめてほしいのか、何故そこまで言われなくてはいけないのか、理解ができないかもしれません。

彼氏のことがどれほど好きなのか、だからこそこんなに不安になって嫉妬してし苦しいんだという気持ちを、はっきりと彼氏に伝えましょう。

その気持ちを知った彼氏は、彼女の方が大切だと思い、友達関係は切らずとも仲良くするのを控えてくれることでしょう。

ただ、その思いを重く感じてしまったり、あなたに対して不満を持つことも考えられるため、伝える時には慎重にタイミングや言い方にも気を付けましょう。

5.彼と自分との価値観の違いを理解する

異性と友達関係が成り立つか成らないかは人によってかなり異なります。

「異性でも友達だし大切」と考える人もいれば「異性であれば友達関係は成り立たない。どちらかに恋愛感情がある」と考える人もいますよね。

このテーマは多くの男女の間で議論になる問題で、ここの価値観に違いによってケンカや距離が生まれたり、理解し合えずに離れてしまうこともあります。

あなたが彼と女友達の関係に嫉妬してしまうということは、あなたは男女の友情は成り立たないと考えている側で、逆に彼は成り立つと考えている側です。

どちらかがどちらかの思いに寄り添う必要があります。

彼が理解してくれない、考え方を改めてくれない場合は、あなたが価値観の違いを理解していく必要がありますよね。

嫉妬する中で我慢しつつ理解をしていかなくてはならないため、かなりの努力が必要となりますが、彼と付き合い続けていくためには必要な努力と言えます。

6.彼に同じ気持ちを味わってもらう

仕返しとまで言わなくても、彼にあなたの気持ちを分かってもらうために、同じことをしてみるというのも一つの方法です。

あなたに男友達がいるとしたら、その友達と仲良くしている様子を見せたり話に出してみることで、彼の嫉妬心を引き出すのです。

あなたが普段どのような思いでいるのか、異性の友達と仲良くすることにどんな思いを抱くのかを知ってもらうための方法です。

自分の行動や発言が、相手を傷つけていたり不安にさせているということに彼が気付けていない場合、あなたから同じことをされることで、初めて気付いてくれるかもしれません。

もし彼から「その人と何かあるの?」「その男友達とどういう関係?」と、少しした嫉妬が見られたら「あなたも同じじゃないの?」と言ってみると、あなたの気持ちを理解してくれるでしょう。

7.彼以外に集中できることを作る

彼への気持ちが強かったり、特に趣味などがない場合、彼の行動がいちいち気になってしまうことがあります。

その女友達と遊んでいる時間など「今頃何してるんだろう」と気になってしまい、モヤモヤや嫉妬が大きく膨らんで、あることないことを妄想してしまうこともありますよね。

彼が女友達との関係をやめず、またそれに対して「やめてほしい」とは言えない場合は、あなたが他に目を向けることが必要になります。

夢中になれるものを作ったり、自分も他の友達と遊んでみたりと、一人で考え込む時間を持たないことです。

意識を他のことに向けて、余計なことを考えないように対処することで、妄想による嫉妬を大きくしないようにします。

今あなたは彼に没頭している状態ではありませんか?

彼以外に集中できることを見つけ、不要な嫉妬や妄想が少なくなるよう、好きなことや趣味を見つけることも対処の一つになるでしょう。

彼の女友達への嫉妬心を解消できるように行動しよう

嫉妬は時に可愛く見えるものですが、行き過ぎてしまうと引かれてしまったり離れられる危険性もあります。

彼が信頼している女友達に対して嫉妬してしまった時は、まず自分のできる範囲での努力をしてみることも大切。

それでも我慢できない時は、彼に可愛くお願いしてみたり、不満や嫉妬心を伝えるようにしてみましょう。

 

    「彼氏の女友達に嫉妬する時の解消法7つ。彼の女友達が嫌な時にできること」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く