年上彼氏と上手に付き合っていく方法とは?賢い年下女性になろう

恋愛最終更新日:2015年1月8日

女性が年上の彼氏と付き合うことは、実はメリットがたくさんあります。

年上彼氏は、経済力、社会力、包容力が同年代や年下の彼氏よりも、優れていることが多いからです。
ステキな年上彼氏と上手に付き合っていくための注意点をご紹介します。

ポイント1.大人ぶってはいけない

年上の彼と付き合うことで、意識して、素の自分よりも、かっこいい女性を演じてしまう人がいますが、無理して背伸びをして、年上彼氏とお付き合いする事は、デメリットいっぱいです。

自分に無理をすることで、自分自身、ストレスが溜まってしまいますし、彼氏のほうも、せっかく、年下と付き合っているというメリットを感じる事ができなくなるからです。

自分の年齢も、自分のチャームポイントの一つと考えて、甘えたり、子供っぽいところも彼氏にアピールして、彼氏の、かわいい女性を守ってあげたいという欲求を満足させてあげましょう。

甘え上手なかわいいあなたといることで彼氏も男としての自信がアップして、気分最高になること間違いなしです。

ポイント2.TPOをわきまえる

年下のかわいい女性であっても、礼儀は必要です。

時と場所を考えて、行動することも大切です。

例えば、彼氏とのデート中に、彼氏の職場の人や、彼氏の家族にばったりと会ってしまった場合などは、一人の大人の女性として、恥ずかしくない、受け答えをしましょう。

特に、挨拶は基本ですから、忘れてはいけません。

いつもは、甘え上手なあなたであっても、彼氏の周りの人に対しては、礼儀ある対応を心がけましょう。

そして、服装もTPOをわきまえましょう。

普段は、かわいらしい格好で彼氏を喜ばせていても、彼氏の実家にお邪魔する時、高級なレストランに連れて行ってもらえる時、彼氏の職場の人と会うときなどは、派手すぎず、露出も控え、きちんとした服装を心がけましょう。

ポイント3.料理は勉強すべき

年下の頼りないところが好きな男性であったとしても、その年下の、彼女が料理下手であれば、それは、かなりのマイナスポイントとなってしまいます。

おいしい料理が作れる女性は、男性のハートを掴んで離さないというのは、ほぼ真実です。

料理上手になって、彼氏の胃袋を掴んでハートも一緒に鷲掴みにしましょう。

さらに、年下女性は料理がうまくないかもしれないと思っている人が多いので、年下女性なのに、料理が上手となると、そのギャップで、もっと、あなたのポイントが高くなります。

ポイント4.価値感の相違を認める

年上の彼氏と付き合うと、自分が大好きだったもののことをわかってもらえないというような、ちょっと悲しい部分がでてきたりします。

それもそのはずで、彼氏とは育った時代が違うので、お互いの価値感が多少違っているのは、当たり前なのです。

恋人同士は、とかく、何でも同じなのがいいと思いがちなので、彼との価値感の違いで、二人の関係がぎくしゃくしてしまうなんてことになってしまう場合があるので、気をつけましょう。

そして、最初から、年齢が違うのだから、価値観は違って、当たり前というような、覚悟を持つ事はとても重要です。

その上で、自分の好きなことを彼氏にも共有してもらったら、嬉しくて、楽しくて、ありがたいというような意識で彼氏に接してみましょう。

あなたが喜ぶならと、彼氏のほうから、歩み寄ってくれる場合も多々あります。

ポイント5.彼の時代に興味を持つ

育った時代が違うということで、あなたのほうが、彼の良いとしている物のよさや、価値観が全くわからないということも浮上してくる場合があります。

そんな時は、彼氏の価値感を学ぶことも大切です。

彼氏の良いと思っている事柄について、彼に詳細を教えてもらいましょう。

それをあなたが理解し、良さをわかるようになれば、彼氏も嬉しいと感じることができます。

もしも、彼氏の価値感が理解できないとしても、彼氏の好きなことを学ぼうとする姿勢を見せるあなたに彼氏は、好感をもちます。

そして、自分と違った、価値観を持っている彼氏の気持ちを尊重することも忘れずに。

ポイント6.時には、母親のように接する

彼氏に甘えてくれるところが、年下女性の魅力の一つでもありますが、忘れていけない事が一つあります。

それは、男性というのは、いくつになっても、母を求める、幼い少年の気持ちがどこかにあるということです。

いつもは、かわいいあなたであっても、時々は、母親のような優しさや、愛情を彼に示すことも必要です。

時には、彼氏を甘えさせ、そして、母親が息子を褒め称えるように、彼氏のことを褒めて、尊敬しているというようなまなざしを向けてみましょう。

ポイント7・年齢差に関する否定的な事柄を出さない

年上彼氏との年齢差がメリットのことが多いことは事実ですが、多少のデメリットもあるので、言動には、注意が必要です。

年齢差を意識して、相手を否定するのは、二人の仲を壊しかねない事態に発展する場合があります。

年が上であることが、マイナス点のように響くような会話は絶対にしないことです。

例えば「ファッションセンスが時代遅れ」、「年が若くないから、最近の流行の歌を知らない」、「彼氏の友人は年上のおじさん、おばさんばかりで、会ってもつまらない」などです。

相手が聞いて嫌な思いをすることを言うのは、どんな付き合いにおいても、よくないことですが、年上彼氏とのお付き合いを長くしたい場合は特に、年齢に関するデメリットを言及するのは、NGです。

年下であることを最大限に利用して、彼氏に甘えたり、彼氏に自信を持たせたりしながら、年上彼氏と付き合うメリットだけを感じられるように、賢い年下彼女になれるようにがんばりましょう。

 

    「年上彼氏と上手に付き合っていく方法とは?賢い年下女性になろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く